こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

初出!ゲザ・アンダ生誕100年記念!カラヤン、ハスキルと共演したバッハの2台ピアノ協奏曲、他

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年12月13日 18:00

アンダ、ハスキル、カラヤン
(c) Archive Géza Anda Foundation

正規初出音源!
ルツェルン・フェスティヴァル・シリーズ第17弾
豪華共演陣にも注目のゲザ・アンダ生誕100年記念!
カラヤン指揮、ハスキルと共演したバッハの2台ピアノ協奏曲 ハ長調、
フリッチャイ指揮のバルトーク第2番、そしてアンセルメ指揮のバルトーク第3番!

20世紀ハンガリーが生んだピアニスト、ゲザ・アンダは今年(2021年)に生誕100周年を迎えました。それを記念し、定評あるauditeレーベルの1stマスター・リリースのルツェルン・フェスティヴァル・シリーズ第17弾として正規初出音源が登場します!
1955年から1969年までゲザ・アンダはルツェルン・フェスティヴァルに定期的に出演していたものの録音は3つしか残っておらず、今回初めてリリースされます。収録作品はJ.S.バッハの2台のチェンバロのための協奏曲第2番 ハ長調 BWV 1061(1955年)、バルトークのピアノ協奏曲第2番(1956年)、そしてバルトークのピアノ協奏曲第3番(1965年)です。
バッハではカラヤン指揮、クララ・ハスキルとの豪華共演が実現!バルトークの第2番ではフリッチャイが、そしてバルトークの第3番ではルツェルン・フェスティヴァルの最後の出演となったアンセルメが指揮をつとめております。アンダのレパートリーの白熱の演奏は必聴!演奏の素晴らしさに加えてauditeレーベルの見事な復刻にも注目。同レーベル社主のルトガー・ベッケンホーフ氏が丁寧にリマスタリングしております。
(キングインターナショナル)

【曲目】
1. J.S.バッハ:2台のチェンバロのための協奏曲第2番 ハ長調 BWV 1061
2. バルトーク:ピアノ協奏曲第2番 BB 101
3. バルトーク:ピアノ協奏曲第3番 BB 127
【演奏】
ゲザ・アンダ(ピアノ)、ルツェルン祝祭管弦楽団
1.クララ・ハスキル(ピアノ)、ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
2.フェレンツ・フリッチャイ(指揮)
3.エルネスト・アンセルメ(指揮)
【録音】
ライヴ録音:1.1955年8月、2.1956年8月22日、3.1965年8月25日
クンストハウス、ルツェルン(モノラル)

輸入CD

AU95650(CD)
68分53秒
ディジパック仕様

 

輸入盤:国内流通仕様CD

KKC6462(CD)
68分53秒
ディジパック仕様
輸入盤・日本語帯・解説付