こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ミンコフスキ&ルーヴル宮音楽隊の新録音はラモー!『新しい管弦楽の響き』 ~ラモーの舞台音楽における管弦楽の世界~

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2022年03月10日 00:00

マルク・ミンコフスキ

18世紀と21世紀の「新しい生活」が生んだ、ヴェルサイユに花開くラモー管弦楽の精華!

今や古楽器演奏の枠を越えて多角的な活躍をみせているマルク・ミンコフスキの縦横無尽の経験が最上の形で、その原点ともいうべきフランス18世紀音楽に活かされたアルバム。
ミンコフスキとルーヴル宮音楽隊は、ラモーの管弦楽曲ばかりを集めたアルバム(『サンフォニー・イマジネール 空想の管弦楽曲』ARCHIVレーベル)を2003年に録音して高い評価を得ましたが、今回はその再来ともいうべき新企画。

2021年1月に予定されていたモーツァルトのダ・ポンテ・オペラ三部作の上演がコロナ禍により中止された折、その時間と会場を利用して行われた当録音は、まさに指揮者ミンコフスキの確かな経験と、豊かな音楽性を誇るルーヴル宮音楽隊との信頼関係あればこそと言えるクオリティの高さを聴かせます。

ラモーの舞台音楽初期の傑作《優雅なインドの国々》に始まり、古典派時代に踏み込む晩期の異色作《遍歴騎士》まで、彼がいかに時代に先駆けた管弦楽法の使い手であったかを示すナンバーを厳選。

古楽器の達人たちが圧倒的な一体感で響かせる色彩溢れるサウンドには、ピッコロやクラリネットなど当時まだ珍しかった管楽器も登場し、ナチュラルホルンやバスーンの音色の重なりも充実した響きを味わわせてくれます。
オーボエのエマニュエル・ラポルト、クラヴサンのヨアン・ムーランなどソロで活躍する名手も参加。
4曲の独唱トラックでは、Alphaレーベルのロッシーニ作品集(ALPHA791/NYCX-10301)でもミンコフスキと共演している新時代の俊才センペイが加わり、絶好の演技力と歌唱力でアクセントを添えています。

美しい写真多数のライナーノートの充実度(国内仕様盤は指揮者自身の解題訳など日本語解説付)もChâteau de Versailles Spectaclesレーベルならではのものがあります。
(ナクソス・ジャパン)

輸入盤

 

国内仕様盤

[国内仕様盤は解説日本語訳、歌詞日本語訳付き]
解説日本語訳、歌詞日本語訳…白沢達生

 

『新しい管弦楽の響き』 ~ラモーの舞台音楽における管弦楽の世界~
【曲目】
ジャン=フィリップ・ラモー(1683-1764):
《カストールとポリュクス》(1737/1754年)より
1. 序曲 《ゾロアストル》(1749年版)より
2. ロンド形式によるたおやかなエール

《遍歴騎士》(1760年)より
3. トルバドゥールたちの大いに陽気なアントレ
4. 独唱「これで私も復讐が果たせる」(オルカン)
5. 憤怒の鬼たちのエール

《優雅なインドの国々》(1735年)より
6. アフリカの奴隷たちのエール
7. 西風の精の第1エール
8. 西風の精の第2エール
9. 北風の精と薔薇の精のエール
10. 独唱「太陽よ、そなたの素晴しき隠れ家はどれも壊され」(ウアスカル)/インカの人々のエール/ロンド形式によるルール/ペルーの人々のガヴォット

《アカントとセフィーズ、または共感》(1751年)より
11. 序曲
12. 狩猟に興じる人々のアントレ
13. 第1・第2・第3リゴードン

《オシリスの誕生》(1754年)より
14. ミュゼットのエール

《ダルダニュス》(1739年版)より
15. 独唱「どこを見ても酷い場所だ/恐るべき魔物が」(アンテノール)

《ピグマリオン》(1748年)より
16. 彫像のサラバンド

《カストールとポリュクス》(1754年版)より
17. スパルタ人たちのタンブラン

《カストールとポリュクス》(1737年版)より
18. 独唱「自然と恋愛がわたしの心をつかむ」(ポリュクス)

《カストールとポリュクス》(1754年版)より
19. 大いに陽気なエール
20. シャコンヌ

【演奏】
マルク・ミンコフスキ(指揮)
ルーヴル宮音楽隊(古楽器使用)
コンサートマスター:ティボー・ノアイー(ヴァイオリン)
フロリアン・センペイ(バリトン)…4、10、15、18

【録音】
2021年1月18-22日 ヴェルサイユ宮殿王室歌劇場