こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ファゾリス&ヴェルサイユ王室歌劇場管によるヴィヴァルディのセレナータ“セーヌの祝典”!あの“春”のメロディも登場

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2022年03月16日 00:00

ヴィヴァルディ:セレナータ《セーヌの祝典》

ヴェネツィア楽派とフランスの思わぬ深い関係。「あの傑作」も登場する異色作、新録音!

次々と新たな俊才指揮者が登場するヨーロッパのバロック・オペラの世界ですが、20世紀末から折に触れ飛び抜けた名盤を世に送り出してきた名匠ディエゴ・ファゾリスの音楽作りは、今や風格さえ感じさせるようになってきました。19世紀作品でも注目すべき成果を挙げている彼の起伏に富んだ音作りの面白さが、今度はヴェルサイユを舞台にフランスゆかりのヴィヴァルディ作品で堪能できるとは何という喜びでしょう!

屋外演奏が常だったセレナータという劇音楽形式で書かれた《セーヌの祝典》は、凄腕ヴァイオリン奏者でありながらオペラの作曲でも人気だったヴィヴァルディが、ルイ15世の親政開始間もなくフランス大使からの依頼で作曲した1725年の重要作。
ちょうどその頃『四季』を含む協奏曲集『和声と創意への試み』作品8で大成功を収めた彼は、フランスの首都を貫くセーヌ川を巡る寓意物語に巧みな自然描写の才覚を惜しみなく注ぎ込み、人気絶頂の「春」の一節を作中にさりげなく転用するなど聴きどころの多い大作に仕上げました。

欧州歌劇界で実績を上げつつある旬の歌手グワンドリーヌ・ブロンデール、バロックとベル・カントを行き来しながらニケやアラルコンら最前線の指揮者たちとも共演しているルイージ・ディ・ドナートら頼もしい歌手陣の傍ら、ルイ15世の時代にオープンした王室歌劇場に集う古楽器演奏の実力派たちによるオーケストラが愉悦と躍動感に満ちた演奏で応え、ヴィヴァルディと美し国フランスの思わぬ繋がりを味わい豊かに浮き彫りにしてゆきます。
(ナクソス・ジャパン)

【曲目】
アントニオ・ヴィヴァルディ(1678-1741):セレナータ《セーヌの祝典》(全2部)

【演奏】
黄金時代、合唱…グワンドリーヌ・ブロンデール(ソプラノ)
美徳、合唱…リュシル・リシャルド(メゾソプラノ)
セーヌ川、合唱…ルイージ・ディ・ドナート(バス)
合唱のみ…ニコラ・スコット(テノール)

ディエゴ・ファゾリス(指揮&チェンバロ)
ヴェルサイユ王室歌劇場管弦楽団(古楽器使用)
コンサートマスター: ルイーズ・エルトン(ヴァイオリン)

【録音】
2021年2月7-14日 ヴェルサイユ宮殿王室歌劇場