こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

1956年モントルー音楽祭~ケンプ&カイルベルトのベートーヴェン、ミルシテイン&クレツキのドヴォルザーク

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2022年05月18日 00:00

ケンプとミルシテイン

ケンプとミルシテイン、2日違いで残された貴重な記録
モントルー音楽祭の熱気あふれる名演が復活

しばらく入手困難が続いていた1956年のモントルー音楽祭のライヴ音源をALTUSが復刻。この年は豪華にも2日違いでケンプとミルシテインが登場し、協奏曲を披露していました。オーケストラはどちらもケルン・ギュルツェニヒ管で、指揮者はカイルベルトとクレツキ。指揮者・独奏者の組み合わせで変わる雰囲気の聴き比べもおもしろい、ライヴの熱気をたたえた2つの名演奏です。
(キングインターナショナル)

【曲目】
(1)ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番 ト長調 作品58(カデンツァ:ヴィルヘルム・ケンプ)
(2)ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲 イ短調 作品53

【演奏】
(1)ヴィルヘルム・ケンプ(ピアノ)、ヨーゼフ・カイルベルト(指揮)
(2)ナタン・ミルシテイン(ヴァイオリン)、パウル・クレツキ(指揮)
ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団

【録音】
モントルー音楽祭でのライヴ録音
(1)1956年9月12日
(2)1956年9月14日
(モノラル)