こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ブロムシュテット&ゲヴァントハウス管がDGより登場!シューベルト“未完成”&“ザ・グレイト”

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2022年06月03日 12:00

更新: 2022年07月11日 12:00


Provided to YouTube by Universal Music Group

円熟の極み。厚い尊敬を集める楽壇の長老の95歳を祝うリリース!

国内盤のみMQACD×UHQCD、グリーンカラー・レーベルコート仕様
2022年7月11日に95歳を迎えたヘルベルト・ブロムシュテットが、1998年~2005年までカペルマイスターを、現在は名誉指揮者を務めているライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団を振ったシューベルトの傑作交響曲。
サンフランシスコ交響楽団、バンベルク交響楽団、デンマーク放送交響楽団、スウェーデン放送交響楽団、シュターツカペレ・ドレスデン、などで名誉ポストを務める他、ベルリン・フィルやウィーン・フィルを含む世界トップクラスのオーケストラに頻繁に客演しているブロムシュテット。わが国でも、1981年以来に頻繁に客演しているNHK交響楽団で桂冠名誉指揮者を務め、最も高い支持を得ている馴染みの深い指揮者といえます。
ドイツ・グラモフォンでは現代音楽のシリーズ20/21で、サンドストレムとリドホルムの作品をゲヴァントハウス管と録音した2003年盤が1枚ありましたが、実質的には今回がドイツ・グラモフォン・デビューと言っても差支えありません。
(ユニバーサルミュージック)

曲目
フランツ・シューベルト
CD1: 交響曲 第8番 ロ短調 D759 《未完成》
CD2: 交響曲 第9番 ハ長調 D944 《ザ・グレイト》
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット
録音:2021年11月 ライプツィヒ、ゲヴァントハウス

7月20日発売

ヘルベルト・ブロムシュテット

ドレスデン・シュターツカペレの美しいサウンドを最大限に発揮したブロムシュテットの名盤。
DENONレーベルへのアルバム3枚分のR.シュトラウス録音を集成。
ORTマスタリングを用いたハイレゾ化による初SACD化。
最新マスタリングを施した名録音・名演奏が最新で蘇る!

今年(2022年)95歳を迎えるブロムシュテットがDENONレーベルに行った、アルバム3枚分のR.シュトラウス全録音を初セット化。作曲者ゆかりのドレスデン・シュターツカペレとの組み合わせは他の追随を許さない魅力を湛えています。日本コロムビアが独自に開発したORTマスタリング・システムによりハイレゾ化を行いSACDならではの音場・音質で蘇りました。CDレイヤーも今回のリマスタリング音源を使用しています。
(タワーレコード)

【曲目】
R. シュトラウス:
<DISC1>
1. 交響詩《英雄の生涯》 作品40

<DISC2>
2. 交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》作品 30
3. 交響詩《ドン・ファン》作品 20

<DISC3>
4. 交響詩《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》作品28
5. 23の独奏弦楽器のためのメタモルフォーゼン Av.142
6. 交響詩《死と変容》作品24

【演奏】
ドレスデン・シュターツカペレ
ヘルベルト・ブロムシュテット(指揮)

【録音】
1984年9月10日-14日(1)
1987年6月22-26日(2,3)
1989年2月5-9日(4-6)
ドレスデン、ルカ教会
1987年8月16日
ベルリン、シャウシュピールハウス(2 - organ synchronization)

【Original Recordings】
プロデューサー:馬場敬(Disc 2, 3)
制作担当:ベルント・ルンゲ
録音担当:ホルスト・クンツェ(Disc 1)、クラウス・シュトリューベン(Disc 2, 3)
技術:穴沢健明(Disc 1)、高橋幸夫(Disc 2, 3)
テープ編集:久木崎秀樹(Disc 1)、斉藤笑子/北見弦一(Disc 2)、斎藤笑子(Disc 3)

【原盤】
日本コロムビア=ドイツ・シャルプラッテン共同制作