こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

フルトヴェングラー&トリノ・イタリア放送響/ブラームス:交響曲第1番&ベートーヴェン:レオノーレ序曲第3番

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2022年06月27日 15:00

 フルトヴェングラー

フルトヴェングラーとトリノ・イタリア放送響とのブラームス第1番、
最良の音質で復刻!
2トラック、38センチ、オープンリール・テープ復刻シリーズ

制作者より
フルトヴェングラーがトリノ・イタリア放送交響楽団を振ったブラームスの交響曲第1番、1952年3月7日のライヴはカナダ・ロココのLP(2017/1972年)が初出でした。しかし、このLPは極端に出力レベルが低く、宇野功芳著「フルトヴェングラーの全名演名盤」(講談社+α文庫/絶版)の中でも「採るべき何もない」とされていました。その後、CDではいくらかましな音で聴けるようになりましたが、今回入手したテープは間違いなく過去最高の情報量です! これを聴くと、同じ1952年にライヴ録音されたベルリン・フィル、ウィーン・フィルを上回るとまでは言いませんが、かなり肉迫するものだということが実感されるのでしょう。
「レオノーレ」序曲第3番はGS-2048(2010年4月【廃盤】)に世界初出としてCD化したものです。過去には「1952年3月3日、トリノ」と表示されたCDは複数発売されていますが、それらの中身はすべて「1950年7月、アムステルダム・コンセルトヘボウ」です。最近制作されたイタリア国営放送(RAI)の自主制作盤には本物の「1952年3月3日」の演奏が含まれているらしいですが、一般市販CDとしてこのライヴが聴けるのは現在のところGS品番が唯一です。(平林 直哉)
(キングインターナショナル)

GS 2271(CD)
日本語帯・解説付

(1)ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 Op.68
(2)ベートーヴェン:「レオノーレ」序曲第3番 ハ長調 Op.72a
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)、トリノ・イタリア放送交響楽団
録音:
(1)1952年3月7日/トリノ、Sala del Conservatorio
(2)1952年3月3日/トリノ、Auditorium A, via Montebello
使用音源: Private archive (2トラック、38センチ、オープンリール・テープ)
録音方式:モノラル(ラジオ放送録音)