こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

WEEKEND JAZZ ~週末ジャズ名盤探訪 Vol.217

タグ : WEEKEND JAZZ

掲載: 2023年02月24日 10:00

ダイアナ・クラール『ホエン・アイ・ルック・イン・ユア・アイズ』(1999)

DK

ダイアナ・クラール(vo, p)
ラッセル・マローン(g)
ジョン・クレイトン、ベン・ウォルフ(b)
ジェフ・ハミルトン、ルイス・ナッシュ(ds)
ジョニー・マンデル(arr.)
オーケストラ

曲目:
01.レッツ・フェイス・ザ・ミュージック・アンド・ダンス
02.デヴィル・メイ・ケア
03.レッツ・フォール・イン・ラヴ
04.ホエン・アイ・ルック・イン・ユア・アイズ
05.ポプシクル・トーズ
06.アイヴ・ガット・ユー・アンダー・マイ・スキン
07.捧ぐるは愛のみ
08.アイル・ストリング・アロング・ウィズ・ユー
09.イースト・オブ・ザ・サン
10.ピック・ユアセルフ・アップ
11.ザ・ベスト・シング・フォー・ユー
12.ドゥ・イット・アゲイン
13.P.S.アイ・ラヴ・ユー(ボーナストラック)
14.ホワイ・シュド・アイ・ケア(ボーナストラック)

【アルバム紹介】
1.カナダ出身の人気ジャズ・シンガー、ダイアナ・クラール
2.ヴァ―ヴ・レーベルでの第1作目でグラミー受賞作
3.スタンダード中心の選曲、オーケストラも入ったゴージャスな内容

90年代の名盤を特集、今回最後に紹介するのは、90年代にデビューし、もっとも成功したジャズ・シンガーの一人であるダイアナ・クラールの人気盤です。

ダイアナ・クラールはカナダ出身。デビュー作は1993年にカナダのジャスティン・タイム・レーベルからリリースし、その後、名プロデューサーのトミー・リピューマの目に留まり、インパルス・レーベルなどでのアルバム・リリース等で徐々に名声を得ていきました。
ピアノ弾き語りのスタイルのシンガーですが、ヴァ―ヴ・レーベルでの第1作目の本作はバックにオーケストラも入ったゴージャスな内容で、各国のチャートで上位を記録、グラミー賞にも輝きました。

楽曲はスタンダード中心ですが、マイケル・フランクスのカヴァー(05)や、クリント・イーストウッド監督作の映画主題歌(13)なども聴きどころです。
オーケストラが入る楽曲では名作編曲家ジョニー・マンデルのアレンジが光ります。参加メンバーでは、ギターのラッセル・マローンがほぼ全編にわたって魅力あふれるジャズ・ギターのプレイを聴かせ、コンボ演奏でのトラックでは大活躍します。

【スタッフのつぶやき:この1曲を必ず聴いて下さい】
スロウなボッサのリズムに身をゆだねる“レッツ・フェイス・ザ・ミュージック・アンド・ダンス”。

アルバムのオープニングを飾るこの曲は元々1930年代のミュージカル映画『艦隊を追って』(主演:フレッド・アステア、ジンジャー・ロジャース)の1曲で、作曲は名作曲家のアーヴィング・バーリンによるものです。
イントロのスロウなボッサのリズム、そしてさりげなくオーケストラのサウンドが包み込む様は本作のもつロマンティックな世界へ誘うかのようなアレンジで、そこに囁くように歌うダイアナ・クラールのヴォーカルがムーディに彩ります。プロデューサーのトミー・リピューマはボッサの要素とオーケストラを取り入れることで、弾き語りスタイルのダイアナ・クラールの新しい魅力を打ち出そうとした、そんな1曲になっています。
他の曲を聴いてみても、スタイリッシュでお洒落なテイストが全編にあふれたジャズ・ヴォーカル・アルバムになっており、身も心もリラックスしながら聴くと、満たされた気分になれます。

国内盤SHM-CD