こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

NU'EST『Bridge the World』発売記念インタビュー

連載
K-POP LOVERS!
公開
2015/11/18   20:00
テキスト
interview:長澤香奈

 

 

 

日本デビュー・シングル“Shalala Ring”のリリースから1年。各地での精力的なイベント&ライヴの開催、セカンド作“NA.NA.NA.涙”の発表を経て、日本オリジナル・アルバム『Bridge the World』を完成させたNU'EST。発売に先駆けて行われた東名阪ツアーでは、作品の持つカラフルでポップな世界観に、魅了された人も多かったのでは? 5人それぞれが持つ個性にピントを合わせ、ステージでファンと共に盛り上がるような新曲を多く収録した本作は、〈TEAM NU'EST〉として5人を近くで見守り、支えてきたスタッフとともに創り上げた、NU'ESTが進む次なる世界への架け橋となる1枚となっています。

 

自分たちの声が入った楽曲を聴いたときに、改めて〈すごくいいな〉って

――9月に東名阪をまわった〈NU'EST Japan Tour 2015~Bridge the World~〉で、アルバムの楽曲のパフォーマンスをご覧になった方も多いんじゃないかと思うんですが、まずみなさんがアルバム収録の新曲のデモ音源を聴いた時のことから伺っていければと……。

ミンヒョン「最初にデモ音源を聴いたとき、明るくて楽しめる感じの曲がたくさんあって、今度のライブでは、オリジナル曲でお客さんと一緒に盛り上がれる機会がたくさんできるなと思いました。嬉しかったですね」

レン「“Let's go Crazy!”の中間のコール&レスポンスの部分とか、絶対にファンのみなさんと一緒に盛り上がることができるなって思って、楽しみになりました」

アロン「今回レコーディングした新曲のほかにも、もっとたくさんのパターンの曲があったんですね。バラードとか、ミディアム・テンポのものもあったし。そのなかから残った曲なので、またこれまでとは違ったステージを見せられるなって」

JR「僕は自分のパートが気になって(笑)。ラップが早いかな~、遅いかな~、難しいかな~、どうしよう~? な感じでした(笑)。ラップが難しい場合は大変だから!!」

ミンヒョン「まずラップのことから心配して(笑)。そこが自分の中でクリアできたら、全体のフレーズを聴くんです、JRさんは(笑)」

ベクホ「実は最初はよくわからなかったんです。でもレコーディングが終わって、自分たちの声が入って、改めて聴いてすごくいいなって。やっぱり僕たちの声がいいから……(笑)」

――みなさんの声がすごくクリアに聴こえる作品だなっていう印象はあって、5人の声やキャラクターを考えて楽曲を選んでいる感じもしたんですよね。日本語の発音もきれいですし。

JR「そう! 認めます!!(笑)」

ベクホ「恐れ入ります(笑)」

――どんどん難しい日本語が上手になってますね(笑)。あと、韓国は活動曲のコンセプトによってメンバーのみなさんの雰囲気がガラリと変わる、みたいなこともありますけど、日本だとアルバム1枚の流れや、ライブに向けての楽曲作りもポイントになったりするので、そういう違いもあるのかもしれないですね。

ミンヒョン「確かに、韓国はシングルでもアルバムでもCDを出せば、そのなかの1曲をリード曲として活動をしますけど、日本の場合、アルバムは全曲あわせて1つの作品、というコンセプトのものが多いと聞きました」

JR「韓国は音楽番組がたくさんあるから、1曲単体のパフォーマンスでどれだけクォリティを上げられるかがすごく重要ですけど、日本はライブがたくさんあって、ファンのみなさんと楽しめる曲が重要だから、そっちに重きをおいた作品になっている感じはします。日本は、ライブをする場所もたくさんあるし……。韓国はライブ会場自体もあまりないんですよね」

 

“恋する日”はミンヒョンをイメージして作られた楽曲

――作品の話に戻って、メンバーのみなさんが個人的に好きな曲を教えてください。

JR「僕は“Access to You”です。今回のライブのオープニング曲だし、いままで3年間いろんなライブをしましたけど、“Access to You”ほど、オープニングにピッタリな曲はないと思います。オープニングがいいから、最後までいいライブなんじゃないかなって思えるぐらい」

アロン「“Let's go Crazy!”は、歌が凄く楽しいし、一緒に歌ったりするのも簡単でしょ? ファンのみなさんと一緒に楽しめるから好きです」

レン「映画〈知らない、ふたり〉の主題歌にもなってるんですけど、僕は“Cherry”がおすすめです。メロディーとかダンスとか、本当にかわいいし、(ベクホ『レンも可愛いし』)、……僕も可愛いし(笑)。パフォーマンスを見たら、ファンのみなさんの反応が本当によくて、これまでで一番曲がかわいいって言ってもらえて。歌詞が深いんですよね。大人っぽいんですよ」

ベクホ「ギャップですね、反対の魅力がある曲ですね。僕は“雨のち永遠”が一番好きです。感動がある曲ですよね。ファンのみなさんと一緒に共感ができる曲ですね。そして、僕の声が魅力的(笑)」

ミンヒョン「全部いい曲ですけど、僕のソロ曲“恋する日”です。初めてのソロだし、憧れの東方神起先輩の曲を作っている山本加津彦さんから頂いた曲なので、僕にとって特別な1曲になりました。最初、レコーディングをするときに、山本さんにお会いして、〈これは君を思いながら作った曲だよ〉って言われて、本当にこんなに僕のことを考えてくれるなんてって思って……。光栄でした。聴きながら裏で泣いちゃいました。水を飲みながら(笑)」

――ミンヒョンさんの話もそうだし、先ほどのベクホさんの話にもつながる部分だと思うんですが、5人の個性やそれぞれのイメージを考えて作られているアルバムだと思うんですよね。スタッフのみなさんの愛も感じますし、それに応えようとする5人の姿も想像ができるというか。そして、ライブも大切にしていて、ファンのみなさんと楽しめる要素が散りばめられている。そういう意味で〈TEAM NU'EST〉のこの1年の集大成になってるんじゃないでしょうか。

ベクホ「僕たちも、スタッフのみなさんも……。関わっている全員が頑張りましたね。今回のアルバムもたくさんの人に届いてほしいんですけど、まずこのアルバムを作れたことが、本当に意味があることだって思っているんです。でも、やっぱりうまくいってほしい(笑)」

――アルバムも出来たばかりですが、次の作品で挑戦したいことはありますか?

ミンヒョン「具体的には話せないんですけど、自分たちの個性を表現できる……。いつかはメンバーが自分たちで作曲して、シングルを出してみたいです。自分たちが思っていることを歌詞で表現して」

ベクホ「……10年後とか?(笑)」

  

 

〈NU’ESTクリスマススペシャルイベント開催決定!!〉
12月23日(水・祝)大阪国際交流センター
12月24日(木)豊洲PIT
https://finn-neo.com/user.cgi?articleid=9041&mode=recent&actmode=AblogArticleDetail

〈OFFICIAL FANCLUB〉
http://www.nuest.jp/

 

【NU’ESTリリース情報】

11月18日(水)NU’EST待望のJapan 1stアルバム「Bridge the World」発売!!オリコンデイリーランキング5位のシングル「NA.NA.NA.涙」、2016年1月に公開となるNU'EST主演映画『知らない、ふたり』の主題歌「Cherry」の他、日本オリジナル楽曲を収録。

[期間限定盤A(1CD+1DVD)] BVCL-679~80  6,000円(税込)
特典DVD:ライブ映像23曲、Music Video 2曲収録

[期間限定盤B(1CD+1DVD)] BVCL-681~2  3,600円(税込)
特典DVD:NU’ESTの休日に密着!~みんなで楽しくアスレチック&BBQ~

[通常盤(1CD)] BVCL-683 2,400円(税込)

 

 

NU'ESTニューアルバム「Bridge the World」リリースイベント開催!! 

11月20日(金)  札幌・ノルベサ 3F イベントスペース 17:00~
11月22日(日)  大阪・くずはモール 南館ヒカリノモール 1部/13:00~ 2部/16:00~
11月23日(月)  名古屋・イオンモール木曽川 1部/12:00~ 2部/15:00~
11月25 日(水)大阪・大阪インテックス大阪 12:00ミニライブ終了後スタート
11月28日(土)  東京・ららぽーと豊洲 1部/12:00~ 2部/15:00~
11月29日(日)  東京・イオンモールむさし村山 1部12:00~ 2部 15:00~

 

 

【NU’ESTライブ情報】

●『NU'EST Japan Tour 2015~Bridge the World~』
追加公演(ラストライブ)
11月21日(土)Zepp Sapporo 開場 15:00 / 開演 15:30

 

●映画『知らない、ふたり』NU'ESTスペシャルファンミーティング開催決定!!!!
秋のツアー「NU'EST Japan Tour 2015~Bridge the World~」のLIVE後、同じ会場にて初の映画ファンミーティングを開催いたします!映画本編では見ることのできないメイキング映像や秘蔵映像の公開に加え、LIVE本編では披露されない、映画主題歌「Cherry」の初パフォーマンスを予定。
11月21日(土)札幌・Zepp Sapporo 開場19:30 開演20:00 終演予定21:00

 

●NU’EST動画New Project
特別企画としてスタートしているYouTube New Project動画を連日公開中!宿舎公開から始まった企画も遂にシーズン②がスタート。メンバーが自ら企画していろいろな事にチャレンジしているNU’EST New Project動画、見どころ満載です!!

NU'EST Japan Official YouTube Channel https://www.youtube.com/user/nuestSMEJ

 

 

【映画情報】
NU’EST初の主演映画『知らない、ふたり』2016年1月9日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

≪新世代の恋愛映画監督・今泉力哉が描く、すれ違いの群像劇≫

人との接点を避け生活している靴職人見習いの韓国人青年・レオンは、ある日公園のベンチに酔っぱらって寝ている女性・ソナに絡まれるが、何故か彼女のことが忘れられなかった。レオンと同じ店で働き、彼に思いを寄せる日本人女性・小風。ソナの折れた靴を修理しにきた客・サンスは小風に一目惚れをする。彼はソナの彼氏・ジウと共に日本語学校に通っていた。日本語学校の講師・加奈子は、車いすの生活をしている荒川という男と付き合っていたが、ジウは密かに加奈子に思いを寄せている。荒川が車いす生活になった事故に、レオンは少なからず関係していた―。お互いの想いを”知らない”男女が一歩踏み出したとき、物語は思わぬ方へと進み出す。

 

監督・脚本:今泉力哉『サッドティー』
出演:レン 青柳文子 ミンヒョン 韓英恵 JR 芹澤興人 木南晴夏
製作:日活、ソネットエンタテインメント、アリオラジャパン
制作プロダクション ジャンゴフィルム 配給 CAMDEN 日活 宣伝 CAMDEN            
c2015 NIKKATSU, So-net Entertainment, Ariola Japan
公式HP:http://shiranai.jp

 

 

【NU’ESTプロフィール】
2012年3月韓国デビュー。アジアはもちろんの事、欧州や中米、南米などで高い人気を誇りワールドワイドで活動。2014年秋にはメキシコ、チリ、ペルー、ブラジルを回る南米単独ツアー、冬にはフランス、フィンランド、ポーランド、ルーマニア、イタリアを回るヨーロッパ単独ツアーも行い、まさに世界を股に掛ける活動を行っている。Facebook登録者数は200万人を突破。日本での初ステージはなんと東京ドーム。2014年7月発売BEST ALBUM「NU'EST BEST IN KOREA」にて待望の日本デビュー。Tower Records全店総合アルバムチャートにて1位を獲得。10月には日本デビューシングル発売前では初の大抜擢となるGirlsAwardへ出演を果たす。11月にはNU'EST 待望の日本オリジナルデビューシングル「Shalala Ring」を発売。Tower Records全店K-POPシングル週間チャート1位獲得。日本テレビ系「ミュージックドラゴン」10月オープニングテーマとしてO.A.され、さらにカップリング曲「Flying Angel」は、2015年1月ハウステンボスTVCMソングとしても使用された。2015 年3月21日より全国6大都市でのライブツアー 「NU'EST JAPAN TOUR 2015-SHOWTIME3-」を開催。5月20日に日本セカンドシングル「NA.NA.NA.涙」をリリース、TOP5入りとなった。11月18日に待望の日本ファーストアルバムをリリース。

 

◆NU’EST オフィシャルサイト  http://www.nuestjapan.com/

◆OFFICIAL FANCLUB「L.O.∧.E JAPAN」 http://www.nuest.jp/

記事ナビ

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る