こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

Grand Gallery

連載
NEW OPUSコラム
公開
2011/08/01   17:03
更新
2011/08/01   17:04
ソース
bounce 331号 (2011年4月25日発行)
テキスト
文/澤田大輔

 

うっとりさせられちゃうカヴァー集が続々と!

 

井出靖が主宰するレーベル、Grand Galleryより上質なカヴァー集が2作同時にリリースされました。まずは、初作『口づけ』を発表したばかりのクール・ビューティー、島崎ひとみの『SINGS UK CLASSICS』。ニュー・オーダーやエヴリシング・バット・ザ・ガールらパンク以降のUK勢の楽曲を、ラヴァーズや弾き語りスタイルで再解釈しております。ヌーヴェル・ヴァーグの諸作を想起させつつ、こっちのほうが大人な仕上がりなのは主役のシルキー・ヴォイスの魅力ゆえ?

またその島崎嬢も参加しているのが、邦ポップス史上の名レーベル、アルファ音源のカヴァー集『VELVET SONGS』。古典的な名曲ばかりが取り上げられているのですが、どのアーティストも得意分野へと無理なく手繰り寄せているのが素晴らしい。ガロ“学生街の喫茶店”をAOR化したChocolat&Akito、ハイ・ファイ・セット“個人的メッセージ”を自身の曲のように弾き語る曽我部恵一、ユーミン“ルージュの伝言”をスウィンギンに揺らした奇妙礼太郎など、聴いていてハッとする瞬間が多数。七尾旅人、Tica、中島ノブユキが3者3様のユーミン“ベルベットイースター”を聴かせてくれるのもおもしろい!

▼文中に登場した作品

左から、島崎ひとみのカヴァー集『SINGS UK CLASSICS』(Grand Gallery)、コンピ『VELVET SONGS』(Grand Gallery)

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る