こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

箱入り☆おにいさん

連載
NEW OPUSコラム
公開
2013/05/22   00:00
ソース
bounce 355号(2013年5月25日発行)
テキスト
文/村尾泰郎


初主演に声優デビューと、出演作が相次ぐ星野源関連映画のサントラをまとめて紹介!



星野源_A



ミュージシャン、そして役者としても活躍するSAKEROCKの星野源。続々と公開される、星野の出演映画にまつわる作品が3つリリースされた。まずは、彼が初主演した「箱入り息子の恋」のサントラ。手掛けたのは高田漣で、スティール・ギターやバンジョーをフィーチャーしたアコースティックなサウンドが展開されるなか、ルーツ・ミュージックをたっぷり吸収した主題歌“熱の中”を細野晴臣が歌っているのも話題だ。

さらに、星野が主人公の片割れ・ブッダの声優を務めている劇場アニメ「聖☆おにいさん」のサントラも登場した。ムーンライダーズの鈴木慶一と白井良明の共同制作によるもので、2人が収録曲を半分ずつ担当。全体的にシンセを中心としつつ、サーフっぽかったり、ジャジーだったり、オーケストラ風だったりと、ヴァラエティー豊かなナンバーがぎっしり50曲詰まっている。さらに、メロディアスなヴォーカル曲“誰もいないね”では2人のデュエットを楽しめ、ムーンライダーズ・ファンにも嬉しいアルバムだ。

また、星野自身は「聖☆おにいさん」の主題歌“GAG”をシングル・リリース。〈とにかくワクワクした曲が作りたかった〉という自身の思いがそのまま伝わってくるような疾走感溢れるバンド・サウンドで、温もりのあるメロディーや〈紙を捲って/君が動き出す〉なんて歌詞からは、彼の漫画に対する愛情が伝わってくる。ちなみに、カップリング曲“ダスト”は、ファンキーなギターのカッティングにタイトなビートが絡む男前な仕上がりだ。そんなわけで、役にも音楽(サントラ)にも恵まれた星野源、映画からも音楽からも目が離せない。



NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る