こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

BRILLIANT COVERS

連載
NEW OPUSコラム
公開
2013/05/22   00:00
ソース
bounce 355号(2013年5月25日発行)
テキスト
文/桑原シロー


ハナレグミらの注目カヴァー集が一挙リリース!



違いのわかるあなたにお教えしたい、ひと味もふた味も違うカヴァーを堪能できる4作品がほぼ同時期にリリース。まずはハナレグミの『だれそかれそ』。CMでお馴染みの“ウイスキーが、お好きでしょ”や東京スカパラダイスオーケストラがバックを受け持つ“オリビアを聴きながら”などの注目ナンバーがひしめくなか、とりわけ松任谷由実“Hello, my friend”やTHE BOOM“中央線”といったほろ苦い弾き語り曲が光っている。日本で指折りのソウルフル・ヴォイスを持つシンガーの本領発揮的な仕上がりだ。

続いて細野晴臣の『Heavenly Music』は、USルーツ・ミュージックのエキスを染み込ませた、名盤『HoSoNoVa』路線のヴォーカル作品。カーペンターズで知られる“Close To You”をこれほど幽玄に響かせることができる人なんて、世界中を見渡しても彼以外にいないだろう。また、吉田美奈子に提供した“ラムはお好き?”の続編は、古くからのリスナーにとって特別の贈り物となるはず。そしてコシミハルの『Madame Crooner』は、シャンソンやジャズ、クラシックの名曲を取り上げた、エレガントなスタンダード・ソングブック。細野作品の横に置いて楽しみたいレトロ・ムードの逸品だ。最後はWACK WACK RHYTHM BANDのフロントマン、山下洋の『SOMEWHERE MAN』。ニール・セダカからスタイル・カウンシルまで、彼のバックボーンにある英米のロック/ポップスを、温かくて味のあるヴォーカルで料理した一枚だ。どれも旨さは三つ星級。ぜひお試しあれ。



▼文中に登場した作品を紹介。

左から、ハナレグミのカヴァー集『だれそかれそ』、細野晴臣のニュー・アルバム『Heavenly Music』、コシミハルのニュー・アルバム『Madame Crooner』(すべてスピードスター)、山下洋のファースト・アルバム『SOMEWHERE MAN』(Grand Gallery)

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る