こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

極東最前線

連載
NEW OPUSコラム
公開
2013/09/18   00:00
ソース
bounce 359号(2013年9月25日発行)
テキスト
文/鬼頭隆生


eastern youthの結成25周年をお祝い!



eastern youthが注目するアーティストとの対バン・イヴェントで、いまや彼らのライフワークとも言える〈極東最前線〉。今回バンドの結成25周年を記念し、〈極東〉出演者が集結するコンピ第3弾『極東最前線3』が完成した。全15曲、すべて新曲! OGRE YOU ASSHOLEが虚ろな変形ブルースを奏で、トクマルシューゴ率いるGELLERSはビザールなフォーク・ロックを歌う。その一方、田我流が生活感たっぷりのラヴソングをラップし、竹原ピストルが弾き語りで(なぜか)和歌山に熱く歌いかける。

他にもKIRIHITOのアフロ風味なナンバーや、赤い砂漠のURCに通じる反骨フォーク、BRAHMANらしいダイナミックな構成の楽曲、さらにthe band apartがジャム・バンドっぽいアプローチで魅せたりと実に幅広い。そんななかイースタンは、ビートがずっしりしたミディアム“雨に抗う”で未来を切り拓くために戦い抜く意志を改めて燃やしている。その毅然とした姿に多くの優れた音楽家が共鳴するからこそ〈極東〉は続いてきたのだし、本シリーズが表題通り〈最前線〉であり続けるのだと思う。



▼『極東最前線3』に参加したアーティストの作品を紹介。
左から、OGRE YOU ASSHOLEの2013年の編集盤『confidential』(バップ)、田我流の2012年作『B級映画のように2』(Mary Joy)、竹原ピストルの2013年作『復興の花2+LIVE DVD』(ペルメージ)、BRAHMANの2013年作『超克』(TACTICS)

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る