こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団

連載
NEW OPUSコラム
公開
2013/09/18   00:00
ソース
bounce 359号(2013年9月25日発行)
テキスト
文/加藤直子


会場中が笑顔満開! 笑えて沁みるパフォーマンスで虜になっちゃうよ!



最近はTVCMでもその歌声をよく聴く奇妙礼太郎。彼が率いるバンドは最新作『桜富士山』で全国区の支持を得るに至り、その最初の成果である昨年の渋谷CLUB QUATTRO公演を収めたのが『Live!』だ。会場全体が心底楽しんでいるのが伝わる内容で、代表曲“機嫌なおしておくれよ”を序盤に披露して場を温め、中盤は“Baby 〜夜が明けるまで〜”など甘酢曲を連発。グダグダなソロ演奏もご愛嬌のメンバー紹介を挿みつつ、“SWEET MEMORIES”や合唱チューン“オーシャンゼリゼ”といったカヴァーで締め——人気曲をコンパクトにまとめたセットも好印象で、彼らの魅力を余すことなく伝える素敵なステージだ。さらに、トラベルの新曲も収めた、大阪インディー勢のいまを伝える『Lovesofa compilation 3』が同時に登場。こちらも興味深い!



▼文中に登場した作品を紹介。
左から、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団のライヴDVD「Live!」(Pヴァイン)、コンピ『Lovesofa compilation3』(Lovesofa/HIP LAND)

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る