こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

MY FIRST STORY・Hiroのとりあえずコレでしょ!(最終回)

連載
皿えもん
公開
2013/10/18   21:00
更新
2013/10/18   21:00
テキスト
文/Hiro(MY FIRST STORY)


アーティストが各テーマに沿ったお皿(CD)を紹介する連載! MY FIRST STORYのヴォーカル・Hiroが、心から愛して、よく聴いている盤を紹介します! 最終回は、このバンドがなかったらいまのマイファスはない!という存在の4人組の作品を紹介!



MFS6_4



Pay money To my Pain 『Remember the name』 バップ



今回でついに最終回!!!
ということで今回はやっぱり最終回STORYでしょ!!!

……と言いたいところですが、別にいまさら紹介することなんかないというので、最後の最後はルーツを。
まあ1度紹介しましたが、やっぱりMY FIRST STORYにとってのルーツでもあるバンドで終わりたいと思います。

Pay money To my Pain――
大袈裟でもなんでもなく、このバンドがなかったら俺はMY FIRST STORYをやってなかった。
誰がなんと言おうと心からカッコイイと声を大にして伝えたいバンド。
俺は基本的に誰かの曲を聴いて、歌が上手いと思った人は本当に限られた人しかいない。
そんな滅多に上手いと思わない俺が、ピッチが良いとか、リズムとか、ブレスの切る位置とか、声のレンジが広いとか、ヴォーカリスト・Kの凄さを挙げ出したらキリがない。
さらに声質、感性、歌い方、クセ、カリスマ性、アーティスト性など人によって好みはいろいろ分かれるけど、そんな細かいモノをすべて取っ払って、すべてを凌駕した彼の歌声を生で聴いた時は唖然とした。

そんな彼のすべてがわかるアルバムが、『Remember the name』。

語り尽くせないほどに素晴らしい歌声に負けることなく、それを完璧に活かしたアレンジ、フレーズを聴かせるギター。

サウンドやメロディーをいっさい邪魔することなく絶妙に気持ちいいフレーズとベース・ラインを奏でるベース。

何よりこれだけの音を完璧に支え、目立ちすぎることなく、また薄れていくこともなく、まるで歌っているかのように独特なドラム。

K、PABLO、T$UYO$HI、ZAX。
この4人だからこそ築けた最強のバンド。
このアルバムを聴けば、すぐわかる――このバンドがどういうバンドなのか。
俺はこれから先も一生言い続けるだろう。
彼らが俺にとって特別であり、最強にカッコイイと。

間違いなくあなたは最高のヴォーカリストだったよ。
もう一度ライヴを観たかったよ。
いつかすべてあなたに話せるのを楽しみにしてる。
ありがとう。

これでHiroの〈とりあえずコレでしょ!〉を終わります。
いままでありがとうございました!



PROFILE/Hiro



2011年に結成された5人組ロック・バンドのヴォーカリスト。2012年にファースト・アルバム『MY FIRST STORY』をリリースし、オリコン・インディーズ・チャートで1位を獲得して話題を呼ぶ。同年の〈サマソニ〉をはじめ、フェス/イヴェント出演などを通じて注目を集め、2013年にセカンド・アルバム『THE STORY IS MY LIFE』を発表。そして最新EP『最終回STORY』(INTACT)も好評です。また、10月30日にリリースされるナノのニュー・シングル“SAVIOR OF SONG”でコラボしているほか、11月20日にはAIR SWELLとBLUE ENCOUNT、SWANKY DANKとのスプリット・アルバム『BONEDS』を発表! イヴェント出演も多く決まっています! 詳しくはコチラへ!



NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る