こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

ハルカトミユキ・ハルカの詳しいことは、知らないが。(第6回)

連載
皿えもん
公開
2013/11/25   20:00
更新
2013/11/25   20:00
テキスト
文/ハルカ(ハルカトミユキ)


アーティストが各テーマに沿ったお皿(CD)を紹介する連載に、今月からハルカトミユキのハルカが登場! 詳しいことは知らないが、好きだと言わせろ!……という勢いで、お気に入り盤を紹介します。最終回は友部正人!!



ハルカトミユキ・ハルカの詳しいことは、知らないが。(第6回)



友部正人 『ベスト・セレクション』 ソニー



こんにちは、ハルカトミユキのハルカです。

あっという間に最終回。読んでくださった方、ありがとうございました。
仕最後にご紹介するのは、友部正人さんの『ベスト・セレクション』です。

大学時代、学校の周りの小さなライヴハウス(当時私たちもよく出演していた)に足繁く通っていた頃、とても好きな歌うたいがいました。
この人はどうしてこんな研ぎ澄まされた言葉を遣えるんだろう、どうしてこんなに内臓を震わせるような歌が歌えるんだろう、そう羨ましく思っていた私は、その方に声を掛けました。
その時、彼が好きだと教えてくれた人物が、友部正人さんでした。
友部正人さんの歌を聴いた時、いままで探し求めていた言葉がすべて見つかったような、不思議な感覚がしたことを覚えています。

同じ頃に、また別の歌うたいと共演した時、アコースティック・スタイルの私たちのライヴを観て「君たちは、やってることはパンクだよね」とその方は言いました。
その言葉がとても嬉しく、いまでもはっきりと脳裏に焼き付いています。

友部さんの言葉はパンクです。この言葉たちは絶対に死なない。
私も死なない言葉を歌いたい、生きることの汚らしさ、生々しさに満ちた、死なない言葉を歌いたいと、こういう言葉に出会うたびに思ってきました。
そしてつい最近、取材のときに「メンタル・パンク」という言葉を頂き、よかった、まだ死んでいない、そう思いました。

そうさ、君はステキな女の子だよ
決して倖せになんてなることなかれ! ―― 友部正人“反復”



PROFILE/ハルカ



大学のサークルで出会った女子2人から成るオルタナティヴ・フォーク・ユニット、ハルカトミユキのギター/ヴォーカルを担当。2012年に初のEP『虚言者が夜明けを告げる。僕達が、いつまでも黙っていると思うな。』を、今年3月には2枚目のEP『真夜中の言葉は青い毒になり、鈍る世界にヒヤリと刺さる。』を発表し、11月6日にはメジャー移籍後第1弾となるファースト・フル・アルバム『シアノタイプ』(ソニー)をリリースしたばかり。12月10日に東京・新代田LIVE HOUSE FEVERで行われるワンマン・ライヴはソールドアウト! 年明け2月には東名阪のワンマン・ツアー〈青写真を描く〉も決定しています。その他のブランニューな情報についてはオフィシャルサイトをチェック!!

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る