ショッピングカート
クラシック
CD
ストラヴィンスキー: バレエ「ペトルーシュカ」、ドビュッシー: バレエ「遊戯」、牧神の午後への前奏曲
★★★★★
★★★★★
0.0

・こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック輸入盤プライスオフ
期間限定スペシャル・プライス
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2024年03月上旬

規格品番

487146

レーベル

SKU

028948701469

作品の情報
商品の紹介
世界的注目を集める若き指揮者によるロシア・バレエ団をテーマにしたアルバムの完結編

フィンランドの指揮者クラウス・マケラがロシア・バレエ団をテーマにしたパリ管弦楽団とのアルバムの完結編をデッカよりリリースします。ストラヴィンスキーのバレエ音楽のシリーズで前作は『火の鳥』と『春の祭典』、そして今回『ペトルーシュカ』を録音しました。ドビュッシーの『遊戯』と『牧神の午後への前奏曲』が併録されています。前作は数々の高評価を得て、驚異的な成功を収めています。

マケラは1996年生まれで、12歳からシベリウス・アカデミーでチェロと指揮を学び、若くしてスウェーデン放送交響楽団、ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団、ライプツィヒ放送交響楽団など、世界の一流オーケストラと共演し、高い評価を得ています。2020年からオスロ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、2021年からパリ管弦楽団の音楽監督を務め、世界的注目を集めています。

「真に特別な何かがここにあった。それはそれぞれの音を生き生きとイメージすることを楽しむ一人の指揮者だった」――『タイムズ』紙
「そのヴィルトゥオジティ、確信、喚起する力によるパリ管弦楽団と指揮者クラウス・マケラの演奏には疑問の余地がない……堂々としたリズムの正確さ、華やかさ、ユーモアがペトルーシュカに翼を与えた」――『レゼコー』紙
「パリ管弦楽団とその指揮者はその夕べの真の英雄だ。この精度の高い悪魔のようなペトルーシュカは……非常に魅力的なクラウス・マケラの生き生きとした指揮のもと、時代の奥深くから出てくる堂々とした力で、水よりももっと本質的な渇きでその空間を満たしていた」――『ル・モンド』紙
「夜の間ずっと、ストラヴィンスキーの絶対的才能に魔法をかけられ、表現されたイメージとライヴ・サウンドとの間の対比に魅了される。マケラの指揮はこれまで以上に自由で柔軟で、この驚くべき指揮者とかつてなかったほど密接になったオーケストラとの間にある信頼関係を証明している」――『ル・フィガロ』紙
ユニバーサル・ミュージック/IMS
発売・販売元 提供資料 (2024/02/02)
収録内容

構成数 | 1枚

【曲目】
1-15) ストラヴィンスキー:バレエ『ペトルーシュカ』
(第1曲:謝肉祭の市―群集―見世物師の芸/第2曲:ロシアの踊り/第3曲:ペトルーシュカの部屋
第4曲:ムーア人の部屋―バレリーナの踊り/第5曲:ワルツ(バレリーナとムーア人の踊り)/第6曲:謝肉祭の市(夕景)
第7曲:乳母の踊り/第8曲:熊を連れた農夫の踊り/第9曲:行商人とジプシー娘たち
第10曲:馭者と馬丁たちの踊り/第11曲:仮装した人々/第12曲:格闘
第13曲:ペトルーシュカの死/第14曲:警官と人形使い/第15曲:ペトルーシュカの幽霊)
ドビュッシー:
16) バレエ『遊戯』
17) 牧神の午後への前奏曲

【演奏】
クラウス・マケラ(指揮)
パリ管弦楽団

【録音】
2023年9月、12月 フィルハーモニー・ド・パリ
    • 1.
      [CD]
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント5倍
98pt
販売価格(税込)
¥ 2,790
¥ 614(22%)オフ
¥ 2,176
取扱中
予約受付中
発売日以降のお届けになります
cartIcon 予約する

欲しい物リストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
25
(公開: 0 人)
コレクション登録者
1
(公開: 0 人)