こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

鍵盤男子 初の全国ツアーファイナル公演を映像化!

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2018年07月06日 00:00

鍵盤男子

2017年11月にメジャー・デビューを果たし、今年2月よりスタートした鍵盤男子初の全国コンサートツアー「The future of piano」のツアーファイナル公演を収録し、映像商品(Blu-ray)として発売します。初披露新曲あり。2018年9月からは全国ツアー第2弾『コンサートツアー2018 ピアニズム』も大決定。全国10か所(全会場1000人キャパ以上)で実施。

【収録内容】
2018/7/4にEXシアター六本木で行われたツアーファイナル公演を収録。
作品時間: 104分
製作年: 2018年
副音声付

【曲目】
1. The future of piano
2. -MC-
3. power toccata
4. -MC-
5. pink elephant
6. pomp and circumstance
7. -MC-
8. YAMA-YURI
9. -MC-
10. Carmen Fantasy
11. -MC-
12. 鍵盤体操
13. Rhapsody in Blue
14. -MC-
15. ドラえもんのうた
16. アンパンマンのマーチ
17. -MC-
18. 言わなきゃよかった、なんてちっとも思ってないくせに・・・
19. -MC-
20. bolero
21. -MC-
22. spiral switch
23. sad smile
24. -MC-
25. 剣の舞
26. PIANISM -terapolyprhythm-
27. Ending

特典映像
・Music Video「The future of piano」
・鍵盤体操 <鍵盤人形 Version>

【演奏】
鍵盤男子(大井健、中村匡宏)

【プロフィール】

鍵盤男子
繊細かつダイナミックな音楽を奏でるピアニスト、 大井健(おおいたけし)。  あらゆるジャンルの音楽を自在に表現する作 曲家、中村匡宏(なかむらくにひろ)。    新しい時代の到来を告げる“作曲家とピアニス ト”のふたりが新感覚ピアノデュオ『鍵盤男子』 を結成。 超絶技巧を駆使した高速連弾や観客と一体 となるコンサートが人気を呼び、今、クラシック ホールを中心に女性層から圧倒的な支持を 得ている。  2014年、アルバム「Bon Voyage」をリリース し、初めての全国ツアーを行う。現在は「ピアニ ズム」という新しいコンセプトを提唱し内外の著 名人からの賞賛の声も多く、ストラヴィンスキー の「春の祭典」のパフォーマンスはフランスを代 表するピアニスト、フィリップ・ジュジアーノ氏に 激賞された。  大井健のソロ活動と中村匡宏の1年間の留 学期間を経て、2015年12月に「TOKYOピ アニズム宣言」を発表、再始動。 Eテレ「ムジカ・ピッコリーノ」、テレビ朝日「関 ジャニ∞の仕分け」、ファッション雑誌「リンネ ル」、音楽雑誌「月刊ピアノ」「The Pianoman 1,2,3 -鍵盤紳士たちの音-」な どメディア・雑誌等にも多数出演している。


大井 健(Takeshi Oi)
3歳からピアノ教師の母親に音楽の手ほどきを受け、幼少からドイツ・イギリスに渡り、作曲家メンデルス ゾーンの子孫から直接ピアノを学ぶ。数多のコンクールに優勝し、13歳でロンドン・クイーンエリザベス ホールにてバッハのピアノ協奏曲をオーケストラと共演するなど、イギリス各地で演奏活動を開始する。 帰国後、国?音楽大学附属音楽高等学校音楽科ピアノ専攻を経て、国?音楽大学音楽学部器 楽科ピアノ専攻を卒業。在学中、大学オーケストラとラフマニノフのピアノ協奏曲を共演。 大学卒業と同時にオペラユニット「レジェンド」の専属ピアニストとしてスカウトされ、演奏活動を開始。 以来全国各地、毎年100回を超えるコンサート全てに帯同する。 2015年7月、アルバム「Piano  Love」をキングレコードよりリリースしソロメジャーデビュー。 また、”作曲家とピアニスト”によるピアノデュオ「鍵盤男子」を中村匡宏と2013年に結成。翌年、全国 9カ所でのツアーを行うなど、コンサートホールを中心に超絶技巧を駆使した連弾アレンジで好評を博す。 気品と男らしさを兼ね備えたルックスで、幅広い年齢層の女性ファンに実力・人気の両面で支持され、 フジテレビ「鍵盤の貴公子~Prince  of  Piano」、 NHK教育「ムジカ・ピッコリーノ」、テレビ朝日「関 ジャニの仕分け∞ ピアノ王No.1決定戦」「関ジャニ∞のTheモーツァルト」等、メディア出演も積極的 に行っている。 2016年11月よりソニーモバイルコミュニケーションズのテレビCM「だから私は、Xperia。」に出演。 2017年2月にセカンドアルバム「Piano  Love  II」をリリース、ビルボードクラシックチャートで1位を記 録する。 同年、初のソロ全国ツアー「Piano Love Tour」を開催。
 
中村 匡宏(Kunihiro Nakamura)
作曲家・音楽博士。幼少の頃、父の反対を押し切り音楽の道を志す。鹿児島県?松陽高等学校 音楽科作曲専攻卒業、国?音楽大学音楽学部作曲学科を首席で卒業と同時に有馬賞受賞、 国?音楽大学大学院修士課程作曲専攻を首席で修了と同時に最優秀賞を受賞、国?音楽大 学大学院博士後期課程音楽研究科創作研究領域修了、博士号(音楽)取得。ウィーン国立音楽大学大学院 postgaraduate 作曲科修了。  NHK鹿児島放送局80周年記念コンサート放送において「桜島大正の大噴火から100年」テーマ 交響曲「SAKURASHIMA」楽曲制作、ピアニスト、指揮、出演。NHK Eテレ「ムジカピッコリーノ」音 楽制作出演協力。新垣隆アルバム『新生』、『連祷』(DECCA 2016年)収録のピアノコンツェルト 「新生」指揮。教育芸術社出版デジタル教科書音楽アレンジ、音源制作。「前向きになれるJ-pop」 「ほろりピアノII」(キングレコード)新録アレンジ、レコーディングピアニスト。  これまでに林部智史(avex trax)楽曲アレンジ、ピアニスト。大井健(キングレコード)ソロアル バム「Piano Love」「Piano Love II」楽曲アレンジ、楽曲提供。オペラユニットLEGEND楽曲アレン ジなど、メジャーアーティストのCD制作に、作曲家、編曲家、ピアニスト、指揮者として協力している。 ピアニスト大井健とのユニット“作曲家とピアニストのピアノデュオ「鍵盤男子」”は、全国の有名コンサー トホールにて超絶技巧、早弾きのアレンジによる「身体で感じる音楽」の公演が好評を得ている。  ピアニスト以外の活動において、東京ニューシティ管弦楽団、東京室内管弦楽団等と指揮者、ピア ニストとして共演。2017年世界遺産「石見銀山」登録10周年記念事業オペラ「石見銀山」楽曲制 作、指揮を任されている(初演2017年7月、再演9月新国?劇場)など、ピアニスト、作曲家、 アレンジャー、指揮者など、音楽博士の知識を活かしたコンサートスタイルを展開している。