こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ヴィクトリア・ムローヴァが息子でベーシストのミーシャ・ムロフ=アバドと共演!『ミュージック・ウィー・ラヴ』

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2020年06月16日 00:00


[参考音源:トロイメライ/ Viktoria Mullova 公式チャンネルより]

女王ムローヴァの新録音は、ベーシストである息子ミーシャとの共演!ブラジル民謡からシューマン、ジョビンを経由してバッハまで。親子が愛する様々なジャンルの素敵な音楽コレクション!

現代のもっとも偉大なヴァイオリンの巨匠の一人、ヴァイオリンの女王ヴィクトリア・ムローヴァの約2年ぶり新録音!これまでも、「ペザント・ガール」(ONYX 4070)、「ストラディヴァリウス・イン・リオ」(ONYX 4130)などのクロスオーヴァー・アルバムで絶賛を博してきたムローヴァの新境地は、ジャズ・ベーシスト&作編曲家として活動する息子、ミーシャ・ムロフ=アバド(ミーシャ・ムローヴァ=アバド)とのコラボレーション。

J.S.バッハからシューマン、ブラジル民謡、カルロス・ジョビン、ミーシャ自身の作品にイギリス、イスラエル、エストニアの作曲家の作品まで、様々な国のクラシック、コンテンポラリー・ジャズ、ブラジリアン・ジャズ、フォーク・ソングなどをボーダーレスに収録した、ヴァイオリンとダブルベースの親子デュオ。

ヴィクトリア・ムローヴァとクラウディオ・アバドの間に生まれ、音楽に囲まれて育ったミーシャが愛する音楽を思いのままに詰め込んだ、素敵なコレクション・アルバムです。
(東京エムプラス)

『ミュージック・ウィー・ラヴ』
【曲目】
ミーシャ・ムロフ=アバド(b.1991):ブルー・ディアー
ラエルシオ・ヂ・フレイタス(b.1941)/パウロ・ベリナッチ&ハーヴェイ・ワイナペル編曲:オー・カボ・ピタンガ
ロベルト・シューマン(1810-1856):トロイメライ(子供の情景 Op.15より)
ミーシャ・ムロフ=アバド:ブラジル
シャローム・ハノフ(b.1946):シール・レロ・シェム
ジョン・マクラフリン(b.1942)/ゲイリー・ハズバンド編曲: 天界と下界を行き交う男
レニーニ(b.1959)&ドゥドゥ・ファルカォン(b.1961):星々の沈黙(オ・シレンシオ・ダス・エストレーラス)
ミーシャ・ムロフ=アバド:リトル・アストロノート
アントニオ・カルロス・ジョビン(1927-1994):サビア
ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750):ヴァイオリン・ソナタ ロ短調BWV.1014より 第1楽章 アダージョ、第2楽章 アレグロ
ブラジルの伝承曲:カイコ
レポ・スメラ(1950-2000):映画 《春のハエ》 のテーマ

【演奏】
ヴィクトリア・ムローヴァ(ヴァイオリン)
ミーシャ・ムロフ=アバド(ダブルベース)

【録音】
2020年1月9日-10日、サリー大学(イギリス)

輸入盤

[日本語曲目表記オビ付き]

 

国内仕様盤

[描き下ろし日本語解説&日本語曲目表記オビ付き]
解説:矢澤孝樹

 


[参考音源:オー・カボ・ピタンガ/ Viktoria Mullova 公式チャンネルより]