こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ジェニファー・パイクが弾くエルガー&ヴォーン・ウィリアムズ!“揚げひばり”はオリジナル・ヴァージョン!

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2020年06月19日 00:00

ジェニファー・パイク

イギリス・ヴァイオリン界の麗しきミューズ、ジェニファー・パイク。
久しぶりのソロ・アルバムは、イギリスのヴァイオリン・ソナタ!
「揚げひばり」はヴァイオリンとピアノのためのオリジナル・ヴァージョン!

2002年のBBCヤング・ミュージシャン・オブ・ザ・イヤーに史上最年少の12歳で輝き、Chandosから世界の舞台へと颯爽と羽ばたいたイギリス・ヴァイオリン界の麗しきミューズ、ジェニファー・パイク。「フランス」、「チェコ」、「ポーランド」など各国のヴァイオリン作品をレコーディングしてきたジェニファー・パイク、待望のソロ新録音は「イギリス」がテーマ。

パイクの音楽人生の重要な部分を築いてきた英国音楽。エルガーとヴォーン・ウィリアムズのヴァイオリン・ソナタ、そして通常は「ヴァイオリンと管弦楽」のために演奏される「揚げひばり」は、1914年に「ヴァイオリンとピアノ」のために書かれた珍しいオリジナル・ヴァージョンを収録! すでに、室内オーケストラ伴奏版や室内合唱伴奏版の録音も残しているジェニファー・パイクによる新たな「揚げひばり」にもご注目ください。
(東京エムプラス)

【曲目】
エルガー:ヴァイオリン・ソナタ ホ短調 Op.82

ヴォーン・ウィリアムズ:
ヴァイオリン・ソナタ イ短調
ヴァイオリンとピアノのためのロマンス 《揚げひばり》(オリジナル・ヴァージョン)

【演奏】
ジェニファー・パイク(ヴァイオリン)
マーティン・ロスコー(ピアノ)

【録音】
2019年10月27日-29日、ポットン・ホール(サフォーク、イギリス)