こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

世界初録音!ストウペル&ポツダム・カンマーアカデミー~ヴァインベルク:歌劇“おめでとう!”(ドイツ語歌唱)(2枚組)

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2020年07月15日 00:00


[OehmsClassics 公式チャンネルより]

世界初録音!

ポーランドで生まれ、ロシアで活躍したユダヤ人作曲家ヴァインベルク。一時は忘れられていたものの、21世紀になって作品の復興が進み、多くのオーケストラ作品や室内楽作品などを耳にする機会が増えてきました。しかし歌劇はまだ上演の機会がそれほどありません。

この歌劇《おめでとう!》は、『屋根の上のバイオリン弾き』の原作者で"ユダヤのマーク・トウエイン"と称されたショーレム・アレイヘムの短編「Masel tov」を原作とした作品。
貧乏な料理人ベイリアと金持ちの家主の関係がイディッシュ語で描かれたもので、ヴァインベルクはロシアにおけるユダヤ人コミュニティのためにこの作品を書き上げました。ここではドイツ語に翻訳したテキストが用いられています。
1983年にこの歌劇を聴いて以来、ずっと指揮をしたかったと語るストウペルの渾身の演奏でお聴きください。
(ナクソス・ジャパン)

【曲目】
ヴァインベルク(1919-1996):歌劇《Wir gratulieren! おめでとう!》(1975-1982)
※ドイツ語歌唱
※2幕 ヘンリー・コッホによる室内オーケストラ編
[Disc1]
1. 第1幕: 前奏曲-第1場
2-8. 第1幕: 第2場-第8場

[Disc2]
1. 第2幕: 前奏曲-第1場
2-3. 第2幕: 第2場-第3場
4. 第2幕: 間奏曲
5-8. 第2幕: 第4場-第7場

【演奏】
マダム…カティア・ゲデス(ソプラノ)
フラドル…アンナ・ギュッター(ソプラノ)
ベイリア…オリヴィア・サラゴサ(メゾ・ソプラノ)
年老いたレブ…ジェフ・マーティン(テノール)
チャイム…ロベルト・エリベイ=ハルト-ク(バリトン)

ウラディーミル・ストウペル(音楽監督)
ポツダム・カンマーアカデミー

【録音】
2019年9月21-23日
コンツェルトハウス、ベルリンヴェルナー=オットー=ザール