こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

1950~60年代ポーランドの貴重なモニューシュコ録音集!『モニューシュコ:歌曲、アリア、序曲~ 20世紀のベスト録音集』(3枚組)

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2020年07月20日 00:00

モニューシュコ録音集

1950~60年代ポーランドの貴重なモニューシュコ録音集

1945年にクラクフで設立されたポーランド最大級の音楽出版社「ポーランド音楽出版社(PWM Edition)」が新たに設立したレーベル「Anaklasis(アナクラシス)」によるHERITAGE(遺産)シリーズ。
「ポーランド・オペラの父」と称されたスタニスワフ・モニューシュコ(1819-1872)が書いた家庭愛唱歌集(Songbook for House Use)からの様々な歌曲、代表的なオペラ「幽霊屋敷」、「ハルカ」、「いかだ乗り」からのアリア、様々なオペラからの序曲を集成した20世紀の録音集。
ショパンが手懸けなかった「オペラ」の分野をポーランドで発展させた立役者モニューシュコの知られざる魅力を伝えます。
(東京エムプラス)

『モニューシュコ:歌曲、アリア、序曲~ 20世紀のベスト録音集』(3枚組)
【収録内容】
スタニスワフ・モニューシュコ(1819-1872):
[CD1 ~ 家庭愛唱歌集からの歌曲集]
・太陽の歌/四季/小さな花/Rue/春の戻り/オフィーリアの歌
〔マリア・クニンスカ=オパツカ(ソプラノ)、イェジ・レフェルト(ピアノ)/録音:1956年〕
・兵士の歌/この国を知っているか(Ⅱ)/おお我が母/2つの夜明け
〔アンジェイ・ヒオルスキ(バリトン)、セルギウシュ・ナドグリゾフスキ(ピアノ)/録音:1956年〕

[CD2 ~ アリア集とアンサンブル集]
・歌劇「いかだ乗り」より レチタティーヴォとドゥムカ ”Okropny Ten Poranek” - ”Ach, Tys Moze Wsrod Tej Burzy”
〔ハリナ・スウォニツカ(ソプラノ)、ズジスワフ・ゴルジンスキ(指揮)、ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団/録音:1962年〕
・歌劇「いかだ乗り」より フラネクの歌と合唱 ”Plyna Tratwy Po Wisle”
〔ボグダン・パプロツキ(テノール)、ズジスワフ・ゴルジンスキ(指揮)、ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団&合唱団/録音:1962年〕
・歌劇「ハルカ」より ヤヌシュの歌 ”Czemuz mnie w chwilach samotnych”
〔マリアン・ヴォジニチュコ(バリトン)、ヴァレリアン・ベルジャーエフ(指揮)、ポズナン・オペラ管弦楽団/録音:1953年〕
・歌劇「ハルカ」より ハルカのアリア ”Jako od wichru krzew polamany”
・歌劇「ハルカ」より ハルカのアリア ”Gdyby rannym slonkiem”
〔アントニナ・カヴェツカ(ソプラノ)、ヴァレリアン・ベルジャーエフ(指揮)、ポズナン・オペラ管弦楽団/録音:1953年〕
・歌劇「ハルカ」より ヨンテクのアリア ”Szumia jodly na gor szczycie”
〔ヴァツワフ・ドミエニェツキ(テノール)、ヴァレリアン・ベルジャーエフ(指揮)、ポズナン・オペラ管弦楽団/録音:1953年〕
・歌劇「ハルカ」より ヨンテクのアリア ”Szumia jodly na gor szczycie”
〔ボグダン・パプロツキ(テノール)、イェジ・セムコフ(指揮)、ワルシャワ・オペラ管弦楽団/録音:1961年〕
・歌劇「幽霊屋敷」より ”Wiec gdy sie rozstaniem”
〔ボグダン・パプロツキ(テノール)、ジグムント・マリアンスキ(バリトン)、エドムンド・コッソフスキ(バス)、ヴァレリアン・ベルジャー
エフ(指揮)、ポズナン・オペラ管弦楽団&合唱団/録音:1954年〕
・歌劇「幽霊屋敷」より 太刀持ちのレチタティーヴォとアリア ”Bawic sie jak chcemy” - ”Kto z mych dziewek serce ktorej”
〔マリアン・ヴォジニチュコ(バリトン)、ヴァレリアン・ベルジャーエフ(指揮)、ポズナン・オペラ管弦楽団/録音:1954年〕
・歌劇「幽霊屋敷」より 四重唱 ”Ni bolesci, ni rozkoszy”
〔ボグダン・パプロツキ(テノール)、エドムンド・コッソフスキ(バス)、バルバラ・コストジェフスカ(ソプラノ)、フェリシア・クロヴィア
ク(メゾ・ソプラノ)、ヴァレリアン・ベルジャーエフ(指揮)、ポズナン・オペラ管弦楽団/録音:1954年〕
・歌劇「幽霊屋敷」より ハンナのアリア ”Do grobu trwac w bezzennym stanie”
〔バルバラ・コストジェフスカ(ソプラノ)、ヴァレリアン・ベルジャーエフ(指揮)、ポズナン・オペラ管弦楽団/録音:1954年〕
・歌劇「幽霊屋敷」より スコウバのアリア ”Ten zegar stary”
〔ベルナルド・ワディシュ(バス)、イェジ・セムコフ(指揮)、ワルシャワ・オペラ管弦楽団/録音:1960年〕
・歌劇「幽霊屋敷」より ステファンのアリア ”Aria z kurantem”
〔ボグダン・パプロツキ(テノール)、イェジ・セムコフ(指揮)、ワルシャワ・オペラ管弦楽団/録音:1961年〕

[CD3 ~ 序曲集]
・幻想的序曲 「おとぎ話(フェアリー・テイル)」
〔ヴァレリアン・ベルジャーエフ(指揮)、ポズナン・オペラ管弦楽団/録音:1953年〕
・歌劇「パリア」への序曲
・歌劇「貴族の言葉」への序曲
・歌劇「伯爵夫人」への序曲
〔グジェゴシュ・フィテルベルク(指揮)、ポーランド放送カトヴィツェ大交響楽団/録音:1951年〕
・歌劇「ハルカ」への序曲
〔ヴァレリアン・ベルジャーエフ(指揮)、ポズナン・オペラ管弦楽団/録音:1953年〕
・歌劇「いかだ乗り」への序曲
〔グジェゴシュ・フィテルベルク(指揮)、ポーランド放送カトヴィツェ大交響楽団/録音:1954年〕
・歌劇「幽霊屋敷」へのイントラーダ
〔ヴァレリアン・ベルジャーエフ(指揮)、ポズナン・オペラ管弦楽団/録音:1954年〕

【録音】
1951年~1962年
※サウンド・レストレーション、マスタリング:エヴァ・グジオウェク=トゥベレヴィチ, 2019

こちらも注目!知られざるポーランド音楽作品多数!
第1回モニューシュコ国際ポーランド音楽コンクールのライヴ録音 シリーズ発売!(6タイトル)


ポーランド南東の都市ジェシュフで2019年9月20日から27日にかけて開催された「第1回スタニスワフ・モニューシュコ国際ポーランド音楽コンクール」。
ポーランド文化省とナショナル・ヘリテッジの協力を得て開催されたこのコンクールは、19世紀~20世紀におけるポーランドの音楽、特に知られざる作品を世に送り出し、再評価へと導くことを大きな目的としています。
※DUX はポーランド国内、またアーティストへの商品供給が優先されるため、予告なく輸出禁止商品への切り替えや廃盤、発売延期が発生する可能性がございます。予めご了承のほどお願いいたします
(東京エムプラス)