こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

オーロラ管弦楽団がDGデビュー!『ミュージック・オブ・スフィアーズ』(天球の音楽)

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2020年07月22日 00:00


[Deutsche Grammophon 公式チャンネルより]

世界で最もクリエイティヴなオーケストラのDGデビュー盤!

近年、急激に存在感を増しているオーロラ管弦楽団は、並外れた音楽家により構成された卓越した室内オーケストラであり、非常に高いクオリティで感動的な演奏をするばかりでなく、先駆的で斬新な様々な手法で豊かな音楽体験を提供している世界で最もクリエイティヴなオーケストラ。

『ミュージック・オブ・スフィアーズ』(天球の音楽)は、惑星の動きが、宇宙の調和(ハーモニー)を生み出すという古代ギリシャの数学的な概念に基づいている。
当アルバムのために特別に委嘱されたマックス・リヒターの新作『ジャーニー(CP1919)』は、最初に発見されたパルサー「CP1919」に触発されて作曲された。(注:パルサーはパルス状の可視光線、電波、X線などを発生する天体で、超新星爆発後に残った中性子星と考えられている) この作品は、古代ギリシャの天文学者が惑星の軌道を説明するために使用した数学的な比率によって支配されたリズムを使用して、オーロラ管弦楽団が暗譜で演奏することも取り入れて作曲されている。
(ユニバーサルミュージック)

『ミュージック・オブ・スフィアーズ』(天球の音楽)
【曲目】
1-4. ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト: 交響曲 第41番 ハ長調 K.551 《ジュピター》
5.マックス・リヒター: ジャーニー(CP1919)
6. ジョン・ダウランド(ニコ・ミューリー編曲): 時は立ち止まり
7-9. トーマス・アデス:ヴァイオリン協奏曲 作品24 《同心の道》
10. デヴィッド・ボウイ(ジョン・バーバー編曲): 火星の生活

【演奏】
ペッカ・クーシスト(ヴァイオリン)[7-9]
イェスティン・デイヴィス(カウンターテナー)[6]
サム・スワロー(ピアノ/ヴォーカル)[10]
ニコラス・コロン(指揮)
オーロラ管弦楽団

オーロラ管弦楽団の首席指揮者ニコラス・コロンは次のように語っている。
「2014年、オーロラ管弦楽団は初めて完全な暗譜で交響曲を演奏し、新たな旅に乗り出しました。私と演奏者たちにとってこの経験は忘れられないものでした。音楽と構造をさらに深く理解し、お互いや観客との新しいレヴェルのコミュニケーションを見つけることがでたのです。100回を超える暗譜による演奏を経て、今回、モーツァルトの最後の交響曲、第41番《ジュピター》の暗譜によるスタジオ録音を行えたことにとても興奮しています。モーツァルトが楽譜に書いた音楽を理解するために深く掘り下げ、印刷された楽譜から解放され、このような激しさと喜びに満ちたレコーディング・セッションは経験したことがありません。『ミュージック・オブ・スフィアーズ(天球の音楽)』は、この他4つの非常に対照的な作品を収録しています。最初はマックス・リヒターへの委嘱による新作で、暗譜で演奏する私たちのために書かれました。また、フィンランドのヴァイオリニスト、ペッカ・クーシストはトーマス・アデスの驚異的なヴァイオリン協奏曲の理想的な共演者であり、この機知に富む傑作の全ての輝かしい側面を明らかにしたことも嬉しく思います。カウンターテナーのイェスティン・デイヴィスが、ジョン・ダウランドの美しいリュート歌曲でニコ・ミューリーの現代的なひねりを好演し、デヴィッド・ボウイの「火星の生活」で締めくくられます」