こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

アンドラーシュ・シフとイェルク・ヴィトマンが共演!ブラームス:クラリネット・ソナタ集&ヴィトマン:ピアノのための間奏曲集

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2020年08月26日 00:00

ブラームス

二人の偉大なアーティストの友情とブラームスへの思いから生まれたアルバム

二人の偉大なアーティスト、ピアニストのアンドラーシュ・シフと作曲家でクラリネット奏者のイェルク・ヴィトマンが初めて一緒に行った録音です。
1894年に書かれたブラームスの後期の傑作、クラリネット・ソナタ作品120の2曲を共演しています。その2つのソナタの間に入れたヴィトマンの作品、『ピアノのための間奏曲集』をシフが独奏しています。
ブックレットのヴィトマンによるライナーノーツによると、この曲はアンドラーシュ・シフとの友情と、二人が共に敬愛しているブラームスへの思いから生まれた作品だということです。録音はドイツのノイマルクトで行われました。
(ユニバーサルミュージック)

『ブラームス:クラリネット・ソナタ集』
【曲目】
1.ブラームス:クラリネット・ソナタ第2番 変ホ長調 Op.120 No.2
(第1楽章:Allegro amabile/第2楽章:Allegro appassionato/第3楽章:Andante con moto - Allegro)

2.イェルク・ヴィトマン:ピアノのための間奏曲集
(第1曲:I/第2曲:Zart singend/第3曲:Mit dunkler Glut [Agitato sempre]/第4曲:Wiegenlied [Ruhig fließend]/第5曲:Lento un poco andante)

3.ブラームス:クラリネット・ソナタ第1番 ヘ短調 Op.120 No.1
(第1楽章:Allegro appassionato/第2楽章:Andante un poco adagio/第3楽章:Allegretto grazioso/第4楽章:Vivace)

【演奏】
アンドラーシュ・シフ(ピアノ)
イェルク・ヴィトマン(クラリネット)[1, 3]

【録音】
2018年5月14-16日、ノイマルクト、Historischer Reitstadel