こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

スカルピーニ・エディション2 ~バロックからコンテンポラリーまで~新発見テープからの復刻(12枚組)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : ボックスセット(クラシック)

掲載: 2020年09月18日 12:00

スカルピーニ

スカルピーニ・エディション第2集
バロックからコンテンポラリーまで

スカルピーニ・エディション第2集。第1集はブゾーニとリストの作品に特化していましたが、今回はバロックから現代音楽まで、彼のレパートリーの幅広さを改めて思い知らされる内容。シェーンベルクの大曲もあれば、バッハの静謐なる作品や、シューベルトのピアノ・ソナタも。さらにバルトーク、プロコフィエフの協奏曲もあってさすが、と思ったらブラームスのピアノ協奏曲まで収録されている。
ピエトロ・スカルピーニ(1911-1997)はミケランジェリ、ポリーニ、チアーニよりも前の世代のイタリア・ピアノ界の大御所である。カセッラやレスピーギ、ヒンデミットに師事し、第2次大戦後イタリア・ピアノ界の指導的立場に立っていた。演奏歴も偉大で、共演者はフルトヴェングラー、ミトロプーロスに始まり、シェルヘン、モントゥー、フリッチャイ、ロジンスキ、ロスバウト、クーベリック、ジュリーニ、ベーム、アンセルメ、セル、ボールト、とあげているときりがない。
スカルピーニは類い稀なテクニックと壮大なスケール感をもっていたが、彼が残した録音は極端に少なく名前はよく聞くし、偉大な人だということはわかっていても、聴くことのできる録音があまりに少なく、誰も彼を正当に評価することはできないでいたが、RHINEがまたまた貴重すぎる音源を発掘してきた。
(東武ランドシステム)

【曲目】
CD1(61:35)
(1)-(10)J.S.バッハ:10のコラール前奏曲とアリア(ピエトロ・スカルピーニ編)
録音:1961年1月8日RAIローマ(放送スタジオ録音)
(11)J.S.バッハ:コラール前奏曲 BWV 691a(ピエトロ・スカルピーニ編)
(12)-(14)伝J.S.バッハ/ブゾーニ編:
((12)1.幻想曲 ニ短調 BWV 905/(13)2.アンダンテ ト短調 BWV 969/
(14)3.スケルツォ ニ短調 BWV 844)
録音:(11)-(14)1964年12月16日RAIナポリ(放送スタジオ録音)
(15)-(18)ドメニコ・スカルラッティ:
((15)ソナタ ヘ短調 K.238 / L.27/(16)ソナタ ヘ長調 K.107 / L.474
(17)ソナタ ニ長調,K.490 / L.206/(18)ソナタ ホ長調 K.206 / L.257)
録音:1957年4月29日NDRハンブルク

CD2(75:41)
(1)-(3)アルフレード・カゼッラ:パルティータOp.42 (1924/25)
マッシモ・プラデッラ(指揮)ナポリRAIアレッサンドロ・スカルラッティ管弦楽団
録音:1967年2月25日D.スカルラッティ・オーディトリアム、RAIナポリ(ライヴ録音)
(4)-(7)レオシュ・ヤナーチェク:コンチェルティーノJW VII/11 (1925)
ピエトロ・スカルピーニ(Pf,指揮)フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団員
録音:1965年6月12日ペルゴラ劇場、フィレンツェ
(8)-(11)ヤナーチェク:カプリッチョ~ピアノ(左手)と管楽器のための JW VII/12 (1926)
フェルッチョ・スカーリア(指揮)ローマRAI交響楽団
録音:1961年2月11日オーディトリアム・フォロ・イタリコ、ローマ(ライヴ録音)
(12)イサーク・アルベニス:イベリア第3巻 (1908)~エル・ポロ
(13)-(15)エイトル・ヴィラ=ロボス:「赤ちゃんの一族」第1集~第2、6、7曲(1918)
録音:1959年2月4日サラ・ブランカ、ピッティ宮殿、フィレンツェ(ライヴ録音)

CD3(57:43)
(1)-(3)セッションズ:ピアノ協奏曲「アルトゥール・シュナーベルの思い出に」(1955/56)
マリオ・ロッシ(指揮)ローマRAI交響楽団
録音:1958年1月4日オーディトリアム・フォロ・イタリコ、ローマ(ライヴ録音)
(4)-(6)マリピエロ:ピアノ協奏曲「ディミトリー(ミトロプーロス)のために」(1961)
ニーノ・サンツォーニョ(指揮)ミラノRAI交響楽団
録音:1961年5月27日フェニーチェ劇場、ヴェネツィア(世界初演、ライヴ録音)
(7)-(17)ルイージ・ダッラピッコラ:アンナリベラの音楽帳(11の小品)(1952)
録音:1954年12月1日RAIローマ・スタジオ

CD4(65:29)
(1)-(4)セルゲイ・プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番ト短調Op.16 (1913/1924)
ディミトリ・ミトロプーロス(指揮)ニューヨーク・フィル
録音:1954年11月7日カーネギー・ホール,ニューヨーク(ライヴ録音)
(5)-(7)モーツァルト:ピアノ協奏曲第22番変ホ長調 K.482(カデンツァ:ブゾーニ)
ディミトリ・ミトロプーロス(指揮)ニューヨーク・フィル
録音:1955年11月6日カーネギー・ホール,ニューヨーク(ライヴ録音)

CD5(74:33)
(1)-(3)ゴッフレド・ペトラッシ:ピアノ協奏曲 (1936/39)
ニーノ・サンツォーニョ(指揮)BBC交響楽団
録音:1959年3月4日ロイヤル・フェスティヴァルホール(イギリス初演ライヴ)
(4)-(6)マリオ・ペラガッロ (1910-1996):ピアノ協奏曲 (1949/51)
フェレンツ・フリッチャイ(指揮)バイエルン放送交響楽団
録音:1952年11月21日ヘルクレス・ザール
(7)-(9)セルゲイ・プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第1番変ニ長調Op.10 (1911/12)
マッシモ・フレッチャ(指揮)トリノRAI交響楽団
録音:1959年3月13日トリノRAIオーディトリアム(ライヴ録音)

CD6 (67:12)
セルゲイ・プロコフィエフ:
(1)-(4)ピアノ・ソナタ第2番ニ短調Op.14 (1912) 録音:1955年3月25日RAIローマ
(5)-(7)ピアノ・ソナタ第8番変ロ長調Op.84 (1939/44) 録音:1954年頃RAI ローマ
(8)-(11)ピアノ・ソナタ第9番ハ長調Op.103 (1947) 録音:1960年4月29日RAIローマ

CD7 (77:38)
(1)-(4)ブラームス:ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 Op.83 (1878/81)
ヴィットリオ・グイ(指揮)RAIローマ交響楽団
録音:1958年12月13日オーディトリアム・フォロ・イタリコ、ローマ(ライヴ録音)
(5)-(11)シューマン:フモレスケ変ロ長調 Op.20 (1839)
録音:1958年7月14日RAIフィレンツェ(オリジナル・マスター)

CD8(72:52)
(1)-(4)シューベルト:ピアノ・ソナタ第20番 イ長調 D.959 (1828)
録音:1958年3月28日RAIフィレンツェ
(5)-(7)ムツィオ・クレメンティ:ピアノ・ソナタ ト短調 Op.34/2 (1793)
(8)-(11)ブラームス:ピアノ・ソナタ第2番 嬰ヘ短調 Op.2 (1852)
録音:1959年2月4日サラ・ブランカ、ピッティ宮殿、フィレンツェ(ライヴ録音)

CD9(77:54)
シェーンベルク:
(1)-(21)月に憑かれたピエロ Op.21 (1912)
マグダ・ラースロー(Vo)、ピエトロ・スカルピーニ(Pf,指揮)RAIローマ交響楽団員
(22)ナポレオンへの頌歌 Op.41b (1942)
アルヴァー・リデル(語り)、ミヒャエル・ギーレン(指揮)RAIローマ交響楽団
録音:1960年2月6日オーディトリアム・フォロ・イタリコ、ローマ(ライヴ録音)
(23)-(26)ピアノ協奏曲 Op.42 (1942)
アントニオ・ペドロッティ(指揮)トリノRAI交響楽団
録音:1957年頃RAIオーディトリアム、トリノ

CD10(70:06)
(1)-(3)バルトーク:ピアノ協奏曲第1番 Sz.83,BB 91 (1926)
フェルナンド・プレヴィターリ(指揮)ローマRAI交響楽団
録音:1957年5月25日オーディトリアム・フォロ・イタリコ、ローマ(ライヴ録音)
(4)-(6)バルトーク:ピアノ協奏曲第3番 ホ長調 Sz.119,BB 127 (1945)
アントニオ・ペドロッティ(指揮)ローマRAI交響楽団
録音1958年2月5日オーディトリアム・フォロ・イタリコ、ローマ(ライヴ録音)
(7)スクリャービン:プロメテウス-火の詩 Op. 60 (1909/10)
ピエロ・ベルージ(指揮)フランス国立管弦楽団
録音:1968年1月10日シャンゼリゼ劇場、パリ(ライヴ録音)ステレオ

CD11(74:52)
スクリャービン:
(1)-(4)ピアノ・ソナタ第3番 嬰ヘ短調 Op.23 (1897/98)
録音:1958年3月28日RAIフィレンツェ
(5)ピアノ・ソナタ第5番 Op.53 (1907)
録音:1963年4月20日サレ・アポリネー、フェニーチェ劇場(ライヴ録音)
(6)ピアノ・ソナタ第7番 Op.64「白ミサ」(1911/12)
録音:1968年9月13日キジアーナ音楽院、シエナ(ライヴ録音)
(7)ピアノ・ソナタ第8番 Op.66 (1913)
録音:1959年2月4日サラ・ブランカ、ピッティ宮殿、フィレンツェ(ライヴ録音)
(8)ピアノ・ソナタ第9番 Op.68「黒ミサ」(1913)
録音:1963年4月20日サレ・アポリネー、フェニーチェ劇場(ライヴ録音)
(9)ピアノ・ソナタ第10番 Op.70「昆虫ソナタ」(1912/13)
録音:1964年6月19日ペルゴラ劇場、フィレンツェ(ライヴ録音)

CD12(66:51)
(1)ラフマニノフ:コレルリの主題による変奏曲Op.42 (1931)
録音:1958年3月28日RAIフィレンツェ
(2)-(11)スクリャービン:24の前奏曲Op.11 ~第2,4,5,9,10,12,13,15,17,22番
録音:1964年12月16日RAIナポリ
(以下ボーナス・トラック)「スカルピーニ唯一の商業用独奏録音集」
(12)-(14)ストラヴィンスキー:ピアノ・ソナタ (1924)
(15)ストラヴィンスキー:ピアノ・ラグ・ミュージック (1919)
(16)-(21)バルトーク:(ミクロコスモス第6巻)~ブルガリアのリズムによる6つの舞曲
(22)-(24)ピアノ・ソナタ Sz.80 (1926)
録音:1950年スタジオ・ドゥリウム、ミラノ

【演奏】
ピエトロ・スカルピーニ(ピアノ)

【録音】
1950-1968年 モノラル/ステレオ842' 26''