こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

『パスキエ・トリオの芸術』SP時代~ステレオLPまで活躍した弦楽三重奏の名団体(16枚組)

パスキエ・トリオの録音の初集成で、1950年代のモノラル録音を中心に彼らの幅広いレパートリーが収められています。モーツァルトのディヴェルティメントも1935年、1951年、1960年の3つの録音を聴くことができます。また、1956年録音のメシアンの「世の終わりのための四重奏曲」は1941年1月15日のドイツ軍捕虜収容所の初演メンバーであったメシアン自身とチェロのエティエンヌ・パスキエが加わった録音として歴史的意義があるものです
(2020/10/30)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

『レナー弦楽四重奏団の芸術』戦前のロマンティック・スタイルを満喫!(21枚組)

レナー弦楽四重奏団の録音がこのようなBOXで21枚も集成されるのは初めです。ロンドンの聴衆を魅了したベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集を始め、甘美な演奏で評判だったハイドン、モーツァルト、ブラームスの弦楽四重奏曲、そして片面約4分というSPレコードの収録時間に合わせて録音して人気を集めたトロイメライやアンダンテ・カンタービレなどのサロン名曲の数々まで、ぎっしりと収録されています
(2020/10/30)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

カラブチェフスキー&サンパウロ響による20世紀ブラジルを代表する作曲家ヴィラ=ロボスの交響曲全集BOXが登場!(6枚組)

20世紀ブラジルを代表する作曲家ヴィラ=ロボス。カラブチェフスキー&サンパウロ交響楽団という同郷のコンビによる交響曲全集がBOX化!国内仕様盤の解説書には、指揮者で日本ヴィラ=ロボス協会の会長を務める木許裕介氏による充実した解説を掲載
(2020/10/30)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

外山雄三&大阪交響楽団シリーズ第2弾はベートーヴェン・イヤーの2020年最後を飾る交響曲全集!

2016年5月から2020年10月までかけ、外山雄三がじっくり手掛けた全集、まさに各曲が長編小説を読むような充実感と深みに満ち、大阪交響楽団の成長著しい演奏を堪能できます。基本的に遅めのテンポによりますが、堂々として説得力に満ち、聴き手をぐいぐいとその世界へ引き込みます
(2020/10/29)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 国内クラシック

チューリッヒ・バレエと芸術監督クリスチャン・スプークのよる上演3作品をBOX化!『チューリッヒ・バレエ・コレクション』(3枚組)

2012/13シーズンよりスイスの名門バレエ団であるチューリッヒ・バレエの芸術監督に就任したクリスチャン・スプークによる3作品をまとめた映像BOXが登場。チューリッヒ歌劇場所属のオーケストラ、合唱団、バレエ団が総出となり、上演された圧巻のヴェルディ“レクイエム”、スプーク振付の“くるみ割り人形とねずみの王様”、プロコフィエフの名作“ロメオとジュリエット”が収録
(2020/10/28)

クラシック バレエ

「ロシア・ピアノ楽派の開祖」ゲンリフ・ネイガウス&スタニスラフ・ネイガウスBOX(20枚組)

ロシア・ピアノ楽派の開祖と呼ばれた名伯楽ゲンリフ・ネイガウス(1888-1964)と、その次男で、父の助手を務め、名ピアニストとして活躍したスタニスラフ・ネイガウス(1927-1980)の名演をCD20枚に収めた廉価BOXです。歴史的音源の良質な復刻で定評のある英スクリベンダムのものだけに、音質面でも期待ができます
(2020/10/27)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

チューリヒ歌劇場で上演されたオペラ4作品を収録したBOX!『チューリヒ歌劇場オペラ映像集』(4枚組)

2014年に、最優秀オペラハウスに選ばれたチューリヒ歌劇場。このBOXセットは、これまでACCENTUS MUSICからリリースされていたベッリーニの“カプレーティとモンテッキ”、ベルクの“ヴォツェック”、マスネの“ウェルテル”、レハールの“微笑みの国”の4作品をまとめたもの。出演陣も豪華!
(2020/10/26)

クラシック オペラ

ドビュッシー: ペレアスとメリザンド&管弦楽作品集~仏ディアパゾン誌のジャーナリストの選曲による名録音集(11枚組)

フランスの専門誌「ディアパゾン」自主レーベルが選定するドビュッシー集。《海》はミュンシュ、デゾルミエール、セル、《牧神の午後》はストコフスキー(ベイカー独奏)とストララム(モイーズ独奏)、《夜想曲》はモントゥーとアンゲルブレシュトと伝説的名演が目白押し。フランソワ×マデルナによる《幻想曲》という驚きの音源も!ピアノ曲の珍しい管弦楽編曲版に加え、オペラ《ペレアス》全曲が日本初演を指揮したフルネの名盤で収録されています!
(2020/10/22)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ

ギレリス入魂のロシア物を15枚に集成~ギレリス・エディション Vol.2 1940-1963

好評だった第1弾に続き、Profileレーベルが発掘したギレリス幻の音源集第2弾の登場。チャイコフスキー、ロシア五人組の名曲を中心に、名歌「うぐいす」で知られるアリャビエフの珍しい室内楽作品をベートーヴェン四重奏団のメンバーと録音したものも興味津々。ツィガーノフやボリソフスキーなど、ショスタコーヴィチ作品で目にする伝説の名手たちの演奏を聴くことができます
(2020/10/22)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

リリングの名演を中心としたヘンデルの宗教曲がお買い得BOXになって登場!『ヘンデル:宗教曲集』(10CD+1DVD)

ヘンスラー・レーベルの音源を中心としたヘンデルの宗教曲集が登場!その中心はヘルムート・リリングの名演で構成されており、オラトリオ“メサイア”(1997年録音)、オラトリオ“サウル”、オラトリオ“ベルシャザル”など、充実の作品が揃いました。今回のセットではモーツァルト編の“メサイア”のライヴ映像も収録
(2020/10/16)

クラシック 古楽・バロック オペラ

20世紀フランスの作曲家ナディア・ブーランジェが指揮、チェンバロ、ピアノを務めた米デッカ録音を初集成!(5枚組)

モンテヴェルディからフランス・バロック期の珍しい作品を経てブラームスまで、ナディア・ブーランジェが戦後、アメリカ・デッカに行った録音がオリジナル・テープから初CD化されます。新規リマスタリングされ、全曲まとめての発売は初めてとなります。ナイジェル・シメオネによるライナーノーツ付き。オリジナル・ジャケット仕様
(2020/10/15)

クラシック 古楽・バロック オペラ

「ヴァイオリン界の女王」イダ・ヘンデルの英デッカ録音を集成!『デッカへの遺産』(6枚組)

同郷のポーランドのピアニスト、アデーラ・コトフスカとの1940年の録音から、1997年にサー・ロジャー・ノリントン指揮ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団と行った未発表のヴォーン・ウィリアムズの『揚げひばり』までが収録されています。1982年のフーベルマン週間音楽祭のライヴ演奏(ヴィヴァルディ、シベリウス)も収録。新規リマスタリング!
(2020/10/15)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

鈴木明子監修・選曲 フィギュアスケート・ミュージック ベスト~KISS & CRY(3枚組)

選手・振付師としての両面から掘り下げる、フィギュアスケートの名曲コレクション。現在振付師としても活躍している鈴木明子が、フィギュアスケートの定番曲、名プログラム楽曲の他、プログラムと音楽の関係性などの様々な視点から選曲を行った、フィギュアスケート名曲コレクション。3枚組で3,000円∔税と、お買い得なBOXとなっています
(2020/10/15)

クラシック バレエ クラシック オムニバス

2021年、生誕100年を迎えるアストル・ピアソラの名曲集!『ピアソラ~ Nuevo Tango !ブエノスアイレスの音楽』(3枚組)

2021年に生誕100年を迎えるタンゴの革命児アストル・ピアソラ(1921-1992)。この3枚組はハルモニアムンディ・フランスからリリースされたピアソラの名曲・名演を集めたもの。“リベルタンゴ”、“天使のミロンガ”、“アディオス・ノニーノ”、“バンドネオン協奏曲”などが収録されています
(2020/10/15)

クラシック 現代音楽 協奏曲・室内楽・器楽 クラシック オムニバス

世界中の聖母マリアにまつわる作品を集めたBOX!『アヴェ・マリア マリアへの賛歌』(10枚組)

グレゴリオ聖歌から、ペルトまでの世界中の聖母マリアにまつわる作品を集めたBOX。バッハ/グノー、シューベルトなどの名曲から、知られざる作品まで、世界中から愛される聖母マリアへの賛歌が収められています
(2020/10/14)

クラシック オペラ 古楽・バロック

イェローン・ファン・フェーン~『ベスト・オブ・ミニマル・ピアノ・ミュージック』(6枚組)

オランダのミニマル・ミュージックのスペシャリストであるピアニスト、イェローン・ファン・フェーンが、これまでリリースしたアルバムの中から、フィリップ・グラス、マイケル・ナイマン、アルヴォ・ペルト、ルドヴィコ・エイナウディ、マックス・リヒター、坂本龍一など、ピアノで弾くミニマル・ミュージックの名曲をセレクトしたベスト盤が登場!
(2020/10/14)

クラシック 現代音楽

コンスタンチン・シェルバコフの新録音、ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集が一挙にBOXで登場!(9枚組)

ヴィルトゥオーゾ・ピアニストとして有名なコンスタンチン・シェルバコフが、2020年ベートーヴェン生誕250年を記念して、ピアノ・ソナタ全曲を録音!チューリヒのスイス・ドイツ語放送のスタジオで、ほぼ番号順に進められた録音でしたが、コロナ禍の中行われた第28番以降のセッションは、豊かな音響で定評のあるボスヴィルの旧教会で行われました
(2020/10/13)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

メジューエワ2度目のベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集!1922年製ヴィンテージ・スタインウェイ使用

世界中がコロナ禍で閉塞感に包まれていた2020年6月~7月に富山県魚津市の新川文化ホールで行われた全32曲のセッション録音で、メジューエワにとって二度目の全集となります。「レコード芸術特選盤」に輝くなど各方面から高い評価を受けた第1回目の全集(2007年~2009年録音)から十余年の歳月を経て、メジューエワはさらに驚異的な深化を遂げました。使用楽器は、1922年製のヴィンテージ・スタインウェイ(ニューヨーク製)
(2020/10/12)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ヒンリヒ・アルパースによるベートーヴェン:交響曲第1番-第9番(リストによるピアノ編曲版)(6枚組)

ベートーヴェン生誕250年記念リリース。ドイツのピアニスト、ヒンリヒ・アルパースがピアノ独奏によるベートーヴェン交響曲全集(リスト編曲)を新録音!“第九”の第4楽章では、ソプラノのランツハマーをはじめとする声楽ソリストとRIAS室内合唱団が参加
(2020/10/12)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

全曲初出!アーノンクール&ヨーロッパ室内管弦楽団/シューベルト:交響曲全集(4枚組)

オーストリア放送協会(ORF)が収録していた音源を、数々の受賞歴を誇るベテラン・エンジニアのポール・ベイリー(元EMIアビー・ロード・スタジオ、現Re:Sound社)がリマスタリー。リマスタリングには楽団員のクリスティアン・アイゼンベルガーが立ち会って「アーノンクール時代のCOEサウンド」を見事に蘇らせています
(2020/10/09)

クラシック 交響曲・管弦楽曲