こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

有田正広30年ぶりの再録音!テレマン:無伴奏フルートのための12のファンタジー(古楽器演奏&現代楽器演奏)

何とモダン楽器とピリオド楽器、それぞれでテレマンの無伴奏を全曲演奏!モダン楽器奏者として日本音楽コンクールの覇者となり、ピリオド楽器奏者として古楽演奏のパイオニアとなり、片方にとらわれることなく自らの音楽を追求してきた有田氏ならではの名企画、世界初・前代未聞の1人の奏者による2種のテレマン。平成の終わりから令和の始まりにかけて行われた、記念碑的なセッション録音です
(2019/09/20)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック ブラス 国内クラシック

Naxos~2019年10月発売新譜情報(13タイトル)

今回はセーゲルスタム&トゥルク・フィルのベートーヴェン“劇音楽「エグモント」”に、近年人気急上昇の作曲家ヴァインベルクの“フルートのための作品全集”、ベートーヴェンの“管楽合奏のための音楽集”など世界初録音を含むCD13タイトルがリリースされます
(2019/09/19)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック 現代音楽 ブラス

バロック・オーボエの名手クセニア・レフラーによるドレスデンゆかりのオーボエ作品集!

ベルリン古楽アカデミーの首席奏者でもあり、バロック・オーボエの女王との呼び声も高いクセニア・レフラーによるアルバムです。レフラーの気心の知れた仲間たちと、ヴィヴァルディ、テレマン、ファッシュなど、バロック時代に器楽音楽の最先端を行ったドレスデンゆかりの作品を収録しています
(2019/09/12)

クラシック 古楽・バロック ブラス

木管アンサンブル「ペンタドル」による注目編曲、木管五重奏版モーツァルト“弦楽四重奏曲集「ハイドン・セット」”(3枚組)

1985年創設のカナダの木管アンサンブル「ペンタドル」が、モーツァルトの傑作弦楽四重奏曲集「ハイドン・セット」を木管五重奏で録音!約40年前に作曲家ジェフリー・エマーソンが編曲した3曲に、メンバーによる編曲を3曲を加えて全曲を完成させました
(2019/09/10)

クラシック ブラス 協奏曲・室内楽・器楽

ユーフォニアム奏者リリアン・ムランのデビュー盤!『ポエム ~ ユーフォニアムとピアノのための独奏作品集』

1996年フランス出身の天才ユーフォニアム奏者、リリアン・ムランのデビュー・アルバム。超絶技巧のカルメン・ファンタジーは必聴!フランスを代表する作曲家達のレパートリーを華麗なるテクニックと温かみのある音色で奏でます
(2019/09/05)

クラシック ブラス

名古屋アカデミックウインズ~『ピース、ピースと鳥たちは歌う』

ユニークかつセンセーショナルなテーマをもって臨む名古屋アカデミックウインズ。今回は世界の吹奏楽作曲賞、作曲コンクール受賞作品集にスポットを当てた濃厚なプログラム。古今東西の入賞作がずらりと並びます
(2019/09/05)

クラシック ブラス

ワーナー・クラシックスの輸入廉価盤シリーズ『Inspiration』~2019年9月発売新譜情報(5タイトル)

ワーナー・クラシックスの輸入廉価盤"Inspiration"シリーズ新譜が5タイトル発売!バレンボイムの“ベートーヴェン:交響曲第7番&第8番”、ガヴリーロフの“J.S.バッハ:ピアノ協奏曲集”、テオ・メルテンスの『名トランペット協奏曲集』など名演がお得になりました!
(2019/08/28)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック オペラ ブラス

ユーフォニアム奏者の外囿祥一郎とパーカッショニスト、西久保友広のデュオ・アルバム!『プレリュード』

2015年結成以来精力的な活動を展開する、日本を代表するユーフォニアム奏者、外囿祥一郎とパーカッショニスト、西久保友広による異色のデュオ・アルバム!ユーフォニアムとマリンバによる楽曲を軸に、彼らが自ら委嘱した作品はもちろん、ジャンルを超えた名曲をも織りまぜて収録されています
(2019/08/26)

クラシック ブラス 国内クラシック

奇跡の公演を完全収録!アメリカ海兵隊バンド~ライブ・イン・ジャパン(2枚組)

165年振りの来日!2019年5月、「日本吹奏楽指導者クリニック」50周年を記念して浜松アクトシティ大ホールで行われた特別コンサートを完全収録したライブ盤です。かつて隊長を務めたスーザの行進曲、来日公演のための新作初演、“ぐるりよざ”などお馴染みの作品も収録
(2019/08/26)

クラシック ブラス

エマニュエル・パユ新録音!『ドリームタイム』~ペンデレツキ、ライネッケ、モーツァルト、ブゾーニ、武満徹:フルートと管弦楽のための作品集

来日記念!2019年9月から12月まで様々なアンサンブルでの日本公演が控えるエマニュエル・パユ。この新録音はライネッケやブゾーニ、ペンデレツキ、モーツァルト、武満徹のフルートと管弦楽のための作品を収録。国内盤は約1カ月の先行発売!
(2019/08/23)

クラシック ブラス 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽

現代屈指のトロンボーン奏者ヨルゲン・ファン・ライエンの新録音は現代トロンボーン協奏曲3曲!(SACDハイブリッド)

名門ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席トロンボーン奏者ヨルゲン・ファン・ライエン。5つのオーケストラの共同委嘱作品として書かれ2017年4月にコンセルトヘボウで初演されたジェーイムズ・マクミランの“トロンボーン協奏曲”をはじめ、テオ・ファーベイ、ベリオのトロンボーン協奏曲が収録されています
(2019/08/22)

クラシック ブラス 現代音楽

ナカリャコフ出演!ムジカ・ヴィヴァ・ミュンヘン・シリーズ第33巻はペーター・ルジツカの協奏曲&管弦楽作品集!(SACDハイブリッド)

2018年ムジカ・ヴィヴァ音楽祭で行われた注目のライヴ録音!ドイツの重鎮作曲家ペーター・ルジツカ自ら棒を振った2つの協奏的作品と管弦楽の大作2曲。新作“トランペット協奏曲「ループ」”ではトランペット奏者のセルゲイ・ナカリャコフがソリストを務めています
(2019/08/19)

クラシック 現代音楽 ブラス

世界屈指のトランペット奏者ホーカン・ハーデンベルガーのために書かれたトランペット協奏曲集!(SACDハイブリッド)

世界屈指のトランペット奏者ホーカン・ハーデンベルガー。ベッツィ・ジョラスの“真実の物語”はピアノ、トランペットと管弦楽のための協奏的組曲として書かれた作品で、ピアノはロジェ・ミュラロが参加しています。他にオルガ・ノイヴィルト、サリー・ビーミッシュの作品を収録
(2019/08/19)

クラシック ブラス 現代音楽

瀬尾和紀の新録音!ウェーバー:フルートのための室内楽作品集

“歌劇「魔弾の射手」”で知られる作曲家ウェーバーのフルートのための室内楽作品集。“ピアノ・ソナタ第2番”をA.E.ミュラーが編曲した“フルート・ソナタ”や、瀬尾和紀自身が編曲した“演奏会用大二重奏曲”、そして“フルート三重奏曲”が収録されています
(2019/08/16)

クラシック 国内クラシック ブラス

シャロン・カムのOrfeoデビュー・アルバム!『Contrasts クラリネット三重奏曲集』

クラリネット奏者シャロン・カムが、弟のヴィオラ奏者オリ・カムと、イスラエル出身のピアニスト、マタン・ポラットとともに様々な時代の「クラリネット三重奏曲」を収録。モーツァルトの“ケーゲルシュタット・トリオ”で始まり、抒情的なシューマンの“おとぎ話”、バルトークがベニー・グッドマンのために作曲したジャズ風の“コントラスツ”とレヒトマンの“Jazzical”に至るという独創的、かつ魅惑的なプログラム
(2019/08/14)

クラシック ブラス 協奏曲・室内楽・器楽

マクサンス・ラリューと東條茂子、清水和高の師弟共演!『モーツァルト~2本のフルートのためのオペラ・メロディーズ』(2枚組)

モーツァルトの4大オペラ(“魔笛”、“フィガロの結婚”、“ドン・ジョヴァンニ”、“後宮からの誘拐”)を2本のフルートのために編曲された二重奏曲集!演奏はフランス・フルート界の巨匠マクサンス・ラリューと東條茂子、清水和高の師弟共演!
(2019/08/13)

クラシック ブラス 協奏曲・室内楽・器楽

金管アンサンブルの雄、ジャーマン・ブラスの新録音!『トリップ・トゥ・アメリカ』

このアルバムはジャーマン・ブラスのソニークラシカルへのデビュー・アルバムとなるもので、「アメリカ旅行へのお誘い」として、バーンスタイン、ガーシュウィン、コープランド、バーバー、コール・ポーターの作品を、メンバーのマティアス・ヘフス、アレクサンダー・エアブリッヒ=クロフォードの新たなるアレンジでお届けします
(2019/08/09)

クラシック ブラス

フランスのトランペット奏者ルシエンヌ・ルノダン=ヴァリの2ndアルバム!『マドモワゼル・イン・ニューヨーク』

2019年7月の初来日公演で、辻井伸行とオーケストラ・アンサンブル金沢と共演し、華麗な演奏で注目を集めたフランス出身のトランペット奏者ルシエンヌ。ラヴェル、ミヨーに端を発し、ガーシュウイン、バーンスタインなど「フランスとアメリカ」をテーマにした2ndアルバム!
(2019/08/09)

クラシック ブラス

ウィーン・フィル首席シュッツと名手たちによる武満徹、福島和夫、マデルナ、ベリオ、メシアン

「シュッツは、どの作品でも彼の持つ暖かい音色を失うことなく、雄弁に聴かせてくれる。彼の手によって、難解と思われていた現代音楽が、愛すべきクラシック音楽のレパートリーになったと言っても過言ではないだろう」佐伯茂樹(CDブックレットより)
(2019/08/08)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽 ブラス

ストラスブール・パーカッション・グループの新録音!『RAINS~日本の打楽器作品集』

1962年に結成された歴史あるパーカッション・アンサンブル「ストラスブール・パーカッション・グループ」。今作は自主レーベルから日本の作曲家による打楽器作品集をリリースします。細川俊夫が20年ぶりに書いたという打楽器作品“祈雨(きう)”をはじめ、平義久の“イエロフォニーV”、岸野未利加の“散華”はいずれもストラスブール・パーカッション・グループによって初演された作品です
(2019/08/06)

クラシック 現代音楽 ブラス