こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

カンタン検索

クラシック

  • 新譜
    新譜
    最近リリースされた商品を検索します。
  • 予約
    予約
    今後発売予定の商品を検索します。
  • レーベル
    レーベル
    主要レーベルごとに商品を検索します。
  • 演奏家
    演奏家
    主要演奏家ごとに商品を検索します。
  • 作曲家
    作曲家
    主要作曲家ごとに商品を検索します。
  • 総合ランキング
    総合ランキング
    予約、出荷を総合して、売れている順に表示します。

オンラインショップ 売れ筋ランキング

クラシック検索

  • キーワード

  • ジャンル

  • 規格品番

  • レーベル

  • フォーマット

検索条件クリア

国内クラシックのオススメ商品情報

注目アイテム

  • ヴァイオリニスト 宮本笑里がデビュー15周年 記念アルバムをリリース!『classique deux』

    ヴァイオリニスト 宮本笑里がデビュー15周年 記念アルバムをリリース!『classique deux』

    • 2022年7月18日、ヴァイオリニスト 宮本笑里がデビュー15周年を迎えます。2007年のレコード・デビュー以来、クラシックとポピュラーの両ジャンルを横断し、リスナーに新しいヴァイオリンの音楽の楽しみ方を発信してきました。このデビュー15周年を記念した今作「classique deux」は、2018年に好評を博したヴァイオリン小品集「classique」第2弾。宮本笑里の原点であるクラシックの世界に焦点を当て、心安らぐ名曲を多数収録しています。(ソニーミュージック)
    • (2022/06/22)
  • 実相寺昭雄制作 / 朝比奈隆『ブルックナー交響曲選集』『 ブラームス・チクルス』初ブルーレイ化!

    • 実相寺昭雄制作 / 朝比奈隆『ブルックナー交響曲選集』『 ブラームス・チクルス』初ブルーレイ化!
    • 実相寺昭雄監督が撮影した朝比奈隆指揮新日本フィルによるブルックナーの交響曲選集、及びブラームス・チクルスは2010年に(株)写影からDVDで発売され話題となりましたが、入手困難な状態が続いておりました。再発売を希望される声にお応えし、アップコンバートしてブルーレイにて発売となります。その恰幅の良さ、音楽の大きさや深さは真似のできない至芸と申せましょう。アップコンバートにより画質もクリアになり、偉大な芸術をたっぷりと堪能できます
    • (2022/06/21)

    1972年の名盤が初SACD化!岩井直溥/ニュー・サウンズ・イン・ブラス [SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディション]

    • 1972年の名盤が初SACD化!岩井直溥/ニュー・サウンズ・イン・ブラス [SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディション]
    • 50年にもわたる吹奏楽の大ヒット・シリーズ「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」の記念すべき第1作(1972年8月リリース)。今回初「SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディション」化が実現。売当時の最新技術だったSQ4(4チャンネルの「クアドラフォニック」)のオリジナル4chミックス・マスター音源を日本のソニー・ミュージックスタジオにて世界で初めてDSDマスタリングを施し、SA-CD 2chもCDも再生可能なハイブリッド・ディスクでの発売となります
    • (2022/06/21)
  • 福間洸太朗と日本フィルハーモニー交響楽団メンバーによる演奏をライヴ収録!ショパン:ピアノ協奏曲第1番(弦楽五重奏版)

    藤田真央~ソニークラシカル専属第1弾!モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集 (5枚組)

    • 藤田真央~ソニークラシカル専属第1弾!モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集 (5枚組)
    • クラシックの名門レーベル、ソニークラシカルとの専属ワールドワイド契約を結んだ日本人ピアニストは藤田真央が初めて。今後藤田真央は、その多彩なレパートリーをアルバムという作品にして世界に向けて発表していくことになります。その第1弾が、2021年のヴェルビエ音楽祭(スイス)でも絶賛されたモーツァルトのピアノ・ソナタ全集(CD5枚組)。藤田真央とモーツァルトの音楽の親和性の高さは、日本での実演でも既に証明済みであり、待望の一組と言えるものです
    • (2022/05/27)
  • 反田恭平~2021年第18回ショパン・コンクール・ライヴ(2枚組)、ファーストエッセイも発売!

    • 反田恭平~2021年第18回ショパン・コンクール・ライヴ(2枚組)、ファーストエッセイも発売!
    • 内田光子に並ぶ日本人歴代最高位の第2位に輝いた反田恭平。第一次予選からファイナルまでコンクール全体を俯瞰する充実の2枚組。繊細なヴィルトゥオーゾ性を実現した第一次予選のノクターンやエチュード。印象的な速いテンポで魅せた第二次予選のワルツや「華麗なる」様式を輝かせたロンド・ア・ラ・マズル。第三次予選は『葬送ソナタ』と『英雄ポロネーズ』はもちろん、めったに聴くことのない遺作の『ラルゴ(神よ、ポーランドをお守りください)』にも注目です
    • (2022/06/30)

    NIFCより緊急リリース!小林愛実の2021年第18回ショパン・コンクール・ライヴ(2枚組)

  • ヴァイオリニスト小町碧の解説・演奏により味わうヴォーン・ウィリアムズの壮大な音楽

    • ヴァイオリニスト小町碧の解説・演奏により味わうヴォーン・ウィリアムズの壮大な音楽
    • 「揚げひばり」をはじめ、民謡からインスピレーションを得た「ロマンスとパストラル」、「イギリス民謡による6つの練習曲」、そして人生終盤の大作、ヴァイオリン・ソナタが収録されています。これらの作品から流れるのは、ヴォーン・ウィリアムズが愛したイギリスの美しい風景とメロディー。イギリス音楽のスペシャリストであるヴァイオリニスト小町碧の解説・演奏と共に、ヴォーン・ウィリアムズの壮大な音楽は親密に語りかけてきます
    • (2022/05/26)

    石川静の名盤、ミスリヴェチェクのヴァイオリン協奏曲全集がセットになって待望の復活!

    • 石川静の名盤、ミスリヴェチェクのヴァイオリン協奏曲全集がセットになって待望の復活!
    • ミスリヴェチェクは1760年代後半にパドヴァで「悪魔のトリル」で有名なタルティーニの音楽に触れ、おそらくその影響からヴァイオリン協奏曲を次々と作曲しています。また若きモーツァルトと親交も深かったとのこと。作風はタルティーニの影響が見られ、ヴァイオリン独奏の美しい旋律とオーケストラの掛け合いが実に魅力的。古典派の形式のなかにも豊かな旋律を生み出したミスリヴェチェクらしい特徴が凝縮されており、石川静が実に雄弁に奏でています!
    • (2022/05/26)
  • 坂入健司郎の名フィル・デビューライヴ!チャイコフスキー: 交響曲第4番、グラズノフ:サクソフォン協奏曲、他

    • 坂入健司郎の名フィル・デビューライヴ!チャイコフスキー: 交響曲第4番、グラズノフ:サクソフォン協奏曲、他
    • 坂入健司郎がはじめて名古屋フィルと共演した2021年ライヴ。様々な響きを引き出し、表現力の多彩さと明快な構築感で大いに魅せた充実の演奏が、プログラム丸ごと音盤でお楽しみいただけます。メインのチャイコフスキー4番は曲全体をみごとに見通して輝かしく段階的に盛り上げ、ここぞという所で予想値を超える大エネルギーを放射、圧巻のコントロールで鳴らし切った快演です。名フィル客員奏者でもある堀江裕介が巧みなソロを吹くグラズノフの協奏曲も聴きもの
    • (2022/05/17)

    石上真由子のDENONレーベル第1弾は鈴木優人との共演!ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番、ほか

    • 石上真由子のDENONレーベル第1弾は鈴木優人との共演!ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番、ほか
    • 2019年Opus Oneレーベルからデビューしたヴァイオリニスト石上真由子は、ヤナーチェクの「ヴァイオリンソナタ」をメインにしたCDをリリースし、各地でのリサイタル、コンチェルトの出演、自身が主宰する室内楽シリーズの公演等を幾度となく重ね、精力的に活動の幅を拡げている。DENONレーベル第1弾のCDは、NHK「クラシック音楽館」の収録で共演し相性の良さが出た演奏をした指揮者・ピアニスト・オルガニストの鈴木優人氏とのDUO作品
    • (2022/06/13)
  • 演奏家活動60周年記念!前橋汀子&秋山和慶/ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲、ロマンス第2番(SACDハイブリッド)

    • 演奏家活動60周年記念!前橋汀子&秋山和慶/ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲、ロマンス第2番(SACDハイブリッド)
    • 2022年に演奏家活動60周年を迎えたヴァイオリニスト、前橋汀子がかねてから録音を切望していたベートーヴェンの「ヴァイオリン協奏曲」。前橋とは長く共演を重ねてきて気心も知れた名指揮者・秋山和慶指揮するオーケストラ・アンサンブル金沢との熱気あふれるライヴ・レコーディングによって、前橋がこれまで積み重ねてきた芸術性をホールいっぱいに響かせ、ときに熱っぽく、そしてときにしなやかに愛器グァルネリをうたわせるさまを感動的にとらえたアルバムとなりました
    • (2022/05/17)

    長谷川陽子デビュー35周年記念~松本和将との共演!『ベートーヴェン/チェロ・ソナタ全曲』(2枚組)

  • 野々下由香里&小倉貴久子による待望の日本歌曲集!『愛する歌』

    • 野々下由香里&小倉貴久子による待望の日本歌曲集!『愛する歌』
    • BCJのソリストとして古楽シーンで活躍すると同時に、日本人作曲家による新たな創造にも積極的に寄与してきた野々下由香里による、待望の日本歌曲集。近代西洋音楽を急速に取り込んだ戦前の名作と、幅広い層に愛される現代の作曲家・木下牧子の表題作によって、独自の発展を遂げた「日本歌曲」に光をあてる。橋本國彦《舞》は初稿にもとづく蘇演録音。(コジマ録音)
    • (2022/05/25)

    初出!内田光子によるベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30~32番 2009年パリ・ライヴ

    • 初出!内田光子によるベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30~32番 2009年パリ・ライヴ
    • スペクトラム・サウンドがラジオ・フランスと正規ライセンス契約でCD化。音源はFrance Musique(Radio France が所有および運営する公共ラジオ・チャンネル)が録音した正規初出音源です。内田光子が2009年9月パリで行ったライヴからベートーヴェンの後期三大ソナタを収録。内田は2005年5月にセッション収録しており、誉れ高き名盤として知られます。気品に満ちた内田の演奏はここでも際立ち、3曲通して聴き手を別世界へと連れていくような名演を示しています
    • (2022/05/17)
  • BCJ首席指揮者・鈴木優人弾き振りによるバッハのチェンバロ協奏曲集第2弾(SACDハイブリッド)

    • BCJ首席指揮者・鈴木優人弾き振りによるバッハのチェンバロ協奏曲集第2弾(SACDハイブリッド)
    • チェンバロ協奏曲第1、2、5、8番を収めた第1弾はレコード芸術「特選盤」、毎日新聞「特薦盤」、読売新聞「推薦盤」など各誌・各紙で高く評価されました。第2弾となる当アルバムにはブランデンブルク協奏曲第4番のヴァイオリンがチェンバロに置き換えられたチェンバロ協奏曲第6番、原曲がオーボエ・ダモーレをソロとした協奏曲と考えられる第4番、ヴァイオリン協奏曲第1番が原曲の第7番、そしてヴァイオリン協奏曲第2番が原曲の第3番の4篇を収録しています
    • (2022/05/18)

    江崎浩司が残した最後の録音/ヤコブ・ファン・エイク:笛の楽園 Vol.8 全曲プロジェクト完結!

  • 読売日本交響楽団の首席トランペット奏者、辻本憲一の初ソロ・アルバム!『トランペット作品集』

    館野泉による『母に捧げる子守唄~左手のためのピアノ小品集~』(SACDハイブリッド)

  • 井上道義&ロイヤル・フィルによる名演がSACDハイブリッド化!マーラー:交響曲第4番、第5番、第6番“悲劇的”(3枚組SACDハイブリッド)

    小菅優の新録音!藤倉大:ピアノ協奏曲第3番“インパルス”&ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調(SACDハイブリッド)

国内クラシックの注目アイテムをもっと見る

ロングセラー

通常価格
¥3,300
まとめてオフ
¥2,640
価格
¥3,300
価格
¥3,300
通常価格
¥3,190
セール価格
¥2,711