こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

世界初録音!『エンニオ・モリコーネ:ヴァイオリンと管弦楽のための「シネマ組曲」』~指揮は息子アンドレア・モリコーネ!

エンニオ・モリコーネが亡くなる直前に完成させた、自らの映画音楽再構成版“ヴァイオリンと管弦楽のための「シネマ組曲」”が世界初録音!ヴァイオリンはモリコーネと20年にわたり共演してきたマルコ・セリーノ、指揮は作曲家の次男であり共作者でもあるアンドレア・モリコーネ
(2021/11/25)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽 クラシック オムニバス サウンドトラック

ディズニーが贈るミュージカル・ファンタジー『ミラベルと魔法だらけの家』オリジナルサウンドトラック日本版が12月17日発売|タワレコ先着特典クリアファイル

ミュージカルの楽曲を手掛けたのは、舞台「ハミルトン」や「イン・ザ・ハイツ」でトニー賞®やグラミー賞®などを多数受賞し、『モアナと伝説の海』でアカデミー賞®にノミネートされたリン=マニュエル・ミランダ。スコアはジャーメイン・フランコ(『リメンバー・ミー』)。日本版CDにはナオト・インティライミによる日本版エンドソング「マリーポーサ ~羽ばたく未来へ~」収録
(2021/11/25)

サウンドトラック

大野雄二/You & Explosion Band|『ルパン三世 1977~1980 ORIGINAL SOUND TRACK ~for Audiophile~』SACDハイブリッド化!

アニメ化50周年!「ルパン三世」のサウンドトラック史上初のSACD化が実現!日本コロムビアの南麻布スタジオにて、貴重なオリジナル・マスターテープを用いて、SACD層用とCD層用のそれぞれに最適となる別々のマスタリングを実施。ルパンの音楽を熟知する日本コロムビアのエンジニア、山下由美子の手腕によって、アナログ・マスターテープのサウンドを最大限に尊重しながら、繊細かつ自然、迫力充分なサウンドを実現。
(2021/11/22)

J-Pop ジャズ サウンドトラック アニメ/ゲーム

オリジナルサウンドトラック『Cowboy Bebop (Soundtrack from the Netflix Series) -Extended』12月8日発売

原作アニメに引き続き、音楽は菅野よう子、演奏はSEATBELTSが担当。アルバムには実写版のために書き下ろされたオリジナル曲が多数収録されているほか、菅野よう子ディレクションのもと、原作アニメで使用された楽曲のアップデートバージョンや、新たに録音されたスペシャルバージョンも収録。
(2021/11/16)

サウンドトラック アニメ/ゲーム

サウンドトラック名盤群貴重盤、少数限定入荷|『死亡遊戯』『女性上位時代』『気狂いピエロ』他!

日本のみのリリースを含む、貴重かつ人気のサウンドトラック・タイトル群が、限定少数再入荷。この機会をお聞き逃しなく!
(2021/11/12)

サウンドトラック

Mark Isham(マーク・アイシャム)音楽、Rutger Hauer(ルトガー・ハウアー)主演1986年作品|映画『The Hitcher(ヒッチャー)』のオリジナル・サウンドトラックCD発売

映画本編は30年以上ぶりのリヴァイヴァルとなり、その戦慄を映画ファンが再確認したサイコ・サスペンス・アクションの80年代クラシック『ヒッチャー』、マーク・アイシャムによる冷ややかに乾いたシンセサウンドが心に残る名スコアのサウンドトラックも、ほぼ30年ぶりにリリース!
(2021/11/10)

サウンドトラック

Jerry Goldsmith(ジェリー・ゴールドスミス)音楽、Ridley Scott(リドリー・スコット)監督1985年作品|映画『Legend(レジェンド/光と闇の伝説)』のオリジナル・サウンドトラック拡張盤2CD発売

ジェリー・ゴールドスミスの人気高いファンタジー・スコア、フィルム・スコアとアルバム用マスターの新たなるリマスターで、ミュージック・ボックス・レコーズより限定リリース
(2021/11/02)

サウンドトラック

NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』オリジナル・サウンドトラックの劇伴コレクション Vol.1とジャズ・コレクションが12月8日同時発売

「劇伴コレクション Vol.1」を手掛けるのは米米CLUBのメンバーとしておなじみの金子隆博が担当、メインテーマにはジャズ界のレジェンド渡辺貞夫が特別参加
(2021/11/01)

J-Pop サウンドトラック ジャズ

John Barry(ジョン・バリー)音楽、Blake Edwards(ブレイク・エドワーズ)監督1974年作品|映画『The Tamarind Seed(夕映え)』のオリジナル・サウンドトラック初CD化

ジュリー・アンドリュース、オマー・シャリフ主演のロマンティック・スリラーの人気作、ウィルマ・リーディング歌うソウルフルな主題歌メインに、バリーお得意の美しいスコアが展開。初公式アルバム化!
(2021/10/27)

サウンドトラック

Daniele Patucchi(ダニエル・パトゥッキ)音楽、Mario Morra(マリオ・モッラ)監督1983年作品|映画『Dimensione Violenza(グレートハンティング'84)』のオリジナル・サウンドトラック初CD化

前2作も美しいサントラ名盤の<グレートハンティング>シリーズのマリオ・モッラが7年ぶりにまとめた残酷ドキュメントが邦題『グレートハンティング'84』として公開されたが、ダニエル・パトゥッキの哀愁漂う美しいフュージョン・サウンドは、唯一無二の名曲の数々。今回、LP時代より大幅音源追加の拡張盤としてCD化!
(2021/10/25)

サウンドトラック

Ennio Morricone(エンニオ・モリコーネ)音楽、Mauro Severino(マウロ・セヴェリーノ)監督1969年作品|映画『VERGOGNA SCHIFOSI』のオリジナル・サウンドトラック拡張盤

1969年、エンニオ・モリコーネの作品の中でも、ラウンジ&モンドな激レア盤として知られ、1度CD化されたのみであった貴重かつ代表作のひとつといえる『VERGOGNA SCHIFOSI』。サントラに追加音源が加わった、ファン必携盤、限定リリース!
(2021/10/14)

サウンドトラック

服部克久|サウンドトラック『幸福号出帆』よりMUROセレクトの2曲を7インチレコード化!12月22日発売

巨匠服部克久が手掛け1980年に発表されたサウンド・トラック「幸福号出帆」。市場では中々お目にかかる事が無いレアなサントラより2曲をMUROが選曲し、待望の初アナログ7インチ化!
(2021/10/13)

J-Pop サウンドトラック

Nico Muhly(ニコ・マーリー)|日本映画『太陽の子』(黒崎博監督/柳楽優弥主演)のためのスコアとして制作されたサウンドトラック作品『Gift of Fire』日本限定CD化

ビョークからスフィアン・スティーヴンスまで名だたるアーティストとのコラボで知られるニコ・マーリーの新作は、太平洋戦争末期の知られざる“日本の原爆研究”を題材にした映画 『太陽の子』のために作られた心揺さぶる美しきスコア
(2021/10/08)

ヒーリング/ニューエイジ サウンドトラック ジャズ

101ストリングス(101 Strings) |10タイトル同時リリース。10月6日発売

オーソドックスなイージーリスニングの愉しみ。7月に10タイトルCD化され、好評を博しての第2弾、10タイトル。映画音楽から世界の旅まで、ロマンティックな世界をお楽しみください。
(2021/10/26)

サウンドトラック

服部克久が音楽を手掛けた『江戸の旋風 ミュージックファイル』CDが奇跡の再入荷!

70年代にフジテレビ系列で放映されていた時代劇シリーズ「同心部屋御用帳 江戸の旋風」。50年代後半から活躍し、お茶の間に数多くの作品を送り出した稀代の作曲家・服部克久による同ドラマのサウンドトラック盤CDが奇跡の再入荷!スリリングなジャズ・ファンクからドリーミィなメロウ・グルーヴまで、華麗なオーケストレーションによって紡がれた珠玉の全22曲を収録
(2021/10/01)

J-Pop サウンドトラック

高木正勝が手掛ける『連続テレビ小説「おかえりモネ」オリジナル・サウンドトラック 第2集』が10月29日発売

清原果耶主演の連続テレビ小説「おかえりモネ」オリジナル・サウンドトラック第2集。 音楽を手掛けるのは高木正勝。坂本美雨、アン・サリー、岡田寝具参加
(2021/10/01)

サウンドトラック J-Pop

劇場版『きのう何食べた?』オリジナル・サウンドトラックが11月3日発売

シロさん(西島秀俊)とケンジ(内野聖陽)が帰ってくる!心もお腹も満たす 大人気ドラマ「何食べ」がついに映画化!音楽を手掛けるのは澤田かおり。
(2021/09/29)

サウンドトラック J-Pop

John Williams(ジョン・ウィリアムズ)音楽、Clint Eastwood (クリント・イーストウッド)監督・主演|映画『アイガー・サンクション』のオリジナル・サウンドトラック2枚組

1975年、クリント・イーストウッド監督が主演し、ジョージ・ケネディ、ヴォネッタ・マギー、ジャック・キャシディらが出演したスパイ・アドベンチャー/スリラー。70年代の大人のジョン・ウィリアムズ・スコアの代表作!
(2021/09/29)

サウンドトラック

Benj Pasek(ベンジ・パセク)& Justin Paul(ジャスティン・ポール)音楽|映画『ディア・エヴァン・ハンセン』のオリジナル・サウンドトラック

『ラ・ラ・ランド』や『グレイテスト・ショーマン』の音楽を手掛けた製作陣が、トニー賞、グラミー賞、エミー賞などを受賞した名作ミュージカルを映画化した『ディア・エヴァン・ハンセン』。同作品のオリジナル・サウンドトラック
(2021/09/28)

サウンドトラック