こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

実力派ソプラノ、天羽明惠が待望のソロアルバム「R.シュトラウス 4つの最後の歌」をリリース

ドイツ歌曲評論の大家、喜多尾道冬氏絶賛!激動の時代を生き抜く「女性の愛」を描き出す名唱。「〈夕映えのなかで〉(《4 つの最後の歌》終曲)では、世のどんな混迷にもめげず力強く生き、人生を全うし、愛する相手と“静かな平和”を深々と呼吸する。その満足感に、身震いするほどの真実感がこもる。」(喜多尾道冬氏のライナーノーツより)
(2020/10/16)

クラシック オペラ

幸福な王子、クリスマス・キャロル…1940年代ハリウッドで作られたクリスマス物語集!(2枚組)

1940年代のハリウッドの作曲家たちによるクリスマス物語集。ナレーターはオーソン・ウェルズ(『幸福な王子』)、ビング・クロスビー(『The Small One』)、ロレッタ・ヤング(『The Littlest Angel』)、ロナルド・コールマン(『クリスマス・キャロル』)、チャールズ・ロートン(『ミスター・ピックウィックのクリスマス』)など有名人が名を連ねています!CD2枚組
(2020/10/16)

クラシック オペラ クラシック オムニバス

サザーランド自選録音集~未発表写真、衣装デザインなどを収めたブックレットも充実!

2020年10月10日で没後10年を迎えたソプラノ歌手ジョーン・サザーランド。サザーランド自身がお気に入りだった録音曲を集めたアルバムが発売されます。指揮はすべて夫であり師であったリチャード・ボニングによるものです。ブックレットは選ばれた曲のすべてのオリジナル・ジャケットのほか、未発表写真や衣装デザイン、新規ライナーノーツが収められ、充実した内容となっています
(2020/10/16)

クラシック オペラ クラシック オムニバス

リリングの名演を中心としたヘンデルの宗教曲がお買い得BOXになって登場!『ヘンデル:宗教曲集』(10CD+1DVD)

ヘンスラー・レーベルの音源を中心としたヘンデルの宗教曲集が登場!その中心はヘルムート・リリングの名演で構成されており、オラトリオ“メサイア”(1997年録音)、オラトリオ“サウル”、オラトリオ“ベルシャザル”など、充実の作品が揃いました。今回のセットではモーツァルト編の“メサイア”のライヴ映像も収録
(2020/10/16)

クラシック 古楽・バロック オペラ

20世紀フランスの作曲家ナディア・ブーランジェが指揮、チェンバロ、ピアノを務めた米デッカ録音を初集成!(5枚組)

モンテヴェルディからフランス・バロック期の珍しい作品を経てブラームスまで、ナディア・ブーランジェが戦後、アメリカ・デッカに行った録音がオリジナル・テープから初CD化されます。新規リマスタリングされ、全曲まとめての発売は初めてとなります。ナイジェル・シメオネによるライナーノーツ付き。オリジナル・ジャケット仕様
(2020/10/15)

クラシック 古楽・バロック オペラ

世界中の聖母マリアにまつわる作品を集めたBOX!『アヴェ・マリア マリアへの賛歌』(10枚組)

グレゴリオ聖歌から、ペルトまでの世界中の聖母マリアにまつわる作品を集めたBOX。バッハ/グノー、シューベルトなどの名曲から、知られざる作品まで、世界中から愛される聖母マリアへの賛歌が収められています
(2020/10/14)

クラシック オペラ 古楽・バロック

初映像化!ダントーネ&アカデミア・ビザンチナによるバロック期の作曲家チェスティ:歌劇“ラ・ドーリ”

チェスティの歌劇“ラ・ドーリ、または高貴な奴隷”は、ユーフラテス川沿いのバビロンを舞台にした物語。この映像は2019年、チェスティの没後350年を記念して、作曲家所縁の地インスブルックで、ダントーネ&アカデミア・ビザンチナにより上演されました。今回、初映像化。日本語字幕付き
(2020/10/14)

クラシック オペラ 古楽・バロック

初映像化!ベルリン・コーミッシェ・オーパーによるヴァインベルガー:喜歌劇“春の嵐”

ヤロミール・ヴァインベルガーによるオペレッタ“春の嵐”は、1933年にベルリンで初演されたのもつかの間、ナチスによって上演継続を禁止され、そのスコアもほぼ失われました。今回ベルリン・コーミッシェ・オーパーによる上演のためにノーベルト・ビアマンがピアノ譜や残存するパート譜から作品を再構成、編曲し、人気演出家バリー・コスキーが演出を担当した87年ぶりのこの作品の蘇演の舞台は大きな話題となりました。今回、初映像化。日本語字幕付き
(2020/10/14)

クラシック オペラ

ヘンゲルブロック&バルタザール=ノイマン合唱団~ヨーロッパのクリスマス

トーマス・ヘンゲルブロックと彼が設立したバルタザール=ノイマン合唱団による新録音は、ヘンゲルブロックが選曲した、ラテン語、フランス語、スペイン語、ノルウェー語など、ヨーロッパの多く国から16の言語で歌うクリスマス・キャロル集
(2020/10/12)

クラシック オペラ 古楽・バロック

アンドレア・ボチェッリ/Believe~愛だけを信じて 輸入盤は3仕様で発売!

本作のコンセプトをボチェッリは「信じる心」、「希望」、「思いやり」としています。多くの人々が苦しい状況に置かれている現在において、音楽を通じ人々の魂を癒したいという想いから、楽曲は子ども時代から親しんでいた讃美歌からエンニオ・モリコーネの貴重な未発表曲まで幅広くセレクト。「アメイジング・グレイス」や「アヴェ・マリア」など、親しみやすい楽曲も数多く収録されています
(2020/10/07)

クラシック オペラ クラシック オムニバス

Naxos~2020年11月第1回発売新譜情報(9タイトル)

今回は、スペクトラム・コンサーツ・ベルリンが演奏するコルンゴルトの“組曲&ピアノ五重奏曲”、ベートーヴェンのチェロ・ソナタ第3番と“クロイツェル”を弦楽合奏の伴奏で演奏した『リ・コンポーズド』、ファレッタ&バッファロー・フィルによるフローラン・シュミットの“バレエ音楽「サロメの悲劇」”など世界初録音を含むCD9タイトルがリリースされます
(2020/10/07)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 現代音楽

テ・カナワ、グルベローヴァ、バトル…豪華配役のロンバール指揮 モーツァルト“魔笛”全曲が初CD化!

ロンバールはライン歌劇場の音楽監督時代の1978年にフランスのバークレー・レーベルへ『魔笛』を録音しました。キリ・テ・カナワ、ペーター・ホフマン、エディタ・グルベローヴァ、キャスリーン・バトル、クルト・モル他、まさに宝石のような驚くべき配役陣!さらに驚くことにこの録音は今までCD化されていませんでした。このバークレー録音が今回デッカより初めてCDとして2枚組で発売されます
(2020/10/06)

クラシック オペラ

〈タワレコ限定・高音質〉Altus x TOWER RECORDS第4弾 ワルター&ウィーン・フィル 1960年告別演奏会(SACDシングルレイヤー)

INAに唯一現存するオリジナル・アナログマスターテープから96kHz/24bit化を行ったマスターを基に最新のリマスターを施し、Altusの斎藤啓介氏による最新のマスタリングを経てSACD化。マーラー生誕100年に湧く1960年5月、楽友協会で行われたワルターとウィーン・フィル最後の演奏会の記録が現代に蘇る!
(2020/10/06)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 オペラ

エリーナ・ガランチャが初めてのリート・アルバムをリリース!シューマン:女の愛と生涯&ブラームス:歌曲集

ガランチャ初のソロ・リサイタル・アルバムは、愛への献身をテーマにしたシューマンの“女の愛と生涯”。カップリングは様々な感情や心の機微を表現したブラームスの歌曲集。ピアノ伴奏はマルコム・マルティノー
(2020/10/06)

クラシック オペラ

マッケラスがスコットランド室内管と共にLINN RECORDSに残したモーツァルトの集大成BOX!『サー・チャールズ・マッケラス・コンダクツ・モーツァルト』(5枚組)

チャールズ・マッケラスがスコットランド室内管弦楽団と共にLINN RECORDSに残したモーツァルトの集大成5枚組BOX!演奏当時大きな話題となったレヴィン版“レクイエム”に、「2009 BBC Music Magazine Awards」年間最優秀賞を受賞した後期交響曲集を含む、交響曲9曲が収められています
(2020/10/06)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 オペラ

ドロテー・ミールズの新録音はヘンデルがロンドンで作曲した音楽を集めた『ヘンデルのティー・タイム』

ソプラノ歌手ドロテー・ミールズの最新録音『ヘンデルのティー・タイム』では、ピリオド楽器アンサンブルのフライタークスアカデミー」と組んで、ヘンデルがロンドンで作曲した音楽をコンパイル。ヘンデルが最初に英語で書いたカンタータ“ヴィーナスとアドニス”、詩的な表現力に長けた“私の胸は騒ぐ”“英語の歌(バッカスと携挙)”と“ドイツ語のアリア集”など、ロンドンの音楽界で確固たる人気を得るきっかけとなった名作を収録しています
(2020/10/05)

クラシック 古楽・バロック オペラ

ベートーヴェン生誕250 周年にラトル&ロンドン響が贈るオラトリオ“オリーブ山上のキリスト”(SACDハイブリッド)

ベートーヴェン唯一のオラトリオ「オリーブ山上のキリスト」。最後の晩餐の後、祈りを捧げるキリストが捕えられるまでを描いた作品をラトル&ロンドン響によって2020年初めに行われた公演のライヴ録音。ラトルは、ベートーヴェンの作品に込められた苦悩・孤独・普遍的な愛への憧憬を見事に表現しています。ルザ・ドライシヒ、フロリアン・ベッシュ他豪華な歌手陣にも注目です
(2020/10/02)

クラシック オペラ 交響曲・管弦楽曲

ヤノフスキ&ドレスデン・フィルがプッチーニの歌劇“外套”を録音!(SACDハイブリッド)

精力的に演奏録音活動を行う巨匠マレク・ヤノフスキ。ドレスデン・フィルとの共演盤、“カヴァレリア・ルスティカーナ”に続く第2弾はプッチーニの“外套”!ジョルジェッタ役のメロディ・ムーア、ルイージ役のブライアン・ジャグデ、ミケーレ役のレスター・リンチなどの豪華なソリストが参加しています
(2020/10/01)

クラシック オペラ

アンドレア・ボチェッリ/Believe~愛だけを信じて「アメイジング・グレイス」「アヴェ・マリア」を収録!

本作のコンセプトをボチェッリは「信じる心」、「希望」、「思いやり」としています。多くの人々が苦しい状況に置かれている現在において、音楽を通じ人々の魂を癒したいという想いから、楽曲は子ども時代から親しんでいた讃美歌からエンニオ・モリコーネの貴重な未発表曲まで幅広くセレクト。「アメイジング・グレイス」や「アヴェ・マリア」など、親しみやすい楽曲も数多く収録されています
(2020/10/07)

クラシック オペラ クラシック オムニバス

フルトヴェングラーのデモーニッシュな名演《ドン・ジョヴァンニ》(54年ライヴ)チェトラ社マスターテープから初CD化!

巨匠がザルツブルク音楽祭で遺したモーツァルト3大オペラ。このなかでもっとも評価が高いのが《ドン・ジョヴァンニ》。50年盤(ゴッビ、シュヴァルツコップの共演)、53年盤(騎士長以外は54年盤と同じ)、本54年盤、54年映画(シュヴァルツコップがデラ・カーザに交代)と4種のこされた音源のうち、もっとも歌手が揃っていて、音質も最高の54年盤の登場!
(2020/09/30)

クラシック オペラ