こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

アンナ・プロハスカの新録音は「失楽園」をテーマにセレクトされた歌曲集!

ソプラノのアンナ・プロハスカが楽園からの追放(失楽園)をテーマに、ロマン派から近代、そして20世紀に至る各時代から選曲した歌曲を収めたアルバム。シューベルト、ラフマニノフ、ドビュッシー、ラヴェル、メシアン、アイスラーなどが収録され、ピアノ伴奏にはボストリッジとの数多くの共演で知られるジュリアス・ドレイクが務めています
(2020/02/20)

クラシック オペラ 現代音楽

2014年ウィーン国立歌劇場ライヴ~ティーレマン指揮R.シュトラウス“ナクソス島のアリアドネ”

2014年10月ウィーン国立歌劇場で行われたティーレマン指揮『ナクソス島のアリアドネ』のBlurayとDVDが発売されます。DVDは、「ウィーン国立歌劇場150周年記念ボックス」(KKC9457)に収録されていましたが、Blurayは初リリースです
(2020/02/19)

クラシック オペラ

ヴェルディ音楽祭2019で上演!チャンパ&アルトゥーロ・トスカニーニ・フィル~ヴェルディ“歌劇「ナブッコ」”

ヴェルディ音楽祭2019で上演!香港の映画監督ウォン・カーウァイの映画「2046」にインスパイアされた“ナブッコ”。演劇畑出身のステファーノ・リッチとジャンニ・フォルテによるユニークな読み替え演出です。日本語字幕付き
(2020/02/19)

クラシック オペラ

フィレンツェ五月音楽祭劇場の新プロダクション!レオンカヴァッロ“歌劇「道化師」”

2019年9月にフィレンツェ五月音楽祭劇場で上演されたレオンカヴァッロの歌劇“道化師”。ガンギとジャコマッツィの演出は、仄暗い照明を効果的に用いて劇中劇の舞台上の観客とオペラ会場が一体化する演劇空間を見事に創り出しています。カルロ・フェリーチェ劇場との共同制作によるフィレンツェ五月音楽祭劇場の新プロダクション。日本語字幕付き
(2020/02/19)

クラシック オペラ

CPO レーベル~2020年3月発売新譜情報(8タイトル)

知られざる名曲の発掘、古楽から現代まで幅広く揃えたコレクション、高品質の録音で人気を誇るドイツのCPOレーベル。今回はクロンマーの交響曲集第3集、テレマンの“マルコ受難曲”、パッヘルベルのマニフィカト集、クロアチアの国民的歌劇、ゴトヴァツの“いたずら者エロ”、再発盤をBOX化したエルンスト・トッホの“弦楽四重奏曲集”(4枚組)などCD8タイトルがリリースされます
(2020/02/18)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック オペラ ブラス

パッパーノ&英国ロイヤル・オペラ2018/19シーズンのオープニングを飾ったワーグナー“楽劇《ワルキューレ》”の映像が登場!

英国ロイヤル・オペラ2018/19シーズンのオープニングを飾った“ワルキューレ”が映像作品として登場。ジョン・ランドグレン、ニーナ・シュテンメ、エミリー・マギー、スチュアート・スケルトンといった豪華歌手陣が出演!日本語字幕付き
(2020/02/17)

クラシック オペラ

レンツェッティ&カリアリ歌劇場によるレスピーギの知られざる“メルヘン・オペラ《眠りの森の美女》”

当時名声を馳せていた操り人形団「テアトロ・ディ・ピッコロ」が“眠りの森の美女”に付ける音楽をレスピーギに依頼。レスピーギは1934年にこれを歌劇へと改変しました。2017年に収録されたこの映像は、オリジナルの「人形劇」のテイストを生かしつつ、瀟洒な衣装や美しい照明を用いて、更に幻想的な物語としての仕上がりを見せています。日本語字幕付き
(2020/02/17)

クラシック オペラ

約30年ぶりにメトで上演された話題のオペラ“ポーギーとベス”の2019年ライヴCD!

この2019年の秋に行われた公演は、メトでのそれまでの興行記録を破り、これまでに前例のない2020年2月に追加公演も行われました。その2020年2月1日の公演は、日本でも2020年4月の「METライブビューイング」で上映されることが決まっています。20ページブックレット付き。なお、歌詞対訳は付属しません
(2020/02/14)

クラシック オペラ

イアン・ボストリッジ、アントニオ・パッパーノ/ベートーヴェン:歌曲・民謡編曲集

ベートーヴェン生誕250年記念録音!現代最高のテノール、ボストリッジが歌うロマンティックな歌曲集は、パッパーノのピアノでの表現も絶品!2019年10月2-4日、ロンドン、ハムステッド、セント・ジュード・オン・ザ・ヒル教会での録音
(2020/02/14)

クラシック オペラ

ネトピル&エッセン歌劇場、M.シュミットのウェーバー:歌劇“魔弾の射手”全曲

チェコ出身の注目の指揮者トマーシュ・ネトピルによるこの演奏は、もともとの物語の舞台が"ボヘミアの深い森の中"であることを意識させる重厚な音作りが魅力的。2018年の上演が人気を博したため、2019年にも再演されたエッセン歌劇場の人気演目です
(2020/02/14)

クラシック オペラ

ワシリー・ペトレンコ&RLPOのエルガー第4弾はキャスリン・ラッジが歌う“海の絵”!

第4弾では、「イギリスでもっとも輝かしき若きメゾの一人」(WhatsOnStage)と称されるリヴァプール出身のメゾ・ソプラノ歌手、キャスリン・ラッジが参加。管弦楽伴奏付きのメゾ・ソプラノ(コントラルト)のための歌曲集「海の絵」と、メゾ・ソプラノ独唱、合唱と管弦楽のための「ミュージック・メイカーズ」をカップリング
(2020/02/14)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 オペラ

ミヒャエル・ギーレン&ウィーン放送響~ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス 1985年ライヴ!

今回登場のギーレン追悼&ベートーヴェン生誕250年記念アルバムは、ギーレンが得意のベートーヴェン“ミサ・ソレムニス”を1985年にウィーンで演じた際のライヴ録音。ご承知のようにギーレンのキャリアの振り出しはウィーン国立歌劇場の練習指揮者であり、ウィーン流儀を体得した指揮者ならではの名演が期待されます!
(2020/02/13)

クラシック オペラ

180グラム重量盤でLP化!ジョン・エリオット・ガーディナー~J.S.バッハ:マタイ受難曲

サー・ジョン・エリオット・ガーディナーがこのJ.S.バッハの『マタイ受難曲』を録音してから30年、今でもカタログに画期的な録音としてその名をとどめています。ガーディナーのこの作品に対するアプローチはもちろん、一流のソリストたち、卓越したモンテヴェルディ合唱団、輝かしいイングリッシュ・バロック・ソロイスツも称賛されています
(2020/02/13)

クラシック 古楽・バロック オペラ

ヤノフスキ&ドレスデン・フィルがマスカーニの歌劇“カヴァレリア・ルスティカーナ”を録音!(SACDハイブリッド)

精力的に演奏録音活動を行う巨匠マレク・ヤノフスキ。注目の新譜はドレスデン・フィルとの共演で、間奏曲があまりにも有名なマスカーニの歌劇“カヴァレリア・ルスティカーナ”を全曲収録しました。ブライアン・ジャッジ、メロディ・ムーアといったヤノフスキが信頼を寄せる歌手陣が参加
(2020/02/12)

クラシック オペラ

ソプラノ歌手バーバラ・ハンニガンの歌と指揮による、ノーノ&グリゼーの歌曲とハイドン“交響曲第49番”

現代音楽を得意とするカナダ出身のソプラノ歌手バーバラ・ハンニガン。新録音では「受難」をテーマに、ノーノの歌曲“ジャミラ・ブーパシャ”とグリゼーの歌曲“戸口を抜けるための四つの歌”と、ハンニガンが指揮を務めた、ハイドンが受難節の音楽をもとに仕上げたとも言われる“交響曲第49番”を収録
(2020/02/12)

クラシック 現代音楽 オペラ 交響曲・管弦楽曲

Naxos~2020年3月発売新譜情報(16タイトル)

今回は、セーゲルスタム&トゥルク・フィルによるベートーヴェンの知られざる2曲のカンタータ集、ヴァインベルクのクラリネット作品集、カンザス大学ウィンド・アンサンブルによる『21世紀アメリカの吹奏楽作品集』、ヨハン・シュトラウス2世の喜歌劇“おにごっこ”など世界初録音を含むCD16タイトルがリリースされます
(2020/02/06)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 古楽・バロック 現代音楽 ブラス

ビエロフラーヴェクのドヴォルザーク:聖書の歌&フルシャの同:レクイエム&テ・デウム

このリリースは2017年に71歳で惜しくも亡くなったチェコの指揮者イルジー・ビエロフラーヴェクがチェコの傑作をデッカに行った最後の録音シリーズのひとつです。ビエロフラーヴェクの死後、シリーズは弟子のヤクブ・フルシャに引き継がれました
(2020/02/05)

クラシック オペラ

パーヴォ・ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィルによるブラームスの“ドイツ・レクイエム”初演150年記念コンサート!

“ドイツ・レクイエム”は1868年4月10日にブレーメン大聖堂で(第1稿/ 第5曲を除く)が初演されました。ブレーメンを本拠地とするドイツ・カンマーフィルとパーヴォ・ヤルヴィは、初演からちょうど150年後にあたる、2018年4月10日にブレーメンの聖ペトリ大聖堂で“ドイツ・レクイエム”を演奏。その記念コンサートのライヴ映像が発売!
(2020/02/05)

クラシック オペラ

アラルコン&カペラ・メディテラネアによるドラーギの歌劇“エル・プロメテオ”補完蘇演録音!(2枚組)

イタリア生まれ、オペラの作曲家としても多くの作品を発表したアントニオ・ドラーギ。ウィーンの図書館に残されている全3幕のオペラ“エル・プロメテオ”は第1幕、第2幕は現存するものの、第3幕については台本のみで楽譜は紛失していました。この失われた第3幕をアラルコンが当時の音楽作りに合わせて大幅に補筆し蘇演した版が今回のCDに収められています
(2020/02/04)

クラシック オペラ 古楽・バロック

現代最高のバリトン、ゲルネのDG移籍第1弾!新鋭リシエツキとのベートーヴェン/歌曲集

現代最高のバリトン歌手の一人で、シュヴァルツコップとフィッシャー=ディースカウというドイツ・リートの双璧の遺伝子を継ぐドイツ・リートの第一人者といえるマティアス・ゲルネ。円熟を迎えた彼が、キャリアの総決算としてドイツ・グラモフォンでの録音を開始しました
(2020/01/31)

クラシック オペラ