こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

タイ・バンコクのレーベルからトライバル & エキゾな瞑想アンビエント / エレクトロニック・コンピ『Vinyan Tape』が登場

2020年にバンコクを拠点とするレーベルとして立ち上げられたSiamese Twinsより、レーベル・サンプラー的な8曲入りカセット・テープが限定50本でリリース
(2021/01/18)

ヒーリング/ニューエイジ ソウル/クラブ/ラップ

Galdre Visions|LEAVING RECORDSから女性ニューエイジ / アンビエント作家によるスーパーグループが始動

2021年現行ニューエイジ / アンビエントの重要作品間違いナシの強烈なデビューアルバム。KAITLYN AURELIA SMITH好きは絶対マスト
(2021/01/18)

ヒーリング/ニューエイジ ソウル/クラブ/ラップ

Wau Wau Collectif(ワウ・ワウ・コレクティフ)|セネガル発フューチャリスティックなアヴァンギャルド・サウンドを掲示する注目バンドによるデビュー作『Yaral Sa Doom』登場

ヒプノティックなパーカッションがループし、コール&レスポンスやチャント、電子ビートが重層的なレイヤーをなす摩訶不思議なアンビエント・サウンド
(2021/01/13)

K-POP/ワールド ジャズ ヒーリング/ニューエイジ

Pauline Anna Strom(ポーリーン・アンナ・ストローム)|先日惜しくも他界した、ニュー・エイジ〜アンビエントの伝説的存在である盲目の電子音楽家のおよそ32年ぶりとなる新作『Angel Tears In Sunlight』

パイオニアとしての貫禄と、現代的なアップデートも相まって、過去と未来を横断し浮遊していくようなニュー・エイジ~アンビエント・サウンドは色褪せるどころか新鮮さに満ちた作品
(2021/01/05)

ヒーリング/ニューエイジ

SHABASON, KRGOVICH & HARRIS(シャバソン、ケルゴヴィッチ&ハリス)|カナダの洗練ポップ職人ニコラス・ケルゴヴィッチによるアンビエント・ポップ・プロジェクトによる作品『Philadelphia』

みずみずしい透明感とスムースなグルーヴ、脇を固めるアンビエント濃度濃いめのシンセサイザーや、抑制されたパーカッションがとにかく心地良い
(2021/01/04)

ヒーリング/ニューエイジ ロック/ポップス

Peter Broderick(ピーター・ブロデリック)|「家族」をテーマにした5年ぶりのヴォーカル・アルバム『Blackberry』

2019年の夏、当時住んでいたロンドンの自宅のベッドルームでレコーディングした、彼いわく「エクスペリメンタル・ベッドルーム・フォーク・ポップ」。本作において、「家族」および「社会的動物としての我々が必要とするつながり」を主題として、私たちを救いも破滅させもするテクノロジーについて彼は歌っている
(2021/01/04)

ヒーリング/ニューエイジ ロック/ポップス

Nils Frahm(ニルス・フラーム)|2018年の伝説的ライブ『Tripping with Nils Frahm』の音源が〈Erased Tapes〉よりCD/LP化

ブラッド・ピットのPlan Bとニルス・フラームによって映像化した2018年の伝説的ライブの音源が遂にCD/LPで登場
(2020/12/29)

ジャズ ヒーリング/ニューエイジ

ニューエイジ視点での90'sテクノ再評価コンピレーション『VIRTUAL DREAMS: AMBIENT EXPLORATIONS IN THE HOUSE & TECHNO AGE, 1993-1997』

〈MUSIC FROM MEMORY〉の記念すべき50タイトル目に選ばれたのは、90年代のテクノ/ハウスをアンビエントの視点で再定義するスペシャルなシリーズのファースト・リリース
(2020/12/29)

ソウル/クラブ/ラップ ヒーリング/ニューエイジ

.es|林聡との作品『アトラス』、ライブ盤『カタストロフの器』、橋本孝之ソロ・アルバム『チャット・ミー』の3タイトルを同時発売

音楽とアートで革命を企てるコンテンポラリー・ミュージック・ユニットとして独自の存在感を放ってきた.es。.esとしての活動に加え、ジャンルを縦横無尽に横断する音楽家として独自の存在感を放つ橋本孝之
(2020/12/22)

ヒーリング/ニューエイジ ジャズ

Dale Berning(デール・バーニング)|はかなくも美しいサウンドアートの傑作『The Horse Stories』が復刻

長らく廃盤となっていた、映像作品「Going Places Sitting Down」のサウンドトラックが、14年ぶりにDale自身の描き下ろしの新装アートワークでリイシュー
(2020/12/21)

ジャズ ヒーリング/ニューエイジ

Esplendor Geometrico(エスプレンドー・ジオメトリコ)|インダストリアル最高峰の曲を厳選し再構成・リブートした決定版2枚組『40年の叡智』

1981年から活動を開始し2021年に40周年を迎えるエスプレンドー・ジオメトリコの23枚ものアルバムから曲を厳選し現代の叡智によって再構成・リブート
(2020/12/17)

ヒーリング/ニューエイジ ジャズ

電子楽器テルミンの女王クララ・ロックモアの歴史的録音集成!『ミュージック&メモリーズ』

クララ・ロックモア(1911-1998)はリトアニア出身。若い頃はヴァイオリンの神童と言われましたが病のためヴァイオリンを断念、その後レオ・テルミンとの運命的な出会いを通してテルミン奏者として立つことを決意しました。絶対音感の持ち主であり、当初ヴァイオリニストを目指していたこともあり、彼女は演奏の難しい楽器テルミンの奏者として他の追随を許さない、テルミニストとしての地位を確固としました
(2020/11/26)

クラシック 現代音楽 クラシック オムニバス ヒーリング/ニューエイジ

森田潤|独自一貫の深化を続けるモジュラー・シンセ奏者/DJのセカンド・ソロ・アルバム『Sonus Non Capax Infiniti』

佐藤薫(EP-4)監修による「φonon (フォノン)」レーベルの2020年を締めくくる一枚。マダム・アノニモや山崎春美など豪華ゲスト参加
(2020/11/26)

ヒーリング/ニューエイジ ジャズ J-Pop

喜多郎|大ヒット作『シルクロード』から40年。タワーレコードが世界的に活躍するシンセサイザー奏者の初期傑作4作を世界初SACDハイブリッド化『喜多郎 SA-CD HYBRID SELECTION』

大ヒット作『シルクロード』から40年。世界的なシンセサイザー奏者/作曲家である喜多郎の初期傑作4作をタワーレコードが世界初SACDハイブリッド化『喜多郎 SA-CD HYBRID SELECTION』。『天界/アストラル・トリップ』(1978)『大地/From The FULL MOON STORY』(1979)『シルクロード(絲綢之路)』(1980)『シルクロード~絲綢之路~Ⅱ』(1980)が高音質盤で蘇る
(2020/11/19)

ヒーリング/ニューエイジ

Genocide Organ(ジェノサイド・オルガン)|04年作『In-Konflikt 』がリマスター再発

パワー・エレクトロニクス / デス・インダストリアルの象徴的存在ジェノサイド・オルガンの2004年リリース作品がリマスターCD / LPリイシュー
(2020/11/12)

ヒーリング/ニューエイジ ロック/ポップス

Pascal Comelade(パスカル・コムラード)|トイポップのパイオニア、キャリア屈指の傑作!2020年最新アルバム『Le Cut-Up Populaire』

ロバート・ワイアットやPJハーヴェイ、ヤキ・リーベツァイト、デヴィッド・カニンガムらともコラボ、「現代のサティ」や「ロック界のニーノ・ロータ」とも評され世界中の音楽ファンに愛されてきたフランスの奇才のアルバム
(2020/11/12)

ヒーリング/ニューエイジ ジャズ