こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

Henning Schmiedt(ヘニング・シュミート)とシンガーMarie Séférian(マリー・セフェリアン)によるユニット、Nous(ヌー)のデビュー・アルバム『Je Suis』

きらめく紙吹雪のような歌詞、シャンソン、インドの伝統的なボーカルスキャット、ジャズの折衷的な要素と透き通るようなピアノの旋律、そしてハーモニウムの息吹を組み合わせた本作には、驚くほどオーガニックな音楽的相互作用が生まれている
(2019/05/20)

ヒーリング/ニューエイジ

Terry Riley(テリー・ライリー)『A RAINBOW IN CURVED AIR』カラーヴァイナル化

テリー・ライリーの代表的なアルバムが50周年を記念して180gカラーヴァイナルで復刻
(2019/04/26)

ヒーリング/ニューエイジ 現代音楽

『ダラス・バイヤーズクラブ』の音楽を手掛け注目されたピアニスト、Alexandra Stréliski(アレクサンドラ・ストレリスキ)セカンド・アルバム『Inscape』

柔らかなタッチと繊細なメロディーはアカデミー賞のセレモニーで紹介され世界中にファンを獲得。待望の2ndアルバムが完成
(2019/04/23)

ジャズ ヒーリング/ニューエイジ

極上ライト・メロウ meets ニュー・エイジ~バレアリック至宝盤!Zenit(ゼニート)『Straight Ahead』世界初CD化

AOR、シンセウェイブ、ブギー、バレアリック…様々なスタイルのハイブリッドかつ超ハイクオリティの音楽性と世界的な再評価も著しいニュー・エイジ~アンビエント的世界が融合
(2019/04/22)

ロック/ポップス ヒーリング/ニューエイジ ジャズ

若きピアニスト/作曲家、横山起朗(Tatsuro Yokoyama)ピアノ曲集『SHE WAS THE SEA』

暖かく静かな音楽に、目を閉じて身を委ねる。 若きピアニスト/作曲家、横山起朗による、純度の高い旋律と、深い余韻と静寂が溶け合う、心を落ち着かせる美しいピアノ曲集
(2019/04/12)

ヒーリング/ニューエイジ

Tobias Wilden(トビアス・ヴィルデン)珠玉のギターアルバム『In Transit』

都会の雑踏の中に見つけ出した何気ない煌めきや、繊細な美しさと詩的な響きに心奪われる珠玉のギターアルバム
(2019/04/12)

ヒーリング/ニューエイジ

Perrey & Kingsley(ペリー&キングスレイ)「エレクトリカル・パレードのテーマ」が7inchで登場

世界一有名かつポップな電子音楽の金字塔“エレクトリカル・パレードのテーマ”(BAROQUE HOEDOWN)が7inchで登場
(2019/03/25)

ヒーリング/ニューエイジ ジャズ

フランチェスコ・トリスターノが「東京」の心象風景を描いた『東京ストーリーズ』

クラシックとエレクトロニカの両方で活躍するフランチェスコ・トリスターノ。これまでに40回以上訪れた東京という街に焦点をあて、東京のソニーミュージック乃木坂スタジオでレコーディング、そして渋谷慶一郎、ユザーン、Hiroshi Watanabeといった日本のミュージシャンをフィーチャーして制作されたアルバムが登場!トリスターノが東京を訪れて感じた心象風景を描き出しています
(2019/03/22)

クラシック 現代音楽 ヒーリング/ニューエイジ

Vangelis(ヴァンゲリス)初のグランド・ピアノのためのオリジナル作品集『Nocturne』

2018年に75歳となったのを機に、初めてグランド・ピアノのためのオリジナル作品集を録音。この作品で初めて発表された11曲に加えて、名曲「炎のランナー」や映画『ブレードランナー』の「愛のテーマ」がソロ・ピアノ・ヴァージョンで蘇る
(2019/03/12)

ヒーリング/ニューエイジ サウンドトラック

The Matthew Herbert Big Band(ザ・マシュー・ハーバート・ビッグ・バンド)新作『The State Between Us』 / 来日DJツアー4月開催

今回のコンセプトはイギリスのEU脱退に対する抗議!EU全加盟国のミュージシャン、アーティストとのコラボレート・アルバム!発売日はEU脱退日=2019年3月29日
(2019/03/11)

ソウル/クラブ/ラップ ヒーリング/ニューエイジ

Julien Marchal(ジュリアン・マルシャル)ソロ・ピアノ『Insight』シリーズ最終章

これまでの3作とは違った新たなリズムと新たな和音に彩られ、聴くもののメンタルヘルスを整える極上の穏やかさと美しさを有しています
(2019/03/08)

ヒーリング/ニューエイジ

Fennesz(フェネス)約5年ぶりとなる通算6枚目のアルバム『Agora』

グリッチ・ノイズ、アンビエント・ドローン、大胆に加工されたギター、ラディカリズム、ロマンティシズム、センチメンタリズム、ポップネス……。それらが比類なきセンスとバランス感覚をもって大胆かつ繊細に混合され、構築された美しい音世界
(2019/03/08)

ソウル/クラブ/ラップ ヒーリング/ニューエイジ

ルドヴィコ・エイナウディの壮大なプロジェクト始動!『セヴン・デイズ・ウォーキング(DAY 1)』

「セヴン・デイズ・ウォーキング」は、7か月間に渡って毎月1タイトルずつアルバムがリリースされる壮大なプロジェクト。エイナウディ自身が冬山を歩き、そこで体験した様々な感覚からインスピレーションを得て作曲。「DAY 1」から「DAY 7」までに分かれて、それぞれが1日のヴァリエーションとなっており、ピアノとヴァイオリン、ヴィオラ、チェロが、美しく穏やかで瞑想的な音楽を奏でています
(2019/03/05)

クラシック 現代音楽 クラシック オムニバス ヒーリング/ニューエイジ

Visible Cloaks(ビジブル・クロークス)、尾島由郎 & 柴野さつきによるコラボ作『FRKWYS Vol.15 : serenitatem』

坂本龍一とOneohtrix Point Neverの心を持つ現代アンビエントの最高峰Visible Cloaksと、日本の環境音楽/アンビエントを牽引して来た尾島由郎/柴野さつきが夢のコラボレーション
(2019/03/04)

ヒーリング/ニューエイジ

Lullatone(ララトーン)名曲群をピアノだけで演奏した2枚組アルバム『Music for Museum Gift Shops』

エレクトロニカ・ユニットLullatoneが過去20年間の名曲群をピアノだけで演奏した2枚組アルバム。52曲の親密なメロディーが彩る、パーソナルな日々のためのサウンドトラック
(2019/03/04)

ソウル/クラブ/ラップ ヒーリング/ニューエイジ

Robert Wyatt(ロバート・ワイアット)とThe Future Eve(Tomo Akikawabaya)によるコラボ作『KiTsuNe / Brian The Fox』

Robert Wyattと、Tomo Akikawabaya名義でMinimal Waveより発表されたアルバムが話題となった日本人アーティスト、The Future Eve 、20年の歳月を経て発表される奇跡のコラボレーション
(2019/02/28)

ヒーリング/ニューエイジ ロック/ポップス

Johann Johannsson(ヨハン・ヨハンソン)一周忌に合わせての7枚組ハードブック追悼BOX『Retrospective I』

本作は初期作品に加え、デンマークのドキュメンタリー映画『White Black Boy』のための音楽など未発表だった作品にも光を当てている。ヨハン・ヨハンソンの人生や音楽を知る手がかりとなる数多くのレアな写真がブックレットを収納
(2019/02/28)

ヒーリング/ニューエイジ サウンドトラック

Mira Calix(ミラ・カリックス)10年ぶりの帰還EP『utopia』を超限定リリース

2019年はWARP設立30周年!記念すべき第1弾リリースは才媛mira calixによる10年ぶりの帰還EPが数量限定発売
(2019/02/20)

ソウル/クラブ/ラップ ヒーリング/ニューエイジ

Nils Frahm(ニルス・フラーム)『Encores』第2弾がアナログで登場

急遽発売された『Encores 1』に続く第2弾。アルバム『All Melody』のようにピアノに独特のエフェクトをかけたサウンドはとりアンビエントな仕上がりに。ピアノソロを普通に終わらないアイデアの数々
(2019/02/06)

ヒーリング/ニューエイジ ソウル/クラブ/ラップ

Laurie Spiegel(ローリー・シュピーゲル)セカンド・アルバム『Unseen Worlds』が再発

今作はメロディーやリズムをベースとする事無く、時には暗く、時には明るい音楽の旅を聴き手に見せてくれる。まるで宇宙の中を彷徨うような期待と不安に満ちた電子音。
(2019/02/06)

ヒーリング/ニューエイジ