こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

世界的振付師ウェイン・マクレガー監修!自らのダンスに使用した楽曲などをセレクトしたアルバム『コラボレーション』

世界で活躍するコンテンポラリー・ダンスの振付師ウェイン・マクレガーが監修。マクレガー自身が委嘱した作品や、作曲家たちから献呈された楽曲、使用したクラシックの名曲もセレクトされています。オーラヴル・アルナルズ、マックス・リヒターといったポスト・クラシカル、電子音楽とのコラボレーションも数多く収録。テイラー・スウィフト、ジェニファー・ハドソンが出演することで話題の実写版映画「キャッツ」(2019年12月全米公開予定)でも振付を担当!
(2019/07/18)

クラシック バレエ 現代音楽 ヒーリング/ニューエイジ

Lena Andersson(レナ・アンダーソン)デビュー・アルバム『Soder Malarstrand』が〈Raster〉より登場

日本人アーティスト Kyoka と、名門 R&S Recordsの人気インダストリアル・デュオ Lakker の1/2でもあるアイルランド人アーティスト Eomac がタッグを組んだ夢のコラボレーション・ユニット
(2019/07/18)

ソウル/クラブ/ラップ ヒーリング/ニューエイジ

CFCF(シーエフシーエフ)ニュー・アルバム『Liquid Colours』をリリース

ニュー・エイジとジャングルをエレガント且つポップに融合させ、懐かしくも革新的なサウンドを構築した42分間のオデッセイ
(2019/07/12)

ソウル/クラブ/ラップ ヒーリング/ニューエイジ

Park Jiha(パク・ジハ)ニュー・アルバム『Philos』

韓国の伝統派エクスペリメンタリストがさらに音楽の深みに誘う
(2019/07/11)

ヒーリング/ニューエイジ

Vanessa Wagner(ヴァネッサ・ワグナー)ソロ・ピアノでムーンドッグやフィリップ・グラスをカバーしたアルバム『INLAND』

ゴンザレスのソロにも通じるミニマルかつ端正な独自の音世界を現出。グランドブラザーズやニルス・フラーム、ジョージ・ウィンストン、キース・ジャレットなどの音色が好きな皆様にも…
(2019/07/09)

ヒーリング/ニューエイジ

国産アンビエントの先駆作YUTAKA HIROSE(広瀬豊)『Nova』2枚組拡大版

「自然音のつぶやきと旋律が、やさしく記憶のページをめくり、ふるさとの風をはこぶ――」吉村弘やイノヤマランドと並ぶ国産アンビエントの先駆作『Nova』に未発表ボーナスを追加収録した2枚組拡大版
(2019/07/09)

ヒーリング/ニューエイジ

Alberto Pizzo(アルベルト・ピッツォ)、甘美なメロディを卓越したテクニックで奏でるピアノ・コレクション

クラシックのナポリ奏法を用いる、イタリアのピアニストとして最高峰の一人、アルベルト・ピッツの国内デビュー・アルバム。過去3枚のアルバムからのベスト・テイクに加え、2018年公開のイタリア映画『Anima』のサントラとして書いた「Passion」を収録
(2019/07/09)

ジャズ ヒーリング/ニューエイジ

現代音楽とエレクトロニカの境界領域に響く〈インナー・アンビエンス〉を追求するTe Pito Records、初のコンピレーション・アルバム『Unbuilt Place』

Christian Zanesi、成田和子、宮木朝子、KOSAKA JUN、梅沢英樹、TAKAHASHI SEIJI、及川潤耶が参加。日仏独で横断的活動を展開する作家の作品をセレクト。各トラックをビジュアル化したフルカラーブック付き
(2019/07/05)

ジャズ ヒーリング/ニューエイジ

Emily A. Sprague(エミリー・A・スプレイグ)アルバム『Water Memory / Mount Vision』

Pitchforkにて「Best New Reissue」を獲得(8.2点)!自主カセット・リリースし即完したアンビエント作品2作がリマスター&ボーナス・トラック追加してリリース
(2019/06/07)

ロック/ポップス ソウル/クラブ/ラップ ヒーリング/ニューエイジ

Chiharu MK(チハル・エム・ケー)最新ソロ・アルバム『pure culture』

透明感あるピアノとシンフォニックな電子音響の世界を、彼女の脳内シャーレで純粋培養した本作品。イタリアの電子音楽アーティスト David Sani (Yugen Art) とのコラボ楽曲なども収録
(2019/06/03)

ヒーリング/ニューエイジ J-Pop

INOYAMALAND(イノヤマランド)グループ結成前~結成初期の貴重なアーカイブ集『LIVE ARCHIVES 1978-1984 -SHOWA-』

日本の環境音楽/アンビエントの先駆者:イノヤマランドの初期の足跡を俯瞰できるアルバム
(2019/06/03)

ソウル/クラブ/ラップ ヒーリング/ニューエイジ J-Pop

日野浩志郎のソロ・プロジェクト、YPYニュー・アルバム『Be A Little More Selfish』

難しい理屈は今いらない。出発点に再び忠実になったYPYからのフレッシュな音のお便り
(2019/06/03)

ソウル/クラブ/ラップ ヒーリング/ニューエイジ J-Pop

フランスの前衛アーティスト、Ramuntcho Matta(ラムンショー・マッタ)最新スタジオ・アルバム『96』

これまでに20枚以上のアルバムを出し独自のエクスペリメンタルなスタイルで好事家たちを魅了してきた奇才による、カテゴライズ不能なクロスオーバー・サウンド
(2019/05/30)

ヒーリング/ニューエイジ

Mono Fontana(モノ・フォンタナ)ファースト・ソロ・アルバム『CIRUELO / シルエロ』LP化

無限の愛、深遠なる響き。 《アルゼンチン音響派》 と呼ばれるシーンをリスナーに大きく印象付けた1998年発表ソロ1stアルバムが初アナログ化
(2019/05/28)

ジャズ ヒーリング/ニューエイジ K-POP/ワールド

George Winston(ジョージ・ウィンストン) 15作目となるソロ・ピアノ・アルバム『Restless Wind』

本作はピアノのテクスチャーと音色が往年の名曲たちの鮮やかな再現のための土台を作るという、誰にも真似できないジョージ・ウィンストンならではの作品
(2019/05/28)

ジャズ ヒーリング/ニューエイジ

Henning Schmiedt(ヘニング・シュミート)とシンガーMarie Séférian(マリー・セフェリアン)によるユニット、Nous(ヌー)のデビュー・アルバム『Je Suis』

きらめく紙吹雪のような歌詞、シャンソン、インドの伝統的なボーカルスキャット、ジャズの折衷的な要素と透き通るようなピアノの旋律、そしてハーモニウムの息吹を組み合わせた本作には、驚くほどオーガニックな音楽的相互作用が生まれている
(2019/05/20)

ヒーリング/ニューエイジ

Terry Riley(テリー・ライリー)『A RAINBOW IN CURVED AIR』カラーヴァイナル化

テリー・ライリーの代表的なアルバムが50周年を記念して180gカラーヴァイナルで復刻
(2019/04/26)

ヒーリング/ニューエイジ 現代音楽

『ダラス・バイヤーズクラブ』の音楽を手掛け注目されたピアニスト、Alexandra Stréliski(アレクサンドラ・ストレリスキ)セカンド・アルバム『Inscape』

柔らかなタッチと繊細なメロディーはアカデミー賞のセレモニーで紹介され世界中にファンを獲得。待望の2ndアルバムが完成
(2019/04/23)

ジャズ ヒーリング/ニューエイジ

極上ライト・メロウ meets ニュー・エイジ~バレアリック至宝盤!Zenit(ゼニート)『Straight Ahead』世界初CD化

AOR、シンセウェイブ、ブギー、バレアリック…様々なスタイルのハイブリッドかつ超ハイクオリティの音楽性と世界的な再評価も著しいニュー・エイジ~アンビエント的世界が融合
(2019/04/22)

ロック/ポップス ヒーリング/ニューエイジ ジャズ

若きピアニスト/作曲家、横山起朗(Tatsuro Yokoyama)ピアノ曲集『SHE WAS THE SEA』

暖かく静かな音楽に、目を閉じて身を委ねる。 若きピアニスト/作曲家、横山起朗による、純度の高い旋律と、深い余韻と静寂が溶け合う、心を落ち着かせる美しいピアノ曲集
(2019/04/12)

ヒーリング/ニューエイジ