こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

チェット・ベイカー(Chet Baker)、マイルス・デイヴィス(Miles Davies)他、名盤が180g重量盤カラー・ヴァイナル化〈WAX TIME IN COLOR〉

チェット・ベイカー『Sings』、マイルス・デイヴィス『Birth Of Cool』、ハウリン・ウルフ『Moanin’ in the Moonlight』などジャズやブルースの名盤10タイトルが、〈WAX TIME IN COLOR〉より180g重量盤カラー・ヴァイナルでリリース
(2018/05/17)

カントリー/ブルース ジャズ

フジロックフェスティバル '18 出演決定!ケイシー・マスグレイヴス(Kacey Musgraves)、ニュー・アルバム『Golden Hour』が日本盤でリリース

全米初登場4位!ケイシーにとって3作目の全米Top5入り作品に!全英初登場6位!全英チャート最高位!麗しヴォイスであなたの心を潤す、グラミー賞受賞歴のある実力派シンガーが日本デビュー・アルバム
(2018/05/17)

カントリー/ブルース ロック/ポップス

ジョン・リー・フッカーを叔父に持つアーチー・リー・フッカー(Archie Lee Hooker)、最新作『Chilling』

リアル・ブルース!かのジョン・リー・フッカーを叔父に持つアーチー・リー・フッカーが日本発登場!叔父譲りのディープなヴォーカルで、ミシシッピ・スタイルからアーバンなファンキー・ブルースまで存分に歌い上げた強力作
(2018/05/15)

カントリー/ブルース

デルタ・ブルースの傑作!トミー・マクレナン(Tommy McClennan)、歴史的作品集『Bottle It Up And Go : Bluebird Years 1939-40』

ロバート・ジョンソンと並ぶデルタ・ブルースの傑作がコレだ!デルタ・ブルースのもつザラザラや、ドロドロや、ガサガサをデフォルメして聴かせたトミー・マクレナンのブルースは、ある意味とても解りやすく、ロック小僧のハートを軽々とぶち抜くインパクト
(2018/05/15)

カントリー/ブルース

<5月11日公開>タワー店長によるセレクト・アイテム〈マスターズチョイス〉

タワー店長によるセレクト・アイテム〈マスターズチョイス〉。今週は1stが2017年のグラミー賞、最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバムを受賞したブルースシンガーFantastic Negritoなど
(2018/05/11)

J-Pop J-Pop ロック/ポップス ソウル/クラブ/ラップ カントリー/ブルース

バディ・ガイ(Buddy Guy)、ニュー・アルバム『ザ・ブルース・イズ・アライヴ・アンド・ウェル』発売!ジェフ・ベック、キース・リチャーズ、ミック・ジャガー参加

今作でも年齢を感じさせない、アグレッシヴなギター・プレイとヴォーカルは健在。ジェフ・ベック、キース・リチャーズ、ミック・ジャガー、ジェイムズ・ベイの豪華4アーティストが参加していることも注目
(2018/05/10)

カントリー/ブルース ロック/ポップス

ブルース・ロックの秘宝 SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ

1960年代後半にピークを迎えて以降も、細分化するスタイルの中で脈々と息づいてきたブルース・ロック。その誕生や進化、継承を担ったアーティスト達による、重要作から発掘作までバラエティに溢れるタイトルを一挙紙ジャケ化
(2018/05/10)

ロック/ポップス カントリー/ブルース

ウィリー・ネルソン(Willie Nelson)、85才の誕生日を祝し新作『ラスト・マン・スタンディング』を発売

歌わずに死ねるか!2018年4月に85歳となるウィリー・ネルソン、SMS(ショート・メール)を介して生まれた書き下ろしの新曲11曲を収録した新作スタジオ・アルバム『ラスト・マン・スタンディング』を発売
(2018/04/24)

カントリー/ブルース

伝説的ブルースマン=バディ・ガイ(Buddy Guy)御歳81歳にして待望の新作

約3年振りとなるスタジオ・アルバム。ブルース・ファン必聴の一枚になること間違いなし
(2018/04/23)

ロック/ポップス カントリー/ブルース

ジョー・ボナマッサ(Joe Bonamassa)、CD2枚組ライヴ・アルバム『British Blues Explosion Live』をリリース

ジョー・ボナマッサが影響を受けたエリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジらのカヴァーを披露した2016年のライヴが作品化
(2018/04/18)

カントリー/ブルース ロック/ポップス

ケイシー・マスグレイヴス(Kacey Musgraves)、ニュー・アルバム『Golden Hour』

グラミー賞も受賞しているカントリー・ミュージックのスーパースターKacey Musgravesの新アルバム。全米初登場4位、全英初登場6位とヒット中
(2018/04/16)

カントリー/ブルース ロック/ポップス

エルトン・ジョン(Elton John)のトリビュート・アルバム『Revamp』カントリー・ミュージック版

Little Big Town、Don Henley、Chris Stapleton、Kacey Musgraves、Miley Cyrus、Willie Nelsonほか超豪華アーティストが集結したトリビュート・アルバム『Restoration: Reimagining The Songs Of Elton John And Bernie Taupin』
(2018/04/16)

カントリー/ブルース ロック/ポップス

ジョニー・キャッシュ未発表詩集を豪華メンツが新録音『Johnny Cash: Forever Words』

愛娘ロザンヌ・キャッシュを始め、ウィリー・ネルソン、クリス・クリストファーソン、エルヴィス・コステロ、クリス・コーネル、ジョン・メレンキャンプ、ロバート・グラスパーなど、ジャンルを超えて幅広いファンから支持され続けているジョニー・キャッシュのスピリットを受け継ぐ気鋭のアーティストが参加
(2018/04/11)

カントリー/ブルース ロック/ポップス

大好評!ブルース・シングルのコンピレーション『Do The Blues 45s!』の第2弾が登場 / 特典ジャケット絵柄コースター付き

ハイ、まだまだありました…ブルース・ファンなら知ってるアノ人の知られざる1曲から、あんた誰?な人迄、底抜けに面白くてカッコいい、ブルース・シングル盤の世界を再びご案内します。もう一度一緒に溺れませんか?
(2018/04/02)

カントリー/ブルース

〈70's UKポップの迷宮〉全20タイトルが2018年リマスターで再発

ビートルズ不在の70年代を支えた英国ロック/フォークなどポップ・シーンの名盤を復刻!2018年リマスター、解説・歌詞・対訳付。監修:小西勝
(2018/03/28)

ロック/ポップス カントリー/ブルース

〈カントリー・ロックの秘宝〉SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ

ジーン・クラークとダグ・ディラーのデュオ=ディラード&クラーク、ミスター・テレキャスターことジェームス・バートン、ウッドストック出身の3人組ボーダーラインなど全14タイトルが発売
(2018/03/23)

ロック/ポップス カントリー/ブルース

スティーヴ・ルカサー、スティーヴ・モーズ、ジョン・ペトルーシら豪華ゲスト参加!スターリング・ボール、ジョン・フェラロ、ジム・コックスによるアルバム『The Mutual Appreciation Society』

EARNIE BALL/MUSICMANのCEO、STERLING BALLと名ドラマーJOHN FERRARO、名キーボード・プレイヤーJIM COXによるアルバムがここに完成! STEVE LUKATHERやSTEVE MORSEなど錚々たるゲストが参加
(2018/02/09)

ロック/ポップス カントリー/ブルース

サラ・ワトキンス(Sara Watkins)、サラ・ジャロスツ(Sarah Jarosz)、イーファ・オドノヴァン(Aoife O'Donovan)によるユニット、アイム・ウィズ・ハー(I'm With Her)がデビュー

温かみのあるテキスチャー、シンプルなサウンドで繰り広げる美しいハーモニー。11曲のオリジナル曲+"Hundred Miles."のカヴァー。3人ともギターだけでなく、Watkinsはフィドル+ウクレレ、Jaroszはマンドリン+バンジョーO'Donovanはピアノ+シンセも演奏
(2018/02/09)

ロック/ポップス カントリー/ブルース

ザ・デイヴ・クラーク・ファイヴ(The Dave Clark Five)、ザ・ウォーカー・ブラザーズ(The Walker Brothers)他、オールデイズ・レコード2018年1月新譜一覧

日本で人気を博した「悲しみこらえて」をはじめ、全曲メンバーのオリジナルで構成されたデイヴ・クラーク・ファイヴのセカンド・アルバム、ウォーカー・ブラザーズのセカンド、サード・アルバムなどがリリース
(2018/01/23)

ロック/ポップス ソウル/クラブ/ラップ ジャズ カントリー/ブルース

マディ・ウォーターズ(Muddy Waters)のエネルギッシュなステージは必見!『ライヴ・アット・ロックパラスト 1978』

ブルース界のゴッドファザー、マディ・ウォーターズの1978年12月10日ドイツでのステージ映像!マディお馴染みのメンバーを従えエネルギッシュなステージを展開する
(2018/01/19)

カントリー/ブルース