こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

【タワレコ限定】山田一雄 最晩年ライヴ集 1989-1991 (UHQCD6枚組) 700セット限定!

ヤマカズの音源はファンならずとも従来から親しまれてきましたが、これらの1989年から91年にかけての演奏は、1991年に発売されて以来ヤマカズ演奏の真髄として評価されてきた、まさに音源としては最後の砦です。これまで長い間廃盤であったこのライヴ音源を、今回新規でのマスタリング、さらにタワー企画盤としては初めてのUHQCD仕様、700セット限定、シリアル・ナンバー付でリリースいたします
(2018/09/19)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 国内クラシック

上野耕平が9月16日(日) 23:00~放送 TBS 「情熱大陸」出演!

世界最高峰のコンクール、アドルフ・サックス国際コンクールにおいて第2位を受賞するなど、クラシック・サクソフォン界を牽引する注目の若手サクソフォン奏者、上野耕平。 サクソフォンの新たな魅力や可能性を拡大したこれまでのアルバムで彼の凄演をお楽しみください
(2018/09/16)

クラシック ブラス 国内クラシック

鈴木雅明&バッハ・コレギウム・ジャパンによる美しいクリスマス・アルバム『きよしこの夜/BCJのクリスマス』(SACDハイブリッド)

クリスマスの大決定盤が登場!バッハ・コレギウム・ジャパンのクリスマス・キャロル集。心を清める歌声、純粋無垢なハーモニー。今回のディスクには2013年から2017年までのコンサートで演奏された曲のなかから、選りすぐりのクリスマス・キャロルをセッション録音しました。すべて鈴木優人による編曲です
(2018/09/12)

クラシック 国内クラシック 古楽・バロック

世界初録音!小津安二郎映画の音楽をピアノで!青木美樹『東京物語~斎藤高順:ピアノ曲集』

世界でも人気の高い小津安二郎の映画。音楽を手掛けた斎藤高順は、まずピアノ用に書いた各ナンバーを小津安二郎に弾いて聴かせて是非を問うたといいます。その草稿が2015年に遺族のもとで発見されました。今回そのピアノ版を世界初録音!さらに斎藤高順の美しい小品も収録されています
(2018/09/06)

クラシック 国内クラシック 現代音楽

日本初演ライヴが待望のCD化!カンブルラン&読響によるメシアン:歌劇“アッシジの聖フランチェスコ”(4枚組)

2017年の話題をさらった伝説の公演が早くもCD化!カンブルラン×読響の集大成、メシアンの大オペラ“アッシジの聖フランチェスコ”全曲版日本初演ライヴ!海外盤を含めてもなかなかCDが手に入らない演目の貴重録音にして稀代の大名演!解説・歌詞対訳付
(2018/09/04)

クラシック 現代音楽 オペラ 国内クラシック

日本初演ライヴ!ラザレフ&日本フィルによるストラヴィンスキーのメロドラマ“ペルセフォーヌ”

オーケストラ、テノール独唱、合唱、ナレーションという編成の大きさから、演奏機会が少ない秘曲ストラヴィンスキーのメロドラマ“ペルセフォーヌ”が2018年5月にラザレフ&日本フィルにより日本初演されました。その記念すべきライヴ録音がCD化!
(2018/08/31)

クラシック オペラ 国内クラシック

田部京子のCDデビュー25周年記念アルバムはグリーグの“ピアノ協奏曲”&ソロ・ピアノ作品集(SACDハイブリッド)

田部京子の記念すべきCDデビュー25周年を飾るグリーグ・アルバム!小林研一郎と東京交響楽団との共演で“ピアノ協奏曲”と、繊細なタッチと叙情的な歌心で紡ぐ“ソルヴェイグの歌”“過ぎにし春”などのソロ・ピアノ作品集を収録
(2018/08/31)

クラシック 国内クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

佐藤俊介の新録音はピリオド楽器アンサンブル「イル・ポモ・ドーロ」との共演でJ.S.バッハのヴァイオリン協奏曲集!

2018年6月に古い歴史を誇るバロック・アンサンブル「オランダ・バッハ協会」の音楽監督に就任したヴァイオリニスト佐藤俊介。今作はピリオド楽器アンサンブル「イル・ポモ・ドーロ」との共演で2018年2月に録音したバッハのヴァイオリン協奏曲集が登場!
(2018/08/31)

クラシック 古楽・バロック 国内クラシック

〈ポイント10倍〉2018年11月から行われるアシュケナージ×辻井伸行による日本ツアー記念!演目収録アルバム!

2017年、辻井伸行がベルリン・ドイツ交響楽団の定期演奏会にて巨匠アシュケナージと共演。名ホールとして知られるベルリン・フィルハーモニーで演奏された、ショパンのピアノ協奏曲第2番を収録したCDをアシュケナージとの共演による日本ツアー記念としてリリース
(2018/08/29)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 国内クラシック

りゅーとぴあ改修後初の録音!専属オルガニスト山本真希による『バロック時代を彩る名曲~グレンツィングオルガンの魅力Ⅲ』

大反響を呼んでいるりゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館の自主レーベル。専属オルガニスト山本真希による演奏で、2018年3月21日のライヴ収録。名曲“トッカータとフーガ”を含むバロック時代を彩る名曲集です。今回の注目としてコンサートホール及びホールに備え付けられたパイプオルガンの改修後初の録音となります
(2018/08/28)

クラシック 古楽・バロック 国内クラシック

大野和士&バルセロナ響初録音!異様な迫力のショスタコーヴィチ“バビ・ヤール"

大野和士が2015年9月から音楽監督を務めているバルセロナ交響楽団とのライヴ録音。両者の録音はこれが初となります。曲は独唱・合唱を伴う、長く重く陰鬱な問題作「バビ・ヤール」。最初のシーズンでこの作品を取り上げたことも非常にチャレンジングですが、その結果生み出された演奏の凄まじさには驚かされます
(2018/08/23)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 国内クラシック

双子ソプラノデュオ山田姉妹の美しいハーモニーで聴く『日本の愛唱歌集』

双子ならではの息の合ったハーモニーで魅了するソプラノデュオ山田姉妹の最新作は、美しい日本語の歌を歌い継いで行く彼女たちならではの歌声で聴く、日本人の心の原風景を映し出す懐かしい日本の愛唱歌集
(2018/08/23)

クラシック 国内クラシック

初出音源!朝比奈隆&新日本フィルによる“ベートーヴェン:交響曲第7番”1998年ライヴ!(UHQCD)

朝比奈隆(1908-2001)の生誕110年を祝し、その偉業を称える《ベートーヴェン 交響曲全集》、第5弾は“交響曲第7番”が登場。1998年3月16日サントリーホールでの、初出となるライヴ録音です!
(2018/08/20)

クラシック 国内クラシック 交響曲・管弦楽曲

【在庫限り】バッハ・コレギウム・ジャパンのベスト盤2タイトルが最終出荷!1,080円!

バッハ・コレギウム・ジャパンの音楽監督の鈴木雅明監修の下、声楽曲、器楽曲の選りすぐりのトラックを集めたベスト盤「BCJのバッハへのいざない」声楽編、器楽編が最終出荷!なんと1,080円!在庫限りです
(2018/08/13)

クラシック 古楽・バロック 国内クラシック

〈予約ポイント10倍〉日本人、そして東洋人カウンターテナーとして史上初の快挙を達成した藤木大地メジャー・デビュー!

10月19日(金)公開、村上春樹原作の映画『ハナレイ・ベイ』(主演:吉田羊)主題歌を担当する世界的カウンターテナー、藤木大地のメジャー・デビュー・アルバム発売決定!主題歌“愛の喜びは-Plaisir d’amour-”のオリジナル・バージョンなど全16曲収録
(2018/08/10)

クラシック 国内クラシック

西村朗の最新作品集第18巻!インデアミューレ&いずみシンフォニエッタ大阪への書下ろし新作“オーボエ協奏曲「四神」”収録!

オーボエ奏者インデアミューレと、音楽監督を務めるいずみシンフォニエッタのために西村朗が構想10年の後に書下ろしたオーボエ協奏曲「四神」。4種のオーボエ属楽器を使用する作品です。さらに「室内交響曲」シリーズ最新作となる“室内交響曲第5番「リンカネイション」”を三ツ橋敬子指揮で収録
(2018/08/07)

クラシック 現代音楽 ブラス 国内クラシック

輸入盤が登場!河村尚子4年ぶりの新録音『ショパン:24の前奏曲&幻想ポロネーズ』

河村尚子にとってRCAでの5枚目のソロ・アルバムであり、2014年のラフマニノフ以来、4年ぶりとなった新録音のインターナショナル盤です。ショパンのファンタジーの飛翔を刻み込んだ作品で構成されており、「レコード芸術」誌では特選となるなど、各紙誌で絶賛を受けたアルバムです(国内盤は2018年4月にSACDハイブリッド盤で発売済み)
(2018/08/06)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 国内クラシック

世界初録音も収録!川上昌裕によるカプースチン:ピアノ作品全曲録音プロジェクト第2弾!

日本でも高い人気を誇る作曲家ニコライ・カプースチン。作曲家本人とも交流があり、カプースチン研究を牽引するピアニスト川上昌裕によるピアノ作品全曲録音プロジェクト第2弾は、世界初録音となる“ピアニスト・イン・ジェパディ”“ピアノ・ソナタ第19番”、さらに川上自身へ献呈された2曲などを収録した注目作!
(2018/08/06)

クラシック 国内クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

湧きあがるマリンバの抒情美、名倉誠人の新たなる世界『涙と祈り』(MQA-CD)

マリンバ奏者・名倉誠人の新録音は、“アヴェ・マリア”や“ロンドンデリーの歌”など、彼が世界各地の演奏会で取り上げてきた作品を中心に収録。また、吹奏楽の大家・真島俊夫が彼に捧げた“紅”を世界初録音
(2018/08/06)

クラシック ブラス 国内クラシック

上岡敏之&新日本フィルによる新録音はラフマニノフの“死の島”&チャイコフスキーの“悲愴”(SACDハイブリッド)

2017年11月と2018年3月に、すみだトリフォニーホールで収録された上岡敏之と新日本フィルの新録音は、ラフマニノフの“交響詩「死の島」”とチャイコフスキーの“交響曲第6番「悲愴」”。上岡敏之の的確なスコア分析のもと練られた設計図と、オーケストラがそれを見事に再現しています
(2018/08/03)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 国内クラシック