こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

ラフマニノフ:交響曲&ピアノ協奏曲集~仏ディアパゾン誌のジャーナリストとフランスの世界的アーティストの選曲による名録音集

LP時代の名盤、モギレフスキーとコンドラシンによるピアノ協奏曲第3番は必聴!CDでの登場は久々です。他にもスヴェトラーノフ、ザンデルリンク、そしてラフマニノフの自作自演など、旧ソ連/ロシア勢の名演の数々が収録曲の大半を占めています。リマスタリングは、フランスのマスタリング・スタジオ「Les Studios de Circe社」のイザベル・デイヴィが担当しています
(2018/07/18)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

ブルックナー:交響曲&ミサ曲集~仏ディアパゾン誌のジャーナリストとフランスの世界的アーティストの選曲による名録音集

ディアパゾン誌のジャーナリストたちの推薦と、同誌のディスク・レビューの責任者であるガエタン・ノーローの監修によって選りすぐられたブルックナーのシンフォニーの名演集BOX!「交響曲第4番」、「交響曲第7番」、「交響曲第9番」と「テ・デウム」はそれぞれ2種類の演奏(録音)が選ばれており、ディアパゾン誌の強いこだわりが感じられる内容となっています。収録時間は約18時間!
(2018/07/18)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 オペラ

マルク・アルブレヒト&オランダ・フィルによるR.シュトラウス“英雄の生涯”&“ブルレスケ”(SACDハイブリッド)

マルク・アルブレヒト&オランダ・フィルがR.シュトラウスの“英雄の生涯”を録音!デニス・コジュヒンをソリストに迎えた“ブルレスケ”も注目!2017年のセッション録音
(2018/07/18)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ゲルギエフ&マリインスキー劇場管の“ペトルーシュカ”オリジナル1911年版(SACDハイブリッド)

カップリングは“かるた遊び”。1937年、ストラヴィンスキー新古典派時代の作ですが、ゲルギエフの聴かせ所のツボを押えた解釈で楽しさ満点。乾いた新古典主義という先入観とは大違いの、ペトルーシュカなどと遠くない味わいを感じることができます
(2018/07/18)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 バレエ

ヴァイグレ&フランクフルト歌劇場管によるR.シュトラウス:管弦楽作品集第6集

2019年4月より読売日本交響楽団の第10代常任指揮者に就任する事が決まったセバスティアン・ヴァイグレ。ヴァイグレ&フランクフルト歌劇場管によるリヒャルト・シュトラウス管弦楽作品集シリーズ最終巻は“交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」”と“交響詩「ドン・キホーテ」”の2曲を収録しています
(2018/07/17)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ネルソンス、第21代カペルマイスター就任記念公演!ゲヴァントハウス管とのメンデルスゾーン、ベルク、シュライエルマッハー!

いよいよネルソンス&ゲヴァントハウス管が始動!2018年2月、第21代カペルマイスター就任記念公演の映像が登場!メイン・プログラムは“メンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」”さらにバイバ・スクリデを迎えてベルクの“ヴァイオリン協奏曲”、世界初演となるシュライエルマッハーによる“オーケストラのためのレリーフ”を収録
(2018/07/17)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽

エールハルト&ラルテ・デル・モンドにより世界初録音!アントン・ツィンマーマン:交響曲集

初期古典派時代の知られざる作曲家の作品に取り組んでいるヴェルナー・エールハルトとラルテ・デル・モンド。ボヘミアの古典派作曲家、アントン・ツィンマーマン(1741-1781)の交響曲を世界初録音
(2018/07/13)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ウルバンスキ&NDRエルプフィルの新録音!ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

衝撃的かつスマートな解釈で人気を博した“春の祭典”から1年。ウルバンスキとNDRエルプフィルハーモニーの新録音は、曲の持つ表面的な明るさ、勇壮さの中に潜む悲劇的な面をあぶり出したショスタコーヴィチの“交響曲第5番”。2017年12月エルプハーモニーでの録音です
(2018/07/12)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ケネス・ウッズ編曲&指揮!ブラームス“ピアノ四重奏曲第2番”のオーケストラ版登場!

シェーンベルク編曲の“ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番”はよく知られていますが、今回ケネス・ウッズによるオーケストラ編曲版“ピアノ四重奏曲第2番”が登場!第1楽章冒頭のホルン四重奏が“交響曲第2番”を連想させるなど、ブラームス自身の作風、サウンドを彷彿とさせる仕上りとなっています
(2018/07/12)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

Profilがドイツの放送局に眠るヨーゼフ・カイルベルトの音源を発掘、10枚組BOXに!

2018年に生誕110年、没後50年を迎えた往年のドイツの巨匠カイルベルト(1908~1968)の1940~1962年の録音集。大半は入手困難なうえ、新音源を用いているため大歓迎。さらに驚きの価格で、新たなカイルベルトの名盤の登場となります
(2018/07/12)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

N響ライヴ・シリーズ『エフゲニー・スヴェトラーノフ2』(6タイトル)

ロシアの大指揮者エフゲニー・スヴェトラーノフ(1928-2002)は、73年の生涯に15回の来日公演を行っています。大半は手兵ソヴィエト国立交響楽団を率いてですが、NHK交響楽団の定期にも5度登場しています。今回はそのなかから、2001~2003年にキング・レコートから発売された名演6枚を最新リマスターで再発売されます!
(2018/07/11)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

レナード・バーンスタインのドキュメンタリー映像BOX!『シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭~教育、演奏、講義、マスタークラス』

バーンスタインが心血を注いだシュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭。『オーケストラの誕生』、『春の祭典』、『指揮者コンクールとマスタークラス』の3つの部分に分かれ、その誕生と若き音楽家たちの激闘を撮ったドキュメント映像です。日本語字幕付
(2018/07/10)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

ブラビンズ&BBC響のヴォーン・ウィリアムズ:交響曲プロジェクト第2弾は“海の交響曲”!

マーティン・ブラビンズ&BBC交響楽団によるヴォーン・ウィリアムズ最新作は、“海の交響曲(交響曲第1番)”が登場!カップリングには詩人ウォルト・ホイットマンの『草の葉』からテキストが取られた知られざる合唱と弦楽のための作品“勇気はあるのか、おお魂よ”を収録
(2018/07/10)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 オペラ

マリナー&アカデミー~カプリッチョ・レーベルへのロンドンでの録音集(14枚組)

2016年に惜しまれつつ亡くなったサー・ネヴィル・マリナーが、Capriccioレーベルに残した一連の録音を集めたBOXセット第2弾が登場します。今回集められたのは、1958年に自ら創設した「アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ」との録音。1990~95年、ロンドンでのデジタル録音です
(2018/07/09)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

チェコの名匠ラドミル・エリシュカが、札幌交響楽団と残した日本での最後のコンサートライヴ録音が発売決定!

2004年初来日以来、多くの名演を繰り広げてきたチェコの名匠ラドミル・エリシュカが、名誉指揮者の任にある札幌交響楽団と残した2017年10月28日、札幌コンサートホールにおける日本での最後のコンサートのライヴ録音が遂に発売!
(2018/07/06)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

マタチッチのウィンナ・ワルツ集!旧東ドイツのベルリン放送響とのセッション録音を初CD化

マタチッチは、オーストリア=ハンガリー帝国に属する時代のクロアチアに生まれ、9歳からウィーン少年合唱団に入り、そのままウィーンで音楽を修めた訳ですから、音楽的バックボーンは紛れもなくウィーンなのです。レハールの「メリー・ウィドウ」の全曲録音がリリース当初から今に至るまで高評価なのも当然でしょう
(2018/07/06)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

【数量限定特価67%オフ!】「モーツァルト伝説の録音」全3巻セット(CD36枚+書籍3巻+特典CD)

SPレコードに収録されたモーツァルト作品の文字通り「伝説的」な名盤の数々を各12枚3巻のCDに復刻。2015年11月に完結した全3巻をセット化。特典盤をお付けして数量限定特価67%オフ25,000円にて販売いたします!
(2018/07/06)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

追悼 ドイツの名指揮者 エノッホ・ツー・グッテンベルク 1946.7.29~2018.6.15

ドイツ・ロマン派の伝統を受け継いだ演奏解釈で、一部でカリスマ的人気を得ていたドイツの指揮者、エノッホ・ツー・グッテンベルクが、シューベルトの「グレート」の新録音を発表した直後、亡くなりました。71歳でした。FARAO CLASSICSに残されこれまでの録音を、レーベルのご好意により特別価格でご提供いたします
(2018/07/04)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 オペラ

バレンボイム、1993年以来の再録音!手兵シュターツカペレ・ベルリンと録音したブラームス“交響曲全集”(4枚組)

1993年シカゴ響との全集録音以来の再録音となったブラームスの“交響曲全集”。手兵シュターツカペレ・ベルリンを指揮し、ベルリンのピエール・ブーレーズ・ザールにて2017年3月に録音されました
(2018/07/12)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ラザレフ&ロンドン・フィルのプロコフィエフ作品集!“ヴァイオリン協奏曲”のソリストはレーピン!(2枚組)

日本でもお馴染み、アレクサンドル・ラザレフが指揮するロンドン・フィルとのプロコフィエフ作品集。“ヴァイオリン協奏曲”でソリストを務めるのはヴァディム・レーピン。他にも“交響曲第3番”、“交響的絵画「夢」”など収録した2枚組
(2018/07/04)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽