こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

ヤンソンス&バイエルン放送響のシチェドリン:カルメン組曲&レスピーギ:ローマの松

2020年1月14日のマリス・ヤンソンス、77歳の誕生日を記念した発売。刺激的な響きを纏い現代的に蘇った「カルメン組曲」を、ヤンソンスはオケの高い機動性を存分に駆使し、冒頭の序曲における神秘的な幕開けから、曲の終りまでを一気呵成に聴かせています。「ローマの松」では、幻想性を丹念に表出しながら終曲での圧巻のクライマックスへと導いてゆきます
(2019/11/21)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

限定再プレス!〈タワレコ限定〉Definition Series第1弾クリュイタンス&BPO名盤3点(SACDハイブリッド)

株式会社ワーナーミュージック・ジャパンと東京電化株式会社のご協力による「Definition Series(ディフィニション・シリーズ)」第1弾として好評を得た「アンドレ・クリュイタンス&ベルリン・フィル」SACDハイブリッド盤3作を限定再プレスいたしました
(2019/11/20)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

〈タワレコ限定・高音質〉朝比奈隆 最後のブルックナー【交響曲第4,5,7-9番】(SACDハイブリッド)

今回の復刻に際しては、元のハイレゾマスターより新規で最新マスタリングを行った音源を使用し、さらに初出時の宇野功芳氏による各解説も全て掲載した全52ページの解説書も付属します。各社と行ってまいりました朝比奈のSACD企画の最後を飾るメモリアルBOXを、シリアル・ナンバー付700セット限定で復刻いたします
(2019/11/20)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 国内クラシック

尾高忠明&大阪フィルのブラームス・チクルスがスタート!第1弾は“交響曲第1番”&“ハイドンの主題による変奏曲”(SACDハイブリッド)

尾高忠明と大阪フィルによるブラームス・チクルス第1弾。ブラームスの交響曲は、尾高の指揮活動の中で今回が初録音。第1弾は“交響曲第1番”と“ハイドンの主題による変奏曲”で、2019年5月11日大阪のザ・シンフォニーホールにてライヴ収録されました
(2019/11/20)

クラシック 国内クラシック 交響曲・管弦楽曲

Naxos~2019年12月発売新譜情報(17タイトル)

今回はトロンボーン編曲版“シューベルト:歌曲「冬の旅」”、世界初録音を含む『オーベール:序曲集』、『コジェルフ:交響曲集第3集』、ブルガリアの作曲家ヴラディゲロフの“ブルガリア組曲”など世界初録音を含むCD17タイトルがリリースされます
(2019/11/19)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 ブラス 現代音楽 クラシック オムニバス

ペリアネス、ポンス&パリ管~ラヴェルの“道化師の朝”、“クープランの墓”のピアノ版と管弦楽版を収録!

ラヴェルのピアノ曲“道化師の朝”、“クープランの墓”と同曲のオーケストラ版を鏡のようにあわせて収録した注目盤の登場。ピアノはスペイン出身のハヴィエル・ペリアネス、管弦楽はジョゼプ・ポンス指揮パリ管弦楽団。カップリングは“ピアノ協奏曲 ト長調”
(2019/11/19)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

広島交響楽団、ブレーン、タワーレコード/共同企画~下野竜也&広島交響楽団/ブルックナー:交響曲第5番

広島交響楽団、ブレーン株式会社、タワーレコードの共同企画第1弾、2019年の5月に広島で収録した定期演奏会のライヴ盤を発売いたします。下野氏の思い入れの深さと、両者の綿密な準備により築き上げられた渾身の一作は、日本のオーケストラ界に一石を投じる作品になりました。ブルックナー・ファンならずとも、幅広いユーザーに聴いていただきたい力作です
(2019/11/18)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 国内クラシック

初出音源を含む!フィルハーモニア管弦楽団~創立75周年記念歴史的録音集(24枚組)

主に1946年から1964年までの録音を収録。カラヤン、フルトヴェングラー、トスカニーニ、クレンペラー、ジュリーニ、カンテッリなどの名指揮者だけでなく、デニス・ブレインなどの首席演奏者の演奏にも光があてられています。1958年4月7日、クレンペラー指揮によるR.シュトラウスのライヴ、現音楽監督のサロネン指揮による2018年9月ライヴ「浄夜」は初出となります
(2019/11/15)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

国際大会で話題の「国歌」を全世界の国すべて収録!『世界の国歌2019』(10枚組)

2019年現在における世界全ての国の「国歌」が収録されています。前作2013年版よりも更にパワーアップした内容となっており、例えば「イギリス」を例にとると、「女王陛下万歳」はオリンピック・ヴァージョンや短縮版まで様々な曲が用意されています。そして「第2の国歌」としておなじみエルガーの「希望と栄光の国」やパリーの「イェルサレム」も採用されています
(2019/11/14)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 クラシック オムニバス

貴重音源を含む廉価BOX!ラファエル・クーベリック「東欧音楽BOX」1944-1960(10枚組)

巨匠クーベリックが1944~60年にプラハ、ロンドン、エジンバラ、シカゴ、ウィーンで録音(一部ライヴ)した東欧の作曲家の作品をまとめた廉価BOX。ドヴォルザーク、スメタナ、ヤナーチェクらによるチェコの名作群のほか、ムソルグスキー「展覧会の絵」、チャイコフスキー「悲愴」、そして貴重音源のショスタコーヴィチの交響曲第9番といったロシア音楽も含まれています
(2019/11/14)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ジョージ・セル初出ライヴ!クリーヴランドとのシューマン第4&コンセルトヘボウとの第3番“ライン”

第4番は1965年のクリーヴランド管ヨーロッパ・ツアーでのパリ、シャンゼリゼ劇場でのライヴ。全曲を26分で駆け抜けた快速演奏で、セルがオーケストラをグイグイ引っ張るさまが目に見えるよう。第3番はコンセルトヘボウ管との1966年ライヴ。陰影の深い響きを重視したロマンティックで恰幅の良い演奏で、セルの表現の多様性を如実に示します。モノラルですが音質は年代並み、鑑賞に十分なものです
(2019/11/14)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ベーム&シュターツカペレ・ドレスデン/シューベルト:交響曲第8番“未完成”&第9番“グレート”(LPレコード2枚組)

最晩年のベームが1979年1月12日にドレスデン文化宮殿ホールで行った告別演奏会を、PROFILレーベルからALTUSがライセンスしLP化するもの。第9番“グレート”はLP時代にDGがリリースしたことがありましたが、第8番“未完成”は初LP化となります。LP用にリマスターを施し、アナログのマスターテープを作った上でLP化しています。180グラム重量盤2枚組、東洋化成プレス
(2019/11/14)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ベルリオーズ・イヤーをしめくくる名盤!ロトの“幻想”が早くもLPレコードで登場!

ハルモニアムンディから提供のハイレゾ・マスターを用いて、関口台スタジオにて、LPレコードのためにマスタリングを施しました。2019年録音で、ベルリオーズならではの狂気じみた強奏も豊かに響く録音も極上のオリジナル音源を、LPレコードの特性がさらに存分に発揮されたサウンドでお楽しみいただけます。限定生産、日本独自企画
(2019/11/14)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 バレエ

ベルリオーズ・イヤーをしめくくる名盤!ロトの“幻想”が早くもSACDシングルレイヤー盤で登場!

ハルモニアムンディから提供のハイレゾ・マスターを用いて、関口台スタジオにて、SACDシングルレイヤーのためにマスタリングを施しました。2019年録音で、ベルリオーズならではの狂気じみた強奏も豊かに響く録音も極上のオリジナル音源を、SACDの特性がさらに存分に発揮されたサウンドでお楽しみいただけます。限定生産、日本独自企画
(2019/11/14)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 バレエ

28年間分のベルリン・フィルのヨーロッパコンサートをすべて収録!『ヨーロッパコンサート1991-2018』(28枚組ブルーレイ)

1991年にスタートしたベルリン・フィルのヨーロッパコンサート。ベルリン・フィルの創立記念日5月1日に毎年ヨーロッパ各地のホールや歴史的建造物を巡る形で行われています。今回30周年を目前に、2018年までのコンサートを収録した28枚組ブルーレイ・ボックスがリリースされます。1993年、2005年、2009年、2012年の4つのコンサートは初ブルーレイ化!
(2019/11/14)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ

〈タワレコ限定〉VINTAGE COLLECTION+plus Vol.29(全7タイトル)

今回も貴重盤や世界初CD化、CD初出時の解説書の復刻を含む充実のラインナップ。アナログ音源は一部を除き本国のオリジナル・アナログ・マスターテープより最新デジタル化。今回の発売ために192kHz/24bitのハイビット・ハイサンプリング音源をCDマスターに使用。高音質を実現! 一部新規序文解説付き。オリジナル・ジャケット・デザイン使用(一部を除く)
(2019/11/13)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 現代音楽

ブロック&リール国立管によるラヴェル“ラ・ヴァルス”&アタイール“セルパン協奏曲”、他

フランス近現代作品の演奏で高い評価を得ている、1985年生まれのフランスの指揮者アレクサンドル・ブロック。リール国立管弦楽団と共演したラヴェルの“ラ・ヴァルス”、“スペイン狂詩曲”が登場。カップリングはフランスの作曲家バンジャマン・アタイールによるセルパンと管弦楽のための協奏曲“Adh-Dhohr”
(2019/11/13)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 現代音楽

マンゼ&ハノーファー北ドイツ放送フィルによるベートーヴェン“交響曲第5番「運命」&第7番”(SACDハイブリッド)

ベートーヴェン生誕250周年記念!アンドルー・マンゼと2014年から首席指揮者を務めるハノーファー北ドイツ放送フィルとの期待の新譜は2020年のベートーヴェン・イヤーにふさわしい交響曲第5番「運命」と第7番のカップリングでのリリースです。2019年にNDRハノーファーにてライヴ録音
(2019/11/12)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ソヒエフ&ベルリン・フィル~『ヴァルトビューネ・コンサート2019~A Fairytale Night(おとぎ話の夜)』

2019年のベルリン・フィル、ヴァルトビューネ・コンサートを指揮するのは、トゥガン・ソヒエフ。『A Fairytale Night(おとぎ話の夜)』と題されたコンサートはメインプログラムとして、プロコフィエフのバレエ音楽“ロメオとジュリエット”がソヒエフ編曲による組曲形式で演奏されました。そしてゲストにマリアンヌ・クレバッサを迎えてラヴェルの“シェヘラザード”などが取り上げられています
(2019/11/12)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 オペラ

アンドリス・ネルソンス&バーミンガム市響がオルフェオ・レーベルに残した名演集(9枚組)

若きネルソンスがOrfeoレーベルに残したバーミンガム市交響楽団との名演奏が9枚組BOXで登場!チャイコフスキーの後期交響曲集を始め、得意とするR.シュトラウスの交響詩集、ストラヴィンスキーの“火の鳥”、そしてショスタコーヴィチの“レニングラード”などが収録
(2019/11/08)

クラシック 交響曲・管弦楽曲