こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

ソニーとRCAの名盤を結集!『ベルリオーズ・アニバーサリー・エディション』(10枚組)

没後150周年を記念して、彼の野心、独創性、画期的な輝きのオーケストレーションなど、代表的作品をソニー・クラシカルとRCAの名盤から厳選して収録した10枚組ボックス。近年約50年のベルリオーズ作品演奏としての最も貢献するブーレーズ、ミュンシュ、バーンスタイン、バレンボイム、コリン・デイヴィス、小澤征爾らによる演奏です
(2019/02/22)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 オペラ

怪演、爆演!アーベントロートの『グレート』『太鼓連打』他、新リマスタリングで復活!

ターラ・レーベル初期にリリースされ長らく廃盤だったマニア御用達音源をALTUSがリマスター復刻。爆演指揮者アーベントロートの真骨頂、炎の『グレート』ライヴが音質一新で衝撃的に蘇りました。一方のハイドン『太鼓連打』とモーツァルト第39番は古典ゆえに気宇壮大、小細工なし正面衝突の大演奏!
(2018/11/28)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

スラットキン&デトロイト響の華麗なサウンド!コープランド“バレエ音楽「グローグ」、「ビリー・ザ・キッド」”

レナード・スラットキン率いるデトロイト交響楽団が2014年に録音したコープランドのバレエ音楽2曲。ホラー映画「吸血鬼ノスフェラトゥ」に影響され作曲した“グローグ”。もう1曲は代表的作品“ビリー・ザ・キッド”。通常は組曲版として演奏されますが、このアルバムでは完全版を収録
(2019/02/22)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 バレエ

ドゥダメル&ロス・フィル来日記念盤!ジョン・ウィリアムズの代表作を網羅した2枚組

ドゥダメル&ロサンゼルス・フィル の来日記念盤です。地上で一番ホットな指揮者ドゥダメルによるジョン・ウィリアムズ作品集。2019年1月のライヴ録音がラッシュ・リリースされます!
(2019/02/20)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 クラシック オムニバス

Naxos~2019年3月発売新譜情報(20タイトル)

今回はスラットキン&デトロイト響による『コープランド:バレエ音楽「グローグ」&「ビリー・ザ・キッド」』、ティアンワ・ヤンによる『リーム:ヴァイオリンとオーケストラのための作品集第2集』、人気シリーズ『ジョン・フィリップ・スーザ:吹奏楽のための作品集第18集』、など世界初録音も含むCD20タイトルがリリースされます
(2019/02/20)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 古楽・バロック 現代音楽 ブラス

小泉和裕&九州交響楽団による創立65周年記念演奏会ライヴ録音!マーラー“交響曲第8番「千人の交響曲」”

2016年より音楽監督を務める小泉和裕の指揮、九響合唱団を中心とする選りすぐりの大合唱団、そして日本を代表するソリスト8人によるマーラー“交響曲第8番「千人の交響曲」”。2018年9月22日、本拠地アクロス福岡で行なわれた、創立65周年記念の第370回定期公演をライヴ録音!
(2019/02/19)

クラシック 国内クラシック 交響曲・管弦楽曲

ダヴァン&リエージュ・フィルによるガブリエル・デュポンの知られざる管弦楽作品全集

ラヴェルと同世代のフランスの作曲家で36歳で夭折したガブリエル・デュポン。残した作品は数少なく、ピアノ曲“療養のとき”の管弦楽版をはじめ、“夏の日”、“宿命づけられた女の歌”という管弦楽作品すべてを収録したアルバムが登場
(2019/02/18)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

【日本語字幕付き】バーンスタイン企画・指揮・司会の『ヤング・ピープルズ・コンサート』BOX第2弾が登場!

バーンスタインが最も誇りに思う「仕事」の一つに挙げているTV番組『ヤング・ピープルズ・コンサート』。同シリーズは企画・指揮・司会をバーンスタインが務め、1958年から全53回1972年まで続きました。今回リリースされる第2弾には14のエピソードと若い演奏家による3つのコンサートが収録されています
(2019/02/15)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 クラシック オムニバス

ツァグロゼク&コンツェルトハウス管、ブルックナー第9&ブラームス第1を同時リリース!

マエストロ・ツァグロゼクの魅力は、なかなか一言で語りつくせないが、マエストロの人間性を反映させるかのような人情味溢れる響きを有しつつ、常に演奏が明晰であることが一番の魅力であろう。(略)これほど見事に、「知・情・意」の調和がとれた音楽づくりを出来るマエストロは唯一無二の存在ではなかろうか―(坂入健司郎)
(2019/02/15)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

セル&クリーヴランドのチャイコフスキー第4&“運命の力"序曲、ステレオ・ライヴ!

チャイコフスキーの第4番はセルの珍しいレパートリーで、クリーヴランドとはセッション録音を残さなかっただけに貴重な録音です。オケを駆り立てるようにドライヴした凄絶な名演で、聴衆の絶叫も当然と申せましょう。「運命の力」序曲も緊張感に富んだ、ドラマティックな名演です
(2019/01/08)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ヴェロニク・ジャンスが歌うショーソンの“愛の海の詩”!カップリングはブロック&リル管による“交響曲Op.20”

古楽から近代まで幅広いレパートリーを持つソプラノのヴェロニク・ジャンス。今回はブロック&フランス北部の名門リル管と共演でショーソンの“愛の海の詩”を録音しました。カップリングはショーソンの“交響曲Op.20”
(2019/02/15)

クラシック オペラ 交響曲・管弦楽曲

ティチアーティ新録音!ベルリン・ドイツ響とのブルックナー“交響曲第6番”!

ロビン・ティチアーティと、2017年から音楽監督を務めるベルリン・ドイツ交響楽団のコンビ第3弾はブルックナーの“交響曲第6番”を録音!2018年2月、ベルリン・フィルハーモニーで収録されました
(2019/02/15)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ユニバーサル音源復刻 “VINTAGE SA-CD COLLECTION”第16弾!リヒテル、クナッパーツブッシュ、グリュミオー

タワー企画盤『ヴィンテージSA-CDコレクション』の第16弾は、DG、Decca、旧Philipsの名盤を2点揃えました。(1)リヒテル/DG協奏曲録音集(3枚組)、(2)ワーグナー名演集/クナッパーツブッシュ&VPO(2枚組)、(3)ラロ:スペイン交響曲、他/グリュミオーの3タイトル。本国にて最新マスタリングを行いました。オリジナル・ジャケット・デザインを使用しています
(2019/02/14)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

ティエリー・フィッシャー&ユタ響のサン=サーンス録音第2弾!“交響曲第2番”、“死の舞踏”、“交響曲「首都ローマ」”

名古屋フィルの元常任指揮者としてもお馴染みのスイスの名指揮者、ティエリー・フィッシャー!蜜月時代を築くアメリカ、ユタ交響楽団とのサン=サーンス第2弾!“交響曲第2番”に“死の舞踏”と“交響曲「首都ローマ」”をカップリング!
(2019/02/14)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

リンドベルイ&ノールショピング響とのアラン・ペッテション録音シリーズ最新巻!“交響曲第17番”&“ヴァイオリン協奏曲第2番”(SACDハイブリッド)

クリスチャン・リンドベルイがノールショピング交響楽団と録音を続けている現代スウェーデンの作曲家アラン・ペッテションの交響曲シリーズ。今回は未完の交響曲“第17番”をブリンカとリンドベルイによる補筆完成版と、ウルフ・ヴァリーンを迎えて“ヴァイオリン協奏曲第2番”を録音
(2019/02/12)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽

3度目のグラミー賞受賞!ネルソンス&ボストン響のショスタコーヴィチ・シリーズ第3弾“交響曲第4番&第11番”(2枚組)

ネルソンスと彼が音楽監督を務めるボストン交響楽団のショスタコーヴィチ・シリーズ「スターリンの影の下のショスタコーヴィチ」第3弾!第1弾、第2弾ともグラミー賞を受賞。今回は昨年の来日公演で圧倒的な名演で度肝を抜いた交響曲“第11番”と、マーラーの影響が色濃く編成も最大で技術的にも至難の“第4番”を収録しています
(2019/02/12)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

日経日曜版「名作コンシェルジュ」に紹介!クレンペラー指揮のJ.シュトラウス2世:「こうもり」序曲 他

2019年2月11日(日)日本経済新聞日曜版の名物コラム「名作コンシェルジュ」に、往年のドイツの巨匠指揮者、オットー・クレンペラーとしては珍しいレパートリーにあたる『J.シュトラウス2世:「こうもり」序曲 他』が取り上げられました
(2019/02/11)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

「ベネズエラのフルトヴェングラー」エドゥアルド・チバスによるブルックナー後期三大交響曲集(3枚組)

ベートーヴェン全集が絶賛発売中の「ベネズエラのフルトヴェングラー」ことエドウアルド・チバスのブルックナーが登場!第7番は、ベネズエラ交響楽団にとっての初演。第8番もベネズエラ初演という歴史的な演奏会の記録です。極めて人間臭い土の香りのするブルックナーと申せましょう。第9番は、チバスのブルックナー愛、音楽愛の吐露とでも言うべき私小説的演奏です
(2019/02/08)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ハンス・ロスバウト『ブラームス/交響曲、セレナード、ピアノ協奏曲全集』(6枚組)

ハンス・ロスバウト(1895-1962)が南西ドイツ放送のために残したブラームスの演奏を全て集めたBOXが登場。交響曲第1番と第3番は2種の演奏を収録。ピアノ協奏曲のソリストもギーゼキングにアンダ、と万全です
(2019/02/08)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

ウェルザー=メスト指揮によるクリーヴランド管弦楽団創立100周年記念コンサートの映像が登場!ラン・ラン出演!

2018年9月29日に開催されたクリーヴランド管弦楽団100周年記念コンサートでは、2002年から率いるフランツ・ウェルザー=メストがウィーンを彩ってきた音楽をとりあげました。ラン・ランを迎えてモーツァルトの“ピアノ協奏曲第24番”に、ラヴェルの“ラ・ヴァルス”などメストとクリーヴランド管団の成熟を感じさせる素晴らしいコンサート映像です
(2019/02/08)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽