こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

4手オルガンで聴くドヴォルザークの《新世界より》!!

ただでさえ壮麗なグランド・オルガンを4手で操りレジストレーションも様々に工夫して音色を豊かにしたドヴォルザークの「新世界より」全曲とリスト後期の傑作ピアノ曲でオーケストラ編曲版もある2つの伝説から「波の上を渡るパオラの聖フランチェスコ」を収録。宇宙全体が轟くような豊饒なオルガンの響きをお楽しみ下さい
(2020/07/21)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

クラシックの王道名曲から映画音楽まで!ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団名演集(10枚組)

このBOXはロイヤル・フィルによるデジタル録音により、世界最大のクラシック音楽の祭典「プロムス」のクライマックスを仮想体験するような選曲がなされています。モーツァルト、ベートーヴェン、チャイコフスキー、ヴェルディ、ワーグナー、ブラームスなどの名曲から、「ジェームズ・ボンド」や「ゴッドファーザー」のような映画のテーマ音楽まで含まれています
(2020/07/21)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 クラシック オムニバス

アバドの珍しいライヴ!ウィーン・フィルとのブルックナー交響曲第1番&シカゴ響とのハイドン協奏交響曲

DOREMIのレジェンダリー・トレジャーズ・シリーズより、アバドの珍しいライヴ録音がリリースされます。ブルックナーの交響曲第1番(1972年、ウィーンでのライヴ)はメロディアで出ていたものと同音源のようです。シカゴ響の名手たちをソロにしたハイドンの協奏交響曲(1980年、シカゴでのライヴ)も収録しています
(2019/07/12)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

追悼発売!自作自演の名映像「モリコーネ・コンダクツ・モリコーネ」がブルーレイ化!

2020年7月6日に亡くなった作曲家、モリコーネが2004年にミュンヘン放送管弦楽団とミュンヘンのフィルハーモニー・ガスタイクで行ったコンサートの映像をデジタル・リストアしてブルーレイ化したもの。このコンサートは、モリコーネの息子ジョヴァンニ・モリコーネが監督を務めており、モリコーネの映画音楽人生を振り返るような内容で、途中には映画の場面が映し出されるなど、ファン必見の演出がなされています
(2020/07/21)

クラシック サウンドトラック 交響曲・管弦楽曲 クラシック オムニバス

CPO レーベル~2020年8月27日発売新譜情報(7タイトル)

知られざる名曲の発掘、古楽から現代まで幅広く揃えたコレクション、高品質の録音で人気を誇るドイツのCPOレーベル。今回はスローン&ボーフム響によるシュレーカーの管弦楽作品集第1集に、ダントーネ&アカデミア・ビザンチナによるチェスティの歌劇《ラ・ドーリ》、ドイツの作曲家エミーリエ・マイヤーの交響曲第1番&第2番、カメラータ・ケルンのテレマン:室内協奏曲集第2集などCD7タイトルがリリースされます
(2020/07/21)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 古楽・バロック

藤岡幸夫&東京シティ・フィル~伊福部昭:舞踊曲《サロメ》&芥川也寸志:交響曲第1番

このCDは、「日本の傑作を後世に残したい」と活動する指揮者の藤岡幸夫と東京シティ・フィルの熱意に応えたスタッフが集って完成しました。世界中のオーケストラで活躍する指揮者の藤岡幸夫のライフワークは日本の作品を普及することです。その藤岡が、2019年4月から東京シティ・フィルの首席客演指揮者に就任したタイミングでこのCD録音が計画されました。共にオリジナル譜を検証した決定版によるライヴ録音です
(2020/07/20)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 国内クラシック 現代音楽

タワーレコード×Sony Classical究極のSACDハイブリッド・コレクション第8弾!セル、R.ゼルキン、ミュンシュ

第8弾はジョージ・セル&クリーヴランド管弦楽団のドヴォルザーク&スメタナ、ルドルフ・ゼルキンとセルによるブラームス&モーツァルト/ピアノ協奏曲集、ミュンシュのベルリオーズの3タイトル。門外不出のオリジナル・アナログ・マスターを外部スタジオに持ち出した上で万全の状態で再生し、今回の発売のために新たにDSDリマスタリングを行ないました。長らく発売延期となっておりましたが2020年9月9日(水)発売が決定いたしました
(2020/07/20)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

1950~60年代ポーランドの貴重なモニューシュコ録音集!『モニューシュコ:歌曲、アリア、序曲~ 20世紀のベスト録音集』(3枚組)

1945年にクラクフで設立されたポーランドの音楽出版社「ポーランド音楽出版社」が新たに設立したレーベル「アナクラシス」によるHERITAGE(遺産)シリーズ。「ポーランド・オペラの父」と称されたスタニスワフ・モニューシュコ(1819-1872)が書いた家庭愛唱歌集からの様々な歌曲、代表的なオペラのアリア、様々なオペラからの序曲を集成した3枚組
(2020/07/20)

クラシック オペラ 交響曲・管弦楽曲

小澤征爾&サイトウ・キネンの再録音!ベートーヴェン:交響曲第7番、レオノーレ序曲第3番

1992年より毎夏開催されてきた『サイトウ・キネン・フェスティバル松本』(SKF)が2015年より『セイジ・オザワ松本フェスティバル』(OMF)となって2年目、通算25回目の開催となった2016年のベートーヴェン交響曲第7番。サイトウ・キネン・オーケストラとは1993年以来23年振りの再演/再録音となりました。カップリングは2017年OMFのレオノーレ序曲第3番を収録。こちらも1998年SKFから19年振りの再演/再録音です
(2020/07/17)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 国内クラシック

最新リマスターで蘇るレーグナー&ベルリン放送響セッション録音のブルックナー: 交響曲第4~9番(6枚組)

1980年から1985年にかけて1曲ずつ旧東独のエテルナ社のためにセッション録音したもの。何れもLP時代に日本でも発売されて高い評価を受けていたもので、私たちにとって馴染みのある録音です。今回、エテルナ社の音源を引き継いだBerlin Classicsのアーカイブに所蔵されたオリジナル・アナログ・テープからの最新マスタリング盤として蘇ります。担当エンジニアはクリストフ・スティッケル
(2020/07/16)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

パーヴォ・ヤルヴィ&フランクフルト放送響~フランツ・シュミット: 交響曲全集(3枚組)

フランツ・シュミット:交響曲全集の比類ない新録音が登場!パーヴォ・ヤルヴィ指揮するフランクフルト放送交響楽団による心を鷲掴みにする深く美しく力強いこれらの演奏を聴けば、今までこの作曲家の演奏機会が少なかったことが不思議に思われることでしょう。よく知られた珠玉の作品であるシュミットの歌劇『ノートル・ダム』の間奏曲も併録しています
(2020/07/16)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

Naxos~2020年8月第2回発売新譜情報(7タイトル)

今回は、名手アルド・チッコリーニが参加したブゾーニ: 2台ピアノのための作品集、ギリシャの作曲家カラファーティの世界初録音となる“交響曲イ短調”、ブラジルの作曲家カマルゴ・グァルニエリのショーロ第1集、アメリカの現代作曲家トビアス・ピッカーの“言葉のないオペラ”&“エンカンタダス”など世界初録音を含むCD7タイトルがリリースされます
(2020/07/16)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 交響曲・管弦楽曲 現代音楽 古楽・バロック

生誕150周年記念!フルシャ&プラハ放送響、バルトシュ~ヴィーチェスラフ・ノヴァーク:ピアノ協奏曲、交響詩“トマンと森の精”

ドヴォルザークに師事したチェコの作曲家ヴィーチェスラフ・ノヴァーク(1870-1949)は2020年、生誕150年を迎えました。このアルバムでは同郷の指揮者フルシャ&プラハ放送響と、ピアニストのヤン・バルトシュが録音。“ピアノ協奏曲”、ピアノ小品集“たそがれ”、そして交響詩“トマンと森の精”を収録
(2020/07/16)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

〈タワレコ限定・高音質〉ヴァーツラフ・ノイマン生誕100年記念企画第2弾~マーラー:交響曲全集(10枚組)

アナログ録音はチェコ、スプラフォン社にあるオリジナル・アナログ・マスターテープからDSDにダイレクト変換した音源を使用。限りなくマスターテープに近い音質を実現。尚、3曲のデジタル録音は、今回初めて日本コロムビアの「ORTマスタリング」を使用。一部世界初SACD化
(2020/07/15)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 オペラ

キタエンコ&ザグレブ・フィルによるプロコフィエフとハチャトゥリアンのオーケストラのための組曲集(2枚組)

プロコフィエフとハチャトゥリアン。20世紀を代表する2人のソ連の作曲家によるユニークなオーケストラのための組曲集。プロコフィエフは歌劇《修道院での婚約》の音楽を組曲にまとめた“組曲『夏の夜』”に、“スキタイ組曲『アラとロリー』”、ハチャトゥリアンは“組曲『仮面舞踏会』”、“組曲『スパルタクス』(抜粋)”を収録
(2020/07/15)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ルツェルン・フェスティヴァル・シリーズ第15弾!アルミン・ジョルダン&スイス・ロマンド管~ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲、ルーセル、ショーソン

ルツェルン・フェスティヴァル・シリーズ、初出音源集第15弾はルツェルン出身のアルミン・ジョルダンがスイス・ロマンド管弦楽団を振った1988年と1994年のライヴです。ジョルダンが最も得意としたフランス音楽で、ドビュッシー、ルーセル、ショーソンを収録。ショーソンの“愛と海の詩”ではフェリシティ・ロットが参加!
(2020/07/13)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 オペラ

ゲルギエフ&ミュンヘン・フィル~聖フローリアン修道院ライヴでのブルックナー交響曲全集が完結!

ミュンヘン・フィル自主制作録音盤。第4~7番が一挙登場し、ゲルギエフ&ミュンヘンによるブルックナー交響曲全集が完結。第4番は2015年9月のミュンヘン、ガスタイクでのライヴ録音に続く再録音となります。「伝統的なブルックナー特有の神秘性や宗教性を抜けだし、素朴な美しさと推進力が融合された画期的な解釈」と評された名演をお楽しみください
(2020/07/10)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ロト&ギュルツェニヒ管~シューマン:交響曲第1番&第4番[1841年初稿](SACDハイブリッド)

第1番「春」と第4番は実はともに1841年の作。後者は10年後に大改訂して出版する際に「4番」となったことが知られています。オリジナルな形にこだわるロトは第4番を初稿にて演奏。各楽章の表示がイタリア語(改訂版はドイツ語)で、音楽もかなり異なります。ロトは音の重なった初稿から抜群のバランス感覚で独特な音響を引き出し、陰影のはっきりしたにごりのないセピア色の世界を絶妙に表しています
(2020/07/09)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

若杉弘とN響のブルックナー/交響曲全集がBOXセットで登場!(10枚組)タワレコ先着特典ポストカード

2020年は指揮者・若杉弘の生誕85周年。2009年に惜しくも世を去った彼の残したライヴ録音から、CD化が望まれていたN響との伝説的ブルックナー・チクルスがボックス・セットで一挙発売されます。2020年に創立20周年を迎えるALTUSレーベルが長く温めていた渾身の大企画が遂に実現。2曲を除き完全初CD化です。【タワレコ特典】先着:若杉弘のオリジナル・ポストカード2枚セット
(2020/07/08)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

Berlin Classics×TOWER RECORDS コンヴィチュニー&ゲヴァントハウス管/メンデルスゾーン&ベートーヴェン、ブルックナー(SACDハイブリッド)

タワーレコードとベルリン・クラシックスによるアナログ録音のSACDハブリッド化プロジェクト第7弾。今回の発売のために、本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから専任のマスタリング・エンジニアであるウィーン在住のクリストフ・スティッケル氏がデジタル化&マスタリングを行った上で、最良の形としてリリースいたします
(2020/07/08)

クラシック 交響曲・管弦楽曲