こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

ECM New Seriesの後世に残すべき名盤をミッド・プライスで再発売!『21世紀のECM New Series』(10タイトル)

現代音楽、古楽やクラシックを融合させたユニークな録音で注目を集めるECM New Seriesの後世に残すべき名盤をミッド・プライスで再発売。今回は、ヒリヤード・アンサンブルの『モリムール』、アファナシエフによるシューベルト、ペレーニのチェロのための無伴奏作品集、シフのシューベルト、児玉桃のドビュッシーなど、マンフレート・アイヒャーの鋭い審美眼に貫かれたECM New Seriesの魅力を凝縮したヴァラエティ豊かな10作品!
(2022/05/24)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック 現代音楽

フュジェ率いるレゼポペーによるモンテヴェルディの歌劇“ウリッセの帰還”(3枚組)

ステファーヌ・フュジェ率いるレゼポペーがモンテヴェルディの傑作歌劇“ウリッセの帰還”を録音!弓奏弦楽器奏者7人に管楽器・撥弦楽器・鍵盤などが加わる総勢14人の器楽隊に、合唱まで含め全員がソリストからなる歌手陣には、ヴァレリオ・コンタルドを筆頭に、リュシル・リシャルド、シリル・オヴィティ、カウンターテナーのフィリッポ・ミネッチアが参加。2021年12月、ヴェルサイユ宮殿「十字軍の間」で収録
(2022/05/24)

クラシック 古楽・バロック オペラ

レシュ=カゼルタ&アンサンブル・エクジ&アンサンブル・エミオリアによる『ローマの勝利』~1686年、フランス王ルイ14世を讃えるローマの祝典の仮想的再現

1686年にローマで行われたルイ14世に捧げられた音楽会を再現したアルバム!フランスの作曲家たちにも大きな影響を与えたコレッリの作品を中心に、サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会に仕えた作曲家メラーニのセレナータも交えて編まれたプログラムを、当時の記録や証言に基づき大編成で演奏しているのが大きな特色です。コレッリの“トリオ・ソナタ”は規模の大きい弦楽編成に充実した通奏低音陣、曲によってはトランペット群とティンパニも加え、祝典の絢爛さを鮮やかに再現
(2022/05/24)

クラシック 古楽・バロック

ラトビアのピアニスト、ディアーナ・ザンドベルガが現代ラトビアのピアノ作品を録音!

このアルバムでは、13人のラトビアの作曲家によるピアノ作品が収録。ヤーニス・メディンシュがラトビアの詩人ライニスの『ようこそ太陽よ』からインスピレーションを得たロマンティックな“3つの序章”に、ヴァスクスの2つの小品など、現代ラトビアのピアノ作品が凝縮!
(2022/05/24)

クラシック 現代音楽 協奏曲・室内楽・器楽

近年再評価著しいフランスの女性作曲家フェルナンド・デュリュック:コンチェルタンテ作品集

フランスの女性作曲家フェルナンド・デュリュック(1896-1954)。六人組と同世代に生きたデュリュックはその存在に隠れあまり知られていませんが、近年再評価され未出版だった楽譜が近年刊行されるなど、演奏機会も増えつつあります。このアルバムでは協奏的作品を3曲収録。“トランペット、ホルンとオーケストラのための「英雄の詩」”は世界初録音
(2022/05/24)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ヴァランタン・トゥルネ&ラ・シャペル・アルモニークによるJ.S.バッハ:モテット集

ヴァランタン・トゥルネ率いるラ・シャペル・アルモニークによる、バッハの器楽編成付きモテット集。ヨハン・クリストフ・バッハのモテットではバロック期の一部の習慣に従い、器楽にカンマートーン(A=390Hz)、合唱にコーアトーン(A=465Hz)とピッチを別々に設定、約短三度の音程差を音符の読みかえ(器楽陣が in E♭ 読み)することで補正し、当時の音響感覚に迫るという興味深い試みも!
(2022/05/24)

クラシック 古楽・バロック

ルドヴィコ・ミナージによる18世紀ローマの名チェロ奏者の作品集!デル・チンクエ:2つまたは3つのチェロのためのソナタ集

ルドヴィコ・ミナージを中心に、バロック・チェロの名手たちが参加したこの録音は、その生涯さえ詳しく判っていない18世紀ローマのチェロの名手デル・チンクエの2つまたは3つのチェロのためのソナタ集。対等に活躍する2つのチェロに通奏低音パートを添え「3つのチェロのための」と題されたソナタの数々は、いずれも18世紀中盤以降にナポリの名手たちの妙技を介して広まった高音域奏法など技巧的なパッセージがふんだんに使われた作品です
(2022/05/24)

クラシック 古楽・バロック

ベルリン・フィルの首席ハープ奏者マリー=ピエール・ラングラメ新録音!『イシ&アイユー ~ 20世紀ソロ・ハープのためのオリジナル作品集』(2枚組)

1993年からベルリン・フィルの首席ハープ奏者として活躍するフランスの名ハーピスト、マリー=ピエール・ラングラメの新録音。今作は20世紀のハープのためのオリジナル作品で2枚組のソロ・アルバムを完成させました。1枚目は祖国フランスの作曲家たち、2枚目では、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、ロシアなど他国の様々な作曲家の作品を年代順に並べ、有名なレパートリーの柱となる作品と、あまり知られていない作品が交互に配置されています
(2022/05/24)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

石上真由子のDENONレーベル第1弾は鈴木優人との共演!ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番、ほか

2019年Opus Oneレーベルからデビューしたヴァイオリニスト石上真由子は、ヤナーチェクの「ヴァイオリンソナタ」をメインにしたCDをリリースし、各地でのリサイタル、コンチェルトの出演、自身が主宰する室内楽シリーズの公演等を幾度となく重ね、精力的に活動の幅を拡げている。DENONレーベル第1弾のCDは、NHK「クラシック音楽館」の収録で共演し相性の良さが出た演奏をした指揮者・ピアニスト・オルガニストの鈴木優人氏とのDUO作品
(2022/05/20)

クラシック 国内クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ユロフスキ&LPOのストラヴィンスキー・シリーズ第1弾!”火の鳥”&”春の祭典”、他(2枚組)

ロンドン・フィルの名誉指揮者(2021-)となったユロフスキ(1972 生まれ)。2018年(当時は首席指揮者、2008-2021)に1年間かけて行った、ストラヴィンスキー・フェスティヴァル「Changing Faces」シリーズを、全3巻でリリースするシリーズの第1弾。ストラヴィンスキーの作品を作曲年代順に演奏する好企画で、現地でも評判でした。第1弾は、≪火の鳥≫にいたるまでの最初期の作品を収録。フィルアップとして、≪春の祭典≫(2008年)を収録しているのもうれしいところ
(2022/05/20)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 バレエ

マルティン・ガルシア・ガルシア~2021年第18回ショパン・コンクール・ライヴ(2枚組)

個性的な様々なタレントが集結した第18回ショパン・コンクールの中でも、ひときわ強い異彩を放ち、審査員の中で賛否ありながらも圧倒的な魅力で決勝まで勝ち進み、見事上位入賞を果たしたガルシア・ガルシア。自由奔放な解釈、歌うような表現で全世界のオンライン視聴者の間でも話題を席巻し、審査が進むにつれ審査員の評価も上昇。ファイナルでは選択されることの少ないヘ短調の協奏曲(第2番)を選び、「最優秀コンチェルト演奏賞」の栄誉に輝きました
(2022/05/20)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

待望のリリース!反田恭平~2021年第18回ショパン・コンクール・ライヴ(2枚組)

内田光子に並ぶ日本人歴代最高位の第2位に輝いた反田恭平。第一次予選からファイナルまでコンクール全体を俯瞰する充実の2枚組。繊細なヴィルトゥオーゾ性を実現した第一次予選のノクターンやエチュード。印象的な速いテンポで魅せた第二次予選のワルツや「華麗なる」様式を輝かせたロンド・ア・ラ・マズル。第三次予選は『葬送ソナタ』と『英雄ポロネーズ』はもちろん、めったに聴くことのない遺作の『ラルゴ(神よ、ポーランドをお守りください)』にも注目です
(2022/05/20)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 国内クラシック

読売日本交響楽団の首席トランペット奏者、辻本憲一の初ソロ・アルバム!『トランペット作品集』

読売日本交響楽団の首席トランペット奏者として活躍する辻本憲一。初のソロ・アルバムが登場!デビュー作に選ばれたのは、そのキャリアの中でじっくりと温めてきた、真摯かつ硬派なプログラム。イギリス・フランス・アメリカ・旧ソ連の4作曲家による、時代性もスタイルもバラエティに富んだ作品群を通し、聴きごたえ満点の充実した演奏を繰り広げます
(2022/05/20)

クラシック ブラス 国内クラシック

ロレンツォ・ギエルミによるJ.S.バッハ新録音!今回は“イギリス組曲”(2枚組)

2021年に発売された“6つのパルティータ”に続く新録音は“イギリス組曲”。指揮者として古楽界を牽引する名匠でありバッハ作品の優れた解釈者でもあるロレンツォ・ギエルミによる、眼の醒めるような名演です
(2022/05/20)

クラシック 古楽・バロック 協奏曲・室内楽・器楽

ミシェル・ダルベルトの新録音はリスト!『Once upon a Time』~リスト:ピアノ作品集

フランスの巨匠ミシェル・ダルベルトが、リストを録音しました。抜群の語り口でつむがれる≪オーベルマンの谷≫に始まり、超絶技巧練習曲から特にダルベルトが愛奏している4作そして”神への憧れと悪魔的な緊迫のあいだを揺れ動く”とダルベルトが語る、ロ短調ソナタという充実のプログラム。ソナタでの壮大なスケールは、今のダルベルトにしかなしえない表現といえるでしょう。(キングインターナショナル)
(2022/05/20)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

Naxos~2022年6月第2回発売新譜情報(5タイトル)

今回はスペクトラム・コンサーツ・ベルリンが演奏するタネーエフの“弦楽三重奏曲&ピアノ四重奏曲”、オーバリン・トリオによる『ハイドン: ピアノ三重奏曲集第7集』、MARCO POLOレーベルからの移行盤『ブリティッシュ・ライト・ミュージック 第8集』など世界初録音を含むCD5タイトルがリリースされます
(2022/05/20)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 現代音楽

ヘンスラー・レーベルのお買い得BOX!リリングなどの名演が収録された『ブラームス:声楽曲傑作集』(6枚組)

独ヘンスラー・レーベルが誇る充実の音源を中心としたブラームスの声楽曲の傑作を集めた6枚組の登場!当セットでは“ドイツ・レクイエム”や“アルト・ラプソディ”など、リリングの名盤をはじめとする演奏でお届け。現在入手困難な録音も収められています
(2022/05/20)

クラシック オペラ

〈数量限定大特価 990円!〉マルティン・フレストと豪華共演者によるモーツァルト・アルバム!(SACDハイブリッド)

クラリネット奏者マルティン・フレストの名演モーツァルト・アルバムを数量限定大特価でご提供いたします!バセット・クラリネットを使用し、ブレーメン・ドイツ室内フィルを弾き振りした“クラリネット協奏曲”に、“ケーゲルシュタット・トリオ”ではアンスネス、タメスティと、“アレグロ K.Anh.91”ではヤンセン、リサノフなどと共演!
(2022/05/20)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 ブラス

『レコード芸術』2022年6月号~特選盤

毎月20日発売の月刊誌「レコード芸術」の2022年6月号における"特選盤"を集めました。輸入盤の取扱いの有るものはあわせてご案内しております。
(2022/05/20)

クラシック

今週の入荷、発売新譜タイトルをご紹介〈5月第3週分〉

2022年5月第3週に、入荷、発売されましたクラシック・ジャンルのタイトルをまとめてご紹介いたします
(2022/05/20)

クラシック