こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

スティーヴ・ライヒ: ディファレント・トレインズ、エレクトリック・カウンターポイント(LPレコード)

ミニマル・ミュージックの先駆者のひとり、ライヒの代表する2つの作品。録音した音声と弦楽四重奏による「ディファレント・トレインズ」。コンテンポラリー界とジャズ界を代表する名ギタリスト「パット・メセニー」のために書かれた「エレクトリック・カウンターポイント」のカップリングの名盤が、アナログLP盤で、完全限定生産で発売
(2018/10/19)

クラシック 現代音楽 協奏曲・室内楽・器楽

ユニバーサル音源復刻 “VINTAGE SA-CD COLLECTION”第14弾!バーンスタイン、クナッパーツブッシュ、ヨッフム

バーンスタインの1979年レコード・アカデミー賞受賞盤ベートーヴェン”ミサ・ソレムニス”、クナッパーツブッシュ&ウィーン・フィルのポピュラー・コンサート、ヨッフムの1964年ブルックナー第5オットーボイレン教会ライヴ。一部を除いて世界初SA-CD化!
(2018/10/18)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ

初出!バルビローリ至福のモーツァルト!夫人とのオーボエ協奏曲、“リンツ”交響曲

バルビローリの1956年スイスでの未発表録音が登場。自ら編集した「弦楽のための組曲、夫人とのオーボエ協奏曲、「リンツ」交響曲を収録。夫妻はハレ管と1959年にスタジオ録音していますが、こちらはその三年前。交響曲第36番「リンツ」はハレ管とのライヴも知られますが、愛奏曲らしく手の内に入ったホットな名演です
(2018/10/18)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

ティル・フェルナーのライヴ・アルバム!『イン・コンサート~ベートーヴェン&リスト』

ブレンデルも絶賛するピアニスト、ティル・フェルナー。2002年と2010年に行ったコンサートのから2曲収録。リストの“巡礼の年 第1年「スイス」”にベートーヴェンの“ピアノ・ソナタ第32番”が収められています
(2018/10/18)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

チェロとギターの二重奏!アニヤ・レヒナー&パブロ・マルケスによる“シューベルト:夜”

ドイツのチェロ奏者アニヤ・レヒナーとアルゼンチンのギタリスト、パブロ・マルケスによる美しい二重奏アルバム。シューベルトの歌曲に、ブルグミュラーのチェロとギターのためのオリジナル作品“3つの夜想曲”がカップリング
(2018/10/18)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ファウスト&メルニコフによるモーツァルト/ヴァイオリン・ソナタ・シリーズ第1弾!

二人によるモーツァルトのソナタ・シリーズは、東京・王子ホールでも2017年10月に公演があり、その細やかなアンサンブルで絶賛されました。今回は、1778年11月にパリで出版されたK.306と304、そしてドン・ジョヴァンニ作曲中に書かれたモーツァルトの最後のヴァイオリン・ソナタK.526(1787年完成)という組み合わせです
(2018/10/18)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

イザベル・ファウスト SACDシリーズ~ベルク&ベートーヴェン、フランク&ショーソン、バッハ

大好評の日本限定企画SACDシングルレイヤー・シリーズ。今回は、2012年度レコード・アカデミー大賞を受賞した「ベルク&ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲集」が登場!同じくレコード・アカデミー賞(室内楽部門)を受賞したフランクのヴァイオリン・ソナタ、そしてベザイデンホウトとのバッハのソナタ集、というラインナップ。3タイトルで、ファウストの使用楽器が異なるのもポイントです
(2018/10/18)

クラシック 古楽・バロック 協奏曲・室内楽・器楽

アスペレンの新作はJ.S.バッハ“フーガの技法”!1741年製作のチェンバロで録音(SACDハイブリッド)

ボブ・ファン・アスペレン、久々のバッハ録音は“フーガの技法”!バッハの存命当時、17世紀ドイツの名工クリスティアン・ゼルが1741年に製作したチェンバロを使用。また、2つの鏡像フーガでは、アスペレンの弟子であるドイツのチェンバリスト、ベルンハルト・クラップロットが第2チェンバロを担当しています
(2018/10/17)

クラシック 古楽・バロック 協奏曲・室内楽・器楽

知られざる作曲家の美しきピアノ協奏曲収録!ラトビアの女流作曲家ルーツィヤ・ガルータのピアノ作品集

ロシア帝国時代のリガで生まれ、旧ソ連時代を生きた20世紀ラトビアの女流作曲家ルーツィヤ・ガルータ(1902-1977)の“ピアノ協奏曲”と“ピアノ独奏作品集”。スクリャービンやフランス印象派を感じさせる作風で、“ピアノ協奏曲”はラトビア民謡の美しい旋律と濃厚な情感が溢れる魅力的な作品です
(2018/10/17)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽

バリー・ダグラスの新シリーズがスタート!『チャイコフスキー・プラス・ワン Vol.1』

チャイコフスキー・コンクールのゴールド・メダリスト、バリー・ダグラスの新シリーズ「チャイコフスキー・プラス・ワン」始動!チャイコフスキーの主要ピアノ作品と、他のロシア作品を組み合わせてプログラム。第1巻はチャイコフスキーの“四季”とムソルグスキーの“展覧会の絵”という名曲をカップリング!
(2018/10/17)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ティーレマンとシュターツカペレ・ドレスデンによる2014年R.シュトラウス生誕150年記念コンサート!(2枚組)

2014年5月15日と11月23日のライヴ。リヒャルト・シュトラウスの初期と最晩年の作品が収録され、“13管楽器のためのセレナード”、“ソナチネ第1番”“メタモルフォーゼン”に、首席ホルン奏者ロベルト・ラングバインをソリストに迎え“ホルン協奏曲第1番”を演奏。豊富な写真を含める68ページのカラー・ブックレットも貴重です
(2018/10/17)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

Naxos~2018年11月発売予定新譜情報(17タイトル)

今月の注目はズヴェーデン&香港フィルの“ワーグナー:ニーベルングの指環全曲BOX”!他に『リーム:ヴァイオリンとオーケストラのための作品集 第1集』、バルトルト・クイケン&インディアナポリス・バロック管による『ヴェルサイユの革命』、世界初録音となるC=テデスコのヴァイオリンのための作品集など、CD15タイトルと映像2タイトルがリリースされます
(2018/10/16)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽 オペラ 古楽・バロック ブラス

ホーネック&ピッツバーグ響によるベートーヴェン“英雄”&R.シュトラウス“ホルン協奏曲第1番”(SACDハイブリッド)

マンフレート・ホーネック率いるピッツバーグ交響楽団の大好評「ピッツバーグ・ライヴ!」シリーズ第8弾!今回はベートーヴェンの“交響曲第3番「英雄」”とリヒャルト・シュトラウスの“ホルン協奏曲第1番”。R.シュトラウスではピッツバーグ響の首席ホルン奏者ウィリアム・キャバレロがソロを務めています
(2018/10/16)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

Profile音源発掘シリーズよりナヴァラの魅力をすべて収めた魅惑の10枚BOX登場!

アンドレ・ナヴァラ(1911-88)は、フルニエ、ジャンドロンとならびフランス三大チェリストと賞されています。フランス風の洗練にあふれながらも骨太で力強い芸風に、日本でも人気が衰えることのない巨匠です。スケールが大きく豊かな感情が波打った協奏曲録音から、巧みな節回しと味わい深い表情が絶妙な小品演奏まで、幅広く収めています
(2018/10/15)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

上野星矢の会場限定盤を一般発売!『テレマン:無伴奏フルートのための12の幻想曲』

上野は、その類まれなる高い技術力と深い音楽性で、バロック作品としての構造美を保ちながら12の連作を、たわやかに、やわらかく歌い上げます。今の時代の新たな決定盤と成るべくフルートの最高傑作に日本を代表する若手フルート奏者上野が挑む、意欲的なアルバムです。ボーナス・トラックとしてアイルランド民謡「ロンドンデリーの歌」を収録!
(2018/10/15)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック 国内クラシック

アンナ・マリコヴァと新鋭ベレヌスSQによるシューマン、ショスタコーヴィチ/ピアノ五重奏曲集

ウズベキスタン出身のヴェテラン・ピアニストで名教師として日本でもお馴染みのマリコヴァと、モザイク四重奏団やアマティ四重奏団に学び、2011年にはスイス・オルフェウス室内楽コンクールで優勝、その後も様々なコンクールに入賞している新進気鋭のベレヌス四重奏団、注目の初共演盤です
(2018/10/15)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

【予約ポイント10倍】ラトル&内田光子のベートーヴェン:ピアノ協奏曲全曲ツィクルス(3CD+2BD)

ベルリン・フィル・レコーディングスよりラトル&内田光子のベートーヴェン、ピアノ協奏曲全曲ツィクルス(2010年録音)が発売されます。CD3枚、ハイレゾ音声が収録されたブルーレイ 1枚と、演奏会映像とインタビュー映像が収録されたブルーレイ1枚、さらにハイレゾ・ダウンロード・コード、デジタル・コンサート・ホールの7日間無料視聴チケットを収録。日本限定初回特典として内田光子&ラトルの生写真が封入されています
(2018/10/15)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 国内クラシック

Gramola レーベル~2018年11月発売予定新譜情報(6タイトル)

1924年、ウィーンに設立されたレーベル「Gramola」。クラシック音楽のリリースを幅広く手掛けていますが、中でもウィーン古典派の作曲家の録音に力をいれています。今回バドゥラ=スコダとデームスによる連弾でューベルトの“4手ピアノのための作品集”(2枚組)、イルンベルガーによる“マルティヌー:ヴァイオリン協奏曲集”など6タイトルがリリースされます
(2018/10/15)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 現代音楽

フォンテック~2018年11月発売予定新譜情報(3タイトル)

今回は尾高忠明&大阪フィルによるブルックナー:交響曲第8番〈ハース版〉や、ギタリスト益田展行の「フェルナンド・ソル作品集」、前作「モレーノ=トローバ:ギター作品集」がレコード芸術特選盤に選ばれたギタリスト益田正洋の「J.S.バッハ アルバム第2弾」の3タイトルがリリースされます
(2018/10/15)

クラシック 国内クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

シギスヴァルト・クイケン75歳記念!『協奏曲録音集成2006-2016』(10枚組)

2006年から2016年までにアクサン・レーベルへ録音した協奏曲を集成。ヴィヴァルディの“四季”、バッハの“ブランデンブルク協奏曲”“管弦楽組曲”、テレマン、ハイドン、モーツァルトなどの名演揃い。手兵ラ・プティット・バンドの合奏力の高さや、バルトルドのフルート・ソロも聴きものです
(2018/10/15)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック