こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

ミリアム・フリード、20年振りにバッハの無伴奏ソナタ&パルティータを再録音!

イスラエル出身のアメリカの女性ヴァイオリニスト、フリード(1946~)が2度目のバッハ/無伴奏全曲を録音。前回は20年前、一部で評判を呼びましたが、残念ながら廃盤となっています。今回の録音では、彼女のバッハ解釈の総決算が聴けることでしょう。※当商品はレーベル・オフィシャルのCD-R盤です
(2017/10/17)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック

〈タワレコ限定・高音質〉Definition Series第12弾レオニード・コーガン「EMI Stereo Legacy」(SACDハイブリッド)

旧ソ連の「ヴァイオリンの鬼神」コーガンの旧EMIへのステレオ録音を世界初SACDハイブリッド化!希少盤として知られるオリジナルLP6枚分を4枚(2枚組×2)に収録しています。2017年最新マスタリング音源使用、デジパック仕様の限定盤
(2017/10/17)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

アマンディーヌ・ベイエ&リ・インコーニティによる最新録音はJ.S.バッハの「偽作」集!?『BWV… or not?~偽物のバッハ』

アマンディーヌ・ベイエと古楽アンサンブル「リ・インコーニティ」の新録音はJ.S.バッハの作品目録では「偽作」に分類される、J.S.バッハが作曲したとされていた、あるいは、編曲した作品を集めたもの。バッハ以外の人のテーマに基づいてバッハ自身が作曲した作品も最後に収録されています
(2017/10/16)

クラシック 古楽・バロック 協奏曲・室内楽・器楽

復活!シギスヴァルト・クイケンとルーク・デヴォスによるモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ集(5枚組)

クイケンとデヴォスの黄金コンビによるモーツァルトの名盤が復活!素朴ながらも巧みな節回しでモーツァルトの魅力を気張ることなく私たちに提示してくれるクイケンの妙技は発売当初より評価が高かった録音です
(2017/10/16)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

クレーメルが注目するリュカ・ドゥバルグ、3枚目のアルバムはシューベルトとシマノフスキのピアノ・ソナタ集

2015年のチャイコフスキー国際音楽コンクールのピアノ部門で予選から注目され、第4位&モスクワ批評家協会賞受賞したリュカ・ドゥバルグ。3rdアルバムとなる今作はシューベルトの“ピアノ・ソナタ第13番&第14番”、シマノフスキの“ピアノ・ソナタ第2番”を収録
(2017/10/16)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

リーズ・ドゥ・ラ・サール、久々のソロ・アルバム!J.S.バッハとバッハに影響を受けた作品で構成された『バッハ・アンリミテッド』

naiveから鮮烈デビューして15年を記念してのリリースとなるリーズ・ドゥ・ラ・サールの新録音は、J.S.バッハと、プーランクやリストなどのバッハに影響を受け作曲した作品で構成。フランスの人気ジャズ・ピアニスト、トーマス・エンコの作品も収録し、4手の作品ではリーズと連弾しています
(2017/10/16)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック

メナヘム・プレスラーのモーツァルト第2弾は“幻想曲 KV.475”&ピアノ・ソナタ“第13番”“第14番”

1923年12月16日生まれのメナヘム・プレスラーが、2016年10月にパリで録音されたモーツァルトのピアノ作品集。2017年10月の来日公演予定曲目である“幻想曲 KV.475”に、ピアノ・ソナタ第14番 KV.457”を収録!
(2017/10/13)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

Alphaレーベルのお得なBOXが登場!『バロック名盤集大成』(18枚組)

古楽を中心に注目演奏を続々とリリースしている人気レーベル「Alpha」。今回なんとこれまで発売された名演・名盤を18枚厳選して廉価BOXとしてリリース!クルレンツィス&ムジカエテルナにカフェ・ツィマーマン、レオンハルトの演奏まで。日本語解説書は付きませんが、この価格はお得!
(2017/10/13)

クラシック 古楽・バロック 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ

ヘッカー&ヘルムヒェン、そしてヴァイトハースが参加!シューベルト:ピアノ三重奏曲&アルペジョーネ・ソナタ

チェロのマリー=エリザベート・ヘッカーとピアノのマルティン・ヘルムヒェンのデュオの最新作はシューベルト。“アルペジョーネ・ソナタ”と、名ヴァイオリニスト、アンティエ・ヴァイトハースが参加した“ピアノ三重奏曲”を収録
(2017/10/13)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

オルフェオ・レーベル「ザルツブルク音楽祭」シリーズ~2017年10月発売予定新譜(5タイトル)

1965年、45歳のミケランジェリによる「最初で最後」のザルツブルク音楽祭出演時の演奏が登場!他にもレヴァイン&ウィーン・フィルの1977年、モーツァルトの歌劇“皇帝ティートの慈悲”、ハインリヒ・シフ、ダニエル・バレンボイム、グレース・バンブリーのリサイタルがリリースされます!
(2017/10/12)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ

【予約ポイント10倍】長谷川陽子デビュー30周年記念CD『Tribute to Chopin』

ショパンがピアノ曲以外に書いた曲としては最も有名なチェロ・ソナタを中心に、「別れの曲」、「雨だれ」、ノクターン(作品9の2)など、通常ピアノ・ソロで演奏される耳馴染みのメロディーを、長谷川陽子が抒情的に哀愁を込めて弾いている
(2017/10/12)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 国内クラシック クラシック オムニバス

ブリリアント・クラシックス~2017年11月発売予定新譜情報(10タイトル)

オランダの良質な内容で人気クラシック廉価盤レーベル「Brilliant Classics(ブリリアント・クラシックス)」より2017年11月発売予定の新譜をご紹介いたします。名曲・定盤曲から、マニア心をくすぐる通な選曲まで取り揃えています
(2017/10/11)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック オペラ 現代音楽

トマス・デメンガによるJ.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲(2枚組)

スイスのチェロ奏者トマス・デメンガ。1986年から2002年にかけて録音した“無伴奏”以来、久々の再録音となるJ.S.バッハの“無伴奏チェロ組曲”。チェロ組曲全曲盤のCDからプレリュードとサラバンドを収めたLPアルバムも発売されます
(2017/10/11)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック

お得な全集!ブリリアント・レーベル『ベートーヴェン:作品全集』(85枚組)

ブリリアント・レーベルの豊富なベートーヴェン音源を使った全集です。今回のボックスは交響曲全集をブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデン、ピアノ協奏曲全集&ピアノ・ソナタ全集をブレンデル、弦楽四重奏曲全集をズスケ四重奏団などを収録
(2017/10/10)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ

ユーリ・マルティノフが2つの歴史的銘器で弾く『ベートーヴェン/リスト編:ピアノ独奏による交響曲全集』(6枚組)

フランツ・リストが当時のピアノのために編曲し、自身の演奏会で繰り返し弾いていたというベートーヴェンの交響曲。リュビモフ門下のユーリ・マルティノフが1837年製エラールと、1867年製のブリュートナー、二つの歴史的銘器を厳選し録音されたアルバムがBOXとなって登場!
(2017/10/10)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

日経新聞「名作コンシェルジュ」で紹介!クレーメル&アファナシエフのブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集

日本経済新聞2017年10月8日(日)のThe STYLE / Cultureの人気コーナー「名作コンシェルジュ」でタワーレコード企画盤クレーメル&アファナシエフの「ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集」が掲載されました!
(2017/10/10)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ヴィルデ・フラングの最新作は往年の名ヴァイオリニストたちが編曲した魅力的な小品集『オマージュ』

ノルウェーのヴァイオリニスト、ヴィルデ・フラング。2016年にリリースされた『ブリテン&コルンゴルト』に続く最新録音は、クライスラーやハイフェッツ、シゲティ、アウアーなどの名ヴァイオリニストたちが編曲した小品集
(2017/10/06)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 クラシック オムニバス

鈴木理恵子と若林顕によるモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ集第3弾(SACDハイブリッド)

ヴァイオリンの鈴木理恵子とピアノの若林顕によるモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ録音シリーズ第3弾。“第27番K.303”、“第30番K.306”、“第33番K.377”、“第36番K.380”の4曲を収録。2017年7月18-20日に相模湖交流センターで録音
(2017/10/06)

クラシック 国内クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

スティーヴン・ハフの新録音はドビュッシーの“版画”“映像”“子供の領分”!

スティーヴン・ハフの約2年ぶりとなるソロ・アルバムは、2018年のドビュッシー没後100周年を彩るアニヴァーサリー・アルバム!“版画”“映像”“子供の領分”“喜びの島”などを収録しました
(2017/10/06)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

モディリアーニ弦楽四重奏団、新たなメンバーを迎えた初めての録音はシューマンの“弦楽四重奏曲全集”

2016年、第一ヴァイオリンのベルナール・フィリップの怪我により、元フランス放送フィルのコンマス、アムリ・コエイトーを新メンバーに迎えたモディリアーニ弦楽四重奏団。新メンバーとの初めての録音はシューマンの“弦楽四重奏曲全集”!
(2017/10/05)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

  
ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.