こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

広瀬悦子がコンポーザー=ピアニスト、モシュコフスキーのピアノ作品集を録音!

“15の練習曲”でもお馴染みのポーランドのコンポーザー=ピアニスト、モーリツ・モシュコフスキー。2020年の「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO」にも出演予定のピアニスト、広瀬悦子がモシュコフスキーの知られざるピアノ作品を録音!
(2020/02/25)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 国内クラシック

シゲティの名盤J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全曲がオリジナル装丁でLP復活!

シゲティが米ヴァンガードからリリースしたバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全曲は夙に名盤として知られていますが、初出時のオリジナル装丁でのLP化は今回が初めて。インナーの英文解説を含めて復活しており、アナログ派の方には堪えられないものと言えるでしょう
(2020/02/21)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ドイツの名手ヴォルフガング・マルシュナーが弾く幻の録音!J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリン全曲

ヴォルフガング・マルシュナーは1926年ドレスデン生まれのヴァイオリニストで、作曲家、指揮者、および教師としても活動しました。LP時代にドイツのマイナー・レーベルへ録音しましたが、LPはどれも希少盤となっており、このバッハ無伴奏も幻の録音となっていました
(2020/02/21)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ラルス・フォークトがロイヤル・ノーザン・シンフォニアを弾き振りしたブラームスの“ピアノ協奏曲第2番”

2017年まで、ロイヤル・ノーザン・シンフォニアを自ら指揮し、ベートーヴェン協奏曲ツィクルスに取り組んできた名手ラルス・フォークト。今作ではブラームスの“ピアノ協奏曲第2番”を弾き振りしています!カップリングは“ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ”
(2020/02/21)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

テツラフ・カルテットのベートーヴェン: 弦楽四重奏曲 第15番&第13番(2枚組)

ONDINEレーベルから2作目の発売となるこのアルバムで彼らが取り上げたのは、2020年に生誕250年を迎えるベートーヴェンの2曲の弦楽四重奏曲。どちらもベートーヴェンの晩年を代表する高い人気を誇る作品です。テツラフ・カルテットは晩年のベートーヴェンの崇高な意思を反映させ、凝縮した表現による熱い演奏を聴かせます
(2020/02/21)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ユニバーサル音源復刻 “VINTAGE SA-CD COLLECTION”第22弾!バーンスタイン、ラサール弦楽四重奏団

(1)バーンスタイン&ウィーン・フィル/ベートーヴェン: 交響曲全集、《レオノーレ》序曲第3番、《プロメテウスの創造物》序曲、《シュテファン王》序曲、歌劇《フィデリオ》序曲、(2)ラサール弦楽四重奏団/ベートーヴェン: 後期弦楽四重奏曲集。(2)は世界初SA-CD化!本国のオリジナル・アナログ・マスターから新規で高品位デジタル化後、最新マスタリングを行いました
(2020/02/21)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

ペーテル・ヤブロンスキー待望の新録音はONDINEレーベルよりスクリャービンの“マズルカ集”!

ヤブロンスキーのONDINEレーベルへの初アルバムは、スクリャービンのマズルカ集。ショパンの影響が垣間見える初期のマズルカから、独自の神秘的な作風による後期のマズルカまで全ての曲が収録されています。2019年7月イタリアで録音
(2020/02/19)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

エッシェンバッハが若き奏者たちと奏でるヒンデミットの“室内音楽集”第1集

今回の「室内音楽」全曲シリーズは、エッシェンバッハの指揮のもと、若き奏者たちが巧みな演奏を繰り広げるもので、第1集には第1番から第3番と、小ぶりな編成による「小室内音楽」を収録。ソリストだけではなく、他のメンバーも見事な技術と音楽性を誇り、各々の個性が際立つ見事なアンサンブルを聴かせます
(2020/02/19)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

明るい音色と歌ごころ。イタリアの名チェリスト、ヤニグロの珍しい音源をBOX化!(4枚組)

この4枚組BOXには指揮者としても有名だったヤニグロのチェリストとしての名演を数多く収録。協奏曲ではハイドンはケンペ、ドヴォルザークはエーリヒ・クライバー、リヒャルト・シュトラウスの「ドン・キホーテ」はライナーといった指揮者との共演で聴きごたえ満点。ソナタや室内楽でもバドゥラ=スコダやデムスの妙技を楽しめます
(2020/02/18)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック

CPO レーベル~2020年3月発売新譜情報(8タイトル)

知られざる名曲の発掘、古楽から現代まで幅広く揃えたコレクション、高品質の録音で人気を誇るドイツのCPOレーベル。今回はクロンマーの交響曲集第3集、テレマンの“マルコ受難曲”、パッヘルベルのマニフィカト集、クロアチアの国民的歌劇、ゴトヴァツの“いたずら者エロ”、再発盤をBOX化したエルンスト・トッホの“弦楽四重奏曲集”(4枚組)などCD8タイトルがリリースされます
(2020/02/18)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック オペラ ブラス

グラミー賞受賞記念アナログLP化!「アタッカ四重奏団/キャロライン・ショウ: オレンジ」

ヴァイオリニストの徳永慶子さんが参加したアタッカ四重奏団の「キャロライン・ショウ: オレンジ」」が第62回グラミー賞(2019年度)最優秀室内楽賞を受賞。受賞を記念して、限定ピクチャーアナログLPが限定発売されます!
(2020/02/14)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 国内クラシック

戦前の決定盤!ブッシュ四重奏団のベートーヴェン:後期弦楽四重奏曲集がアナログLP化!

20世紀前半のドイツを代表する名ヴァイオリニスト、アドルフ・ブッシュ率いる《ブッシュ四重奏団》による「ベートーヴェン:後期弦楽四重奏曲」が、アナログLP盤で限定復刻。戦前の日本でもSPレコードで発売され、決定盤扱いされていた歴史的名盤です
(2020/02/14)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

女性5名による弦楽アンサンブル、スモーキング・ジョセフィーヌ!エベーヌSQのマリー・シレムも参加

フランスの実力と美貌を兼ね備えた弦楽ユニット、スモーキング・ジョセフィーヌのデビュー盤です。リーダーは2007年から2017年までトゥールーズ・キャピトル管弦楽団のコンサート・ミストレスを務めたジュヌヴィエーヴ・ロランソー、ヴィオラはエベーヌSQのマリー・シレムが務めるなど、まさに女性版フィルハーモニクスといったところです
(2020/02/14)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 クラシック オムニバス

カナダの天才ジェームズ・エーネス~ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集完結!

2017年3月に発売された「クロイツェル・ソナタ」からスタートしたベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ集。生誕250周年の記念イヤーに、「春」を含む3つのソナタと「ロンド WoO.41」と「6つのドイツ舞曲 WoO.42」まで含めた第3巻で堂々の全集完結となります
(2020/02/14)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ナッシュ・アンサンブル/クララ・シューマン&ファニー・メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲集

ロマン派を代表する女流音楽家のピアノ三重奏曲と弦楽四重奏曲。それぞれが「ロベルトの妻」、「フェリックスの姉」として大作曲家の陰に隠れ、近年は再評価の機運が高まりつつあるも、まだ録音・演奏機会の少ない室内楽作品をハイ・クオリティなパフォーマンスで聴くことのできる好機です
(2020/02/14)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

スティーヴン・ハフ&ハンヌ・リントゥ~ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集(3枚組)

イギリスの名ピアニスト、スティーヴン・ハフ。フィンランドの俊英ハンヌ・リントゥ率いるフィンランド放送交響楽団(2020年5月来日予定)とともに2019年5月にベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲演奏会を行い、その約1か月後に万全の体制でスタジオ録音されたベートーヴェン!
(2020/02/14)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

Profilよりヴァイオリンの鬼才マイケル・レビン絶頂期の神業を堪能できるお買い得セット!

マイケル・レビン(1936-1972)は1972年に35歳の若さで急逝しました。幼くして天才と目され、ジュリアード音楽院の名伯楽イヴァン・ガラミアンが「何の欠点もない」と太鼓判を押すほどの才能でした。これは彼の米エンジェルへのセッション録音と、ショルティ&LAPOとの貴重なライヴ録音を4枚にまとめています
(2020/02/13)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ル・サージュが取り組むブラームス“室内楽作品全集”第6集は、ストラーダSQとのピアノ五重奏曲&弦楽四重奏曲集

エリック・ル・サージュの主導で始まった「ブラームス室内楽作品全集」の第6集は3曲の弦楽四重奏曲とピアノ五重奏曲の組み合わせ。フシュヌレ、ネムタヌ、ベルトー、サルクをメンバーとするストラーダ四重奏団は、3つの作品が持つ性格をくっきり描き分け、かつ新鮮な演奏を聴かせます
(2020/02/13)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

オイストラフ、バックハウス、ヤニグロ、マゼールらの貴重ライヴ音源が満載!(9枚組)

スペクトラム・サウンド・レーベルがフランス国立視聴覚研究所(INA)提供の音源を中心とした好評のグレイト・アーティスト・シリーズ。当セットにはオイストラフ&クリュイタンスの3大Bヴァイオリン協奏曲集、バックハウス&カイルベルトのベートーヴェン、ヤニグロ&デームスの3大B作品集、マゼール&フランス国立管の“クレイト”など貴重音源が満載です
(2020/02/13)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

名女流デ・ヴィートのメンデルスゾーン&ベートーヴェン!2トラック、38センチ、オープンリール・テープ復刻

当シリーズにいよいよジョコンダ・デ・ヴィートが登場します。曲はメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲(セッション録音)と、ベートーヴェンの同じくヴァイオリン協奏曲(ライヴ)です。演奏については今さら触れるまでもないと思いますが、テープに刻まれた情報を最忠実に再現、特に独奏ヴァイオリンの音像がよりリアルに再現されます。(平林直哉)
(2020/02/13)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽