こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

フォンテック名盤セレクション第2弾~尾高忠明&大阪フィル、北村朋幹、川瀬賢太郎&神奈川フィル、西本幸弘

1971年の創立以来、フォンテックは日本の音楽家を中心に、後世に残すべき創作・演奏作品のソフトをリリースしてまいりました。来年2月に創立50年を迎えるにあたり、<フォンテック名盤セレクション>は、アーティストのメッセージとともに、期間限定・無料で既発売CDから選りすぐりの音楽をお届けいたします。音楽芸術を愛する皆様、また在宅勤務や外出がままならない状況を余儀なくされている多くの方々に、お楽しみいただくことを願っております。(フォンテック)
(2020/05/27)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 国内クラシック

ヴァディム・ホロデンコ~プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第6番、つかの間の幻影、他

プロコフィエフのピアノ協奏曲全曲録音を完了し、高い評価を受けたホロデンコ。今作はファツィオリのピアノで弾く独奏曲集。「戦争ソナタ」第1作を成す傑作“ピアノ・ソナタ第6番”に“つかの間の幻影”、そして弾かれることの少ない“4つの小品”、“その物自体”を取り上げています
(2020/05/27)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

名指揮者コンスタンティン・シルヴェストリが作曲したピアノ作品を全曲録音!(2枚組)

ルーマニアのピアニスト、ルイザ・ボラックによる、同郷の指揮者シルヴェストリが作曲家として残した全ピアノ曲を収めたアルバムが登場。シルヴェストリの作風は故郷ルーマニアの民俗音楽を源とする東欧色に満ち、バルトークとエネスコの影響が感じられます。カップリングにはエネスコの未完のピアノ協奏曲に、世界初録音となるクルタークが2017年に妻の90歳の誕生祝いに書いた“2つのピアノ小品”を収録
(2020/05/27)

クラシック 現代音楽 協奏曲・室内楽・器楽

エラス=カサドによるベートーヴェン第九!ベザイデンホウト参加の合唱幻想曲も収録

2020年ベートーヴェン・イヤーにあわせてハルモニアムンディが展開しているベートーヴェン・シリーズ、第九の登場。指揮は近年充実著しいパブロ・エラス=カサド、管弦楽はフライブルク・バロック・オーケストラ。ソリスト陣も第一線で活躍する顔ぶれです。合唱は2011年設立で既に世界を席巻している団体、チューリヒ・ジング・アカデミーです
(2020/05/26)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

エリーザベト・レオンスカヤ最新録音!シューマン作品集(2枚組)

円熟著しいレオンスカヤ最新盤はシューマン作品集。2枚組で変奏曲形式のものがディスク1に、ピアノ・ソナタ2曲ががディスク2に収められた力作で、充実の至芸を堪能できます。2018年~2019年にかけてブレーメン・ゼンデザールで収録
(2020/05/26)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

田中彩子に書き下ろし!アルゼンチン出身の作曲家エステバン・ベンセクリ作品集!コロラトゥーラ・ソプラノとオーケストラのための連作歌曲、他

アルゼンチンで生まれフランスを拠点に活躍する作曲家、エステバン・ベンセクリ。このアルバムでは、コロラトゥーラ・ソプラノ、田中彩子のために書き下ろされた“コロラトゥーラ・ソプラノとオーケストラのための連作歌曲”に、“ヴァイオリン協奏曲”と“クラリネット協奏曲”の3曲を収録。すべて世界初録音!
(2020/05/26)

クラシック 現代音楽 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 国内クラシック

ゲーベルのベートーヴェン生誕250年プロジェクト第3弾!サリエリ、フンメル、ヴォジーシェク:作品集

ラインハルト・ゲーベルによる2020年のベートーヴェン生誕250年記念プロジェクト「ベートーヴェンの世界」。ベートーヴェンと同時代の作曲家の知られざる作品をメインに選曲されています。第3弾は、古典派の血からロマン派の息吹が流れ出す瞬間を捉えた重要作3曲。ヴォジーシェクの“交響曲”に、サリエリの“「スペインのフォリア」の主題による26の変奏曲”、フンメルの“ヴァイオリンとピアノのための二重協奏曲”を収録
(2020/05/26)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

ジャック・ティボー・トリオ~モーツァルト:弦楽三重奏曲全集

2019年に結成25周年を迎えたジャック・ティボー・トリオ。結成当初からの重要レパートリーであるモーツァルトの弦楽三重奏曲全曲を録音しました。弦楽三重奏の形態をとる“ディヴェルティメント K.563”に、バッハのフーガに前奏曲(アダージョ)をつけた構成でモーツァルトが作曲したと言われている“6つの前奏曲とフーガ K.404a”を収録。(一部ボーナストラックとしてフリーダウンロード予定)
(2020/05/22)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

J.ウィリアムズが初めてウィーン・フィルを指揮したライヴがCD、LP、ブルーレイで登場!

映画音楽のレジェンド、ジョン・ウィリアムズがウィーン・フィルを指揮して自身の代表作を演奏したライヴ・アルバム。「May the Force be with you.(フォースと共にあらんことを)」にちなんで「スター・ウォーズの日」として知られる5月4日(=May 4th)、ジョン・ウィリアムズが世界最高峰のオーケストラ、ウィーン・フィルを指揮したコンサートのライヴ・アルバム『ジョン・ウィリアムズ ライヴ・イン・ウィーン』を8月14日に発売することが発表されました
(2020/05/21)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 クラシック オムニバス

「レ・シエクル」トップメンバーによる弦楽六重奏版“田園”&シェーンベルク“浄夜”

編曲者はベートーヴェンと同時期のミヒャエル・ゴットハルト・フィッシャー(1773-1829)。「田園」が発表されて2年後にヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ各2本のための充実した編曲を行いました。演奏するレ・プレイアードはおうし座のすばる星団のフランス名。全員がロトの率いるピリオド楽器オーケストラ「レ・シエクル」のメンバーで、もちろん今回もピリオド楽器使用
(2020/05/21)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ベルリン・フィルの名物ホルン奏者サラ・ウィリスによる、モーツァルトとキューバ音楽組み合わせた楽しい一枚!『モーツァルトとマンボ』

ベルリン・フィルで活躍するホルン奏者、サラ・ウィリス。初めてキューバを訪れた際、当地の音楽に感銘を受け、さらに当地の音楽家が「モーツァルトはきっと素晴らしいキューバ人になったはず」と語ったことがヒントとなり、このアルバムが誕生しました。モーツァルトのホルン作品と、“エル・マンボ”や“くちなしの花ふたつ”などキューバ音楽、モーツァルトとキューバ音楽を融合した作品など組み合わせています。2020年1月にハバナのオラトリオ・サン・フェリペ・ネリ教会で収録
(2020/05/21)

クラシック ブラス 協奏曲・室内楽・器楽

樫本大進、ル・サージュ、パユ、メイエ、プレッサーという豪華メンバーによる20世紀初頭ウィーンの室内楽作品集!(2枚組)

ウィーンを中心に活躍していたコルンゴルト、ツェムリンスキー、マーラー、ベルク、シェーンベルクという5人の作曲家が、1896年から1923年にかけて作曲した室内楽作品を集めたアルバム。アルバムの注目はなんといっても豪華な演奏陣。ル・サージュ、樫本大進、パユ、メイエ、プレッサーという魅了あふれる共演が収録!
(2020/05/21)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

シプリアン・カツァリスが元スカラ座ハーピスト、イザベル・クレと共演!ハープとピアノのためのアレンジ集『ハープ・ミーツ・ピアノ』

ベートーヴェンの生涯を「ピアノ1台」で表現するという前代未聞のプロジェクトで話題のシプリアン・カツァリスの最新作は、元スカラ座のハーピスト、イザベル・クレと共演。ラフマニノフ、ライネッケ、ピアソラ、アルベニスの「ハープとピアノ版」を収録。また、ハープとピアノという珍しい組み合わせに興味を持ったフランスの作曲家、レジス・シェスノーの現代的な作品も取り入れています
(2020/05/21)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 クラシック オムニバス

イタリアの名ピアニスト、プロッセダのショパン・アルバムが初LPレコード化!

「ショパンの音楽は、私にとって独特の詩的な地平を開いてくれました。これらの小品は、私にとって偉大な美と深みへの内なる道を構成しています」(ロベルト・プロッセダ)2010年にCD発売されたショパン・アルバムの16曲中9曲が初LP化されます!
(2020/05/20)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

約43年ぶりの再録音! ポリーニのベートーヴェン/後期3大ピアノ・ソナタ集がLPレコードに

ドイツの天才作曲家の生誕250年記念に寄せた伝説のピアニストによるオマージュは、批評家や聴衆を魅了しています。ベートーヴェン・イヤーの最も重要で成功した音盤としての地位を確立しつつある最上級の録音がLP化されます。 (メーカーインフォより翻訳:板倉重雄)
(2020/05/20)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ルドルフ・ゼルキンのDG録音を初集成「ルドルフ・ゼルキン・エディション」(9枚組)

20世紀の偉大なピアニストとして知られるルドルフ・ゼルキン(1903-1991)が晩年にドイツ・グラモフォンに録音したCDを初集成。オリジナル・ジャケット仕様。Ted Disterによるライナーノーツ(英語、ドイツ語)掲載のブックレット(28ページ)付き
(2020/05/19)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

フォンテック名盤セレクション~渡辺玲子、札幌交響楽団、津田裕也、藤村実穂子、伊藤恵

1971年の創立以来、フォンテックは日本の音楽家を中心に、後世に残すべき創作・演奏作品のソフトをリリースしてまいりました。来年2月に創立50年を迎えるにあたり、<フォンテック名盤セレクション>は、アーティストのメッセージとともに、期間限定・無料で既発売CDから選りすぐりの音楽をお届けいたします。音楽芸術を愛する皆様、また在宅勤務や外出がままならない状況を余儀なくされている多くの方々に、お楽しみいただくことを願っております。(フォンテック)
(2020/05/27)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 交響曲・管弦楽曲 国内クラシック

マイケル・コリンズ&フィルハーモニア管~ヴォーン=ウィリアムズ“交響曲第5番”&吹き振りでフィンジ“クラリネット協奏曲”(SACDハイブリッド)

2015年に大英帝国五等勲爵士を受章したクラリネット奏者、指揮者のマイケル・コリンズがフィルハーモニア管弦楽団との共演で母国の作曲家ヴォーン=ウィリアムズの“交響曲第5番”と吹き振りによるフィンジの“クラリネット協奏曲”を録音!
(2020/05/19)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

N響のゲスト・コンサートマスターに就任した白井圭と伊藤恵が共演『シューマン ヴァイオリンとピアノのための作品集』

2020年4月よりNHK交響楽団のゲスト・コンサートマスターに就任したヴァイオリニスト白井圭が、スペシャリスト伊藤 恵との共演によるシューマン晩年の傑作群を録音。シューマンの奥義と《天性の音楽家》白井圭の魅力を余すことなく伝えます
(2020/05/18)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 国内クラシック

G.ネイガウス門下の名女流ヴァレンティナ・カメニーコヴァー生誕90年記念の2枚組が登場!

典型的なロシア奏法を受け継いだチェコのピアニスト、カメニーコヴァー(1930~89)は、チェコ随一のテクニックと知性を誇る名手、名教師として知られながら、CDの黎明期に世を去ったためその名が不当に忘れられていました。今回のチェコ放送ラジオ・サービスからの復刻CDは彼女の生前の名声を証明する一組となることでしょう
(2020/05/18)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽