こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

わたせせいぞう原作のアニメ『ハートカクテル』の集大成サウンドトラックが2024年2月14日発売

2024年に画業50周年記念を迎えるわたせせいぞう。大好評のアニメーション「ハートカクテル」最新作のテーマ曲と挿入曲の2曲を含むハートカクテルの集大成サウンドトラック2枚組が登場!全6タイトル制作されたアニメ「ハートカクテル」オリジナルサウンドトラックのなかから、わたせせいぞう自ら選んだ楽曲を、最新のリマスタリングにて収録。四季折々、さまざまなシチュエーションで楽しめる極上の作品集。
(2023/12/04)

J-Pop サウンドトラック

Ze Rodrix(ゼ・ロドリックス)|『O Esquadrao Da Morte』ブラジル産オブスキュア・サウンドトラックがCD/LP復刻

トロピカリアの香りも残るサイケデリアにヨーロッパのライブラリーにも通じるほの暗さがミックスされた唯一無二の世界観!
(2023/11/21)

K-POP/ワールド ロック/ポップス ソウル/クラブ/ラップ サウンドトラック

大河ドラマ『どうする家康』オリジナル・サウンドトラック コンプリートBOXが12月20日発売

すでにリリースされているオリジナル・サウンドトラックVol. 1~3に加え、初CD化となるオリジナル・サウンドトラックVol. 4、さらにサウンドトラックの楽曲をピアノのみで演奏した稲本響によるピアノ・ソロ集を収録したボーナスディスクが付属される。高音質SHM-CD仕様の全5枚組。
(2023/11/20)

J-Pop サウンドトラック

『桃太郎電鉄ワールド ~地球は希望でまわってる!~』サウンドトラックが2024年1月24日発売

桃太郎電鉄シリーズの最新作「桃太郎電鉄ワールド ~地球は希望でまわってる!」のオリジナルサウンドトラック。
(2023/11/16)

J-Pop サウンドトラック

『黒澤明と早坂文雄の対話』~1955年5月1日(日) 早坂文雄邸での歴史的対話が世界初CD化!

黒澤明監督作品『酔いどれ天使』『野良犬』『醜聞』『羅生門』『白痴』『生きる』『七人の侍』『生きものの記録』などの映画音楽や数々の純音楽作品を手がけたことで知られる作曲家 早坂文雄。1955年2月、当時まだ珍しかったテープレコーダーを購入した早坂は、来客がある度に会話を録音し、後日それを聴いて楽しんでいました―――これらの録音は、図らずも早坂が同年10月15日に肺気腫(突発性肺気胸)で急逝したため、早坂の晩年を記録する極めて貴重な資料となります
(2023/11/15)

クラシック 現代音楽 国内クラシック サウンドトラック

服部隆之が手掛ける連続テレビ小説「ブギウギ」オリジナル・サウンドトラックVol.1が12月20日発売

戦後の大スター 笠置シヅ子をモデルにした連続テレビ小説「ブギウギ」のオリジナル・サウンドトラック。音楽を手掛けるのは服部隆之。
(2023/11/15)

J-Pop サウンドトラック

『レザボア・ドッグス』オリジナル・サウンドトラックが12月20日再発

クエンティン・タランティーノ第一回監督作品、全世界に衝撃を与えた、映画史に残るマスターピーズ『レザボア・ドッグス』が、『レザボア・ドッグス デジタルリマスター版』として30年ぶりの正式公開決定!2024年1月5日(金)より、新宿ピカデリーほかにて全国公開。公開を記念して、“名盤”と名高いサウンドトラックが再発!
(2023/11/03)

サウンドトラック ロック/ポップス

「呪術廻戦 懐玉・玉折/渋谷事変」オリジナル・サウンドトラックが2024年1月24日発売

TVアニメ『呪術廻戦 懐玉・玉折/渋谷事変』オリジナル・サウンドトラックがリリース!ジャケットは描き下ろしの五条悟!
(2023/11/02)

J-Pop サウンドトラック

『ウィッシュ』オリジナル・サウンドトラックが12月15日発売|国内盤対象購入先着特典「クリアしおり」

ディズニー100周年記念―。『アナと雪の女王』のスタッフが贈る、100年の歴史の集大成となる世紀のドラマティック・ミュージカル『ウィッシュ』のオリジナル・サウンドトラック。 アリアナ・デボーズ(US版声優)、生田絵梨花(日本版声優)など豪華キャスト/アーティストが集結!
(2023/10/30)

サウンドトラック

『マエストロ:その音楽と愛と(オリジナル・サウンドトラック)』~ブラッドリー・クーパー監督・主演レナード・バーンスタインの伝記映画

ブラッドリー・クーパーが監督・主演を務めた、伝説の指揮者・作曲家のレナード・バーンスタインとその妻で女優のフェリシア・モンテアレグレ・バーンスタインの愛の物語を描いたNetflixオリジナル映画『マエストロ:その音楽と愛と』。オリジナル・サウンドトラックには、ヤニック・ネゼ=セガン率いるロンドン交響楽団の演奏を中心に、映画内でブラッドリー・クーパーがタクトを振った「マーラー:交響曲第2番」(抜粋)などの作品も収録しています
(2023/10/27)

クラシック クラシック オムニバス サウンドトラック

〈National Album Day〉90年代の名盤、ヒット・アルバムが限定カラー・ヴァイナルで続々復刻!

UKで2018年から開催されている"英国版レコードの日"、National Album Dayに合わせて、様々なアルバムがアナログLPで復刻!
(2023/10/26)

ロック/ポップス ソウル/クラブ/ラップ ジャズ サウンドトラック

『ファイアーエムブレム エンゲージ』オリジナルサウンドトラックが2024年3月20日発売

CD7枚組にはダウンロードコンテンツを含めた全ての楽曲を収録するとともに、ボーナスディスク(データDVD)にはCDに収め切れなかったジングルなどの音源に加えて、仲間ユニットとの「お目覚め会話」の全ボイスデータを完全収録!初回限定盤には、紋章士マルスが宿る「英雄王の指輪」を再現したイミテーションリングと、専用の組み立て式ディスプレイスタンド、オリジナルのポストカード4種が付属。
(2023/10/25)

J-Pop サウンドトラック

アーケードゲーム『チェルノブ』の オリジナル・サウンドトラックがアナログ盤で12月20日発売

日本が誇る最強のゲームメーカー、データイーストが1988年にアーケードゲームとして稼働したアクション・シューティングゲーム。折に触れて名・問題・怪・異色作として話題になり続け、2021年に単独CD化を果たした『チェルノブ』が、今度はアナログレコード化!A面にアーケード版、B面にはメガドライブ版の音源を収録して走り出す!
(2023/10/17)

サウンドトラック J-Pop

Netflixアニメーション『PLUTO』オリジナルサウンドトラックが10月25日発売

1964年、手塚治虫の代表作『鉄腕アトム』の一遍として絶大な人気を博した『地上最大のロボット』が、『20世紀少年』などで有名な漫画家・浦沢直樹と、長崎尚志のプロデュースで「PLUTO」として蘇った。この「PLUTO」が待望のアニメーション化。音楽は、映画やTVドラマ、アニメ、ドキュメンタリー等幅広い音楽制作で活躍中の菅野祐悟(かんのゆうご)が手掛ける。
(2023/10/13)

サウンドトラック J-Pop

佐藤直紀が手掛ける映画『ゴジラ-1.0』オリジナル・サウンドトラックCDが11月4日、アナログ盤が12月15日発売

音楽を担当するのは、『ALWAYS 三丁目の夕日』『DESTINY 鎌倉ものがたり』『アルキメデスの大戦』など、山崎監督作品を数多く手掛ける佐藤直紀。圧倒的な迫力ある映像と音楽が、観る者を興奮の渦に巻き込む。
(2023/10/12)

J-Pop サウンドトラック

Rei Harakami|『天然コケッコー』オリジナル・サウンドトラックがアナログ盤で完全限定盤にて12月20日発売!

日本が世界に誇る、今は亡きrei harakami(レイ・ハラカミ)の名作が蘇る!『天然コケッコー』映画全編に渡って使用される音楽をレイ・ハラカミが提供し、毎日映画コンクール音楽賞を受賞した本作が待望のレコード化!レイ・ハラカミとも親交があった砂原良徳がマスタリングを担当した全20曲を収録。
(2023/10/11)

サウンドトラック J-Pop

ジョン・マウチェリ&ハリウッド・ボウル・オーケストラ『The Sound of Hollywood』(16枚組)

マウチェリとハリウッド・ボウル・オーケストラがフィリップスに制作した、ハリウッドの華麗な世界に誘う人気アルバム・シリーズが初めてまとめて発売されます。CD16枚組ボックス・セット。限定盤。ハリウッド・ボウル・オーケストラは1990年代、マウチェリーの指揮の下でオーケストラのポップスのレパートリーに新たな息吹を吹き込み、新しいストーリーを語り始め、新たな聴衆を引き寄せました
(2023/10/05)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 クラシック オムニバス サウンドトラック

『ディズニー・ハーモニー・イン・カラー』CDが11月8日発売

東京ディズニーランド®のデイタイムパレード「ディズニー・ ハーモニー・イン・カラー」をフルバージョンで収録。「リビング・イン・カラー」や本パレードのために書き下ろされた「ライク・ア・レインボー」ほか、ディズニーの名曲も多数登場!
(2023/10/03)

サウンドトラック J-Pop

村松崇継が手掛ける『火の鳥 エデンの花』オリジナル・サウンドトラックがCDとアナログ盤でリリース!

音楽を担当するのは、映画音楽を始め、数多くのアーティストへの楽曲提供など幅広く活躍する村松崇継。壮大なスケール感と詩情を併せ持つ音楽が、物語を優しく包み込む。
(2023/10/02)

J-Pop サウンドトラック