こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

パーヴォ・ヤルヴィ&トーンハレ、チャイコフスキー交響曲全集始動、第1弾は第5番!

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2020年09月25日 16:00

ヤルヴィ

パーヴォ・ヤルヴィがN響と練り上げたストラヴィンスキー・アルバム第1弾!

2019年にトーンハレ管弦楽団の音楽監督に就任したパーヴォ・ヤルヴィ。彼にとって、またスイスのオーケストラにとっても初めてという、チャイコフスキーの交響曲全集録音が開始されます。第1弾として選ばれたのは第5番。華やかな内容といい人気といい、申し分ない選曲と言えますが、実は1895年にチューリヒで初めて演奏されたチャイコフスキーの交響曲でもあり、翌年に「悲愴」が、そして1901年に「フランチェスカ・ダ・リミニ」が演奏されて以来、その管弦楽作品はトーンハレ管弦楽団の重要なレパートリーであったという、歴史的な経緯もあります。
その第5番では、パーヴォ特有の軽やかさとトーンハレの力強い音の鳴りのブレンドが心地よいメリハリと推進力を生み、細部にまで歌心が感じられながらも、押しの強さだけで聴かせるチャイコフスキーとは一線を画す演奏に仕上がっています。フィナーレ冒頭での一つ一つの音を深く歌いながらノーブルさを失わないバランス感覚、テンポが明確にキープされつつも圧倒的な盛り上がりを聴かせる主部も格別。カップリングの「フランチェスカ・ダ・リミニ」は、チャイコフスキーの交響曲を除く純管弦楽作品では比較的長く、どちらかというと難解とされるものですが、パーヴォは嵐のような曲想を見通しよく整理しながらも猛然と鳴らし、ロマンあふれる旋律をオーケストラに積極性を持って歌わせ、全体をテンポよく聴かせることで作品の魅力を最大限に引き出しています。今後のシリーズも大いに楽しみな、期待を上回る素晴らしいアルバムです。
(ナクソスジャパン)

【曲目】
チャイコフスキー
1-4.  交響曲 第5番 ホ短調 Op. 64
5-8. 幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」 Op. 32
【演奏】
チューリヒ・トーンハレ管弦楽団
パーヴォ・ヤルヴィ (指揮)
【録音】
 2019年10月…5-8、2020年1月…1-4
マーク・ハレ、チューリヒ、スイス

輸入CD

 

輸入盤:国内流通仕様CD

日本語解説付き