こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

クリスチャン・ヤルヴィ&バルト海フィル~チャイコフスキー:眠れる森の美女(クリスチャン・ヤルヴィ編曲によるドラマティック・シンフォニー)

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2020年10月02日 00:00

チャイコフスキー:眠れる森の美女~ドラマティック・シンフォニー

ヤルヴィ一家の暴れん坊、クリスチャンがまたもやチャイコフスキーで快演!独自の凝縮版アレンジによる『眠れる森の美女』・世界初録音。

チャイコフスキーの作った「3大バレエ」の中で2番目に作曲されたのがこの「眠れる森の美女」。バレエの代名詞ともなっている「白鳥の湖」や、クリスマス・シーズンの定番になっている「くるみ割り人形」に比べると上演回数は少ないようですが, 3大バレエのみならずすべてのバレエの中でも、全体に溢れる絢爛豪華な雰囲気が漂っている作品です。また全曲の上演には完全版は3時間、縮小版でも2時間を超える大作ですが,舞台全体にも厚みとスケール感が漂います。

クリスチャン・ヤルヴィの最新アルバムは、彼がこのバレエを独自にアレンジしたもので、「ドラマティック・シンフォニー」と名付けられています。クリスチャンはこれまで「チャイコフスキー・プロジェクト」と銘打ってMDR響と「雪娘」、グシュタード音楽祭管と「白鳥の湖」を録音し、チャイコフスキーの音楽との相性の良さを実証、しかもクリスチャンが得意とするミニマル音楽的な語法をクローズアップさせるなど、個性的なアプローチで成功を収めてきました。今回の「眠れる森の美女」もその延長線上にあるもので、全曲版を構成する54曲のすべてをそれぞれを1分ほどに凝縮し、トータル70分の起伏ある文字通りのドラマティックなシンフォニーとして再現しています。

クリスチャンが音楽監督を務める「バルト海フィルハーモニック」は、2008年に若手音楽家のトレーニングを目的に設立されたバルト海ユース・フィルハーモニックを母体に、デンマーク、エストニア、フィンランド、ドイツ、ラトビア、リトアニア、ノルウェー、ポーランド、ロシア、スウェーデンなどの、バルト海地域の10カ国から一流のオーケストラの音楽家たちを結集して結成され、クリスチャンの熱血指導のもと、大きな評判を呼んでいます。
(ソニーミュージック)

【曲目】
チャイコフスキー:バレエ音楽『眠れる森の美女』
(クリスチャン・ヤルヴィ編曲によるドラマティック・シンフォニー)

【演奏】
クリスチャン・ヤルヴィ(指揮)
バルト海フィルハーモニック