こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

音楽がもつ強力なメッセージを伝えたムーティ&ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート2021

カテゴリ : ニューリリース | タグ : クラシックLP

掲載: 2020年12月04日 13:00

更新: 2021年01月05日 18:30

ムーティ

新たな年を寿ぐ、ウィーン・フィルの華麗なワルツとポルカ。
コロナ禍の中、史上初めて無観客で実施される、新たなニューイヤー。
指揮は、巨匠リッカルド・ムーティ。

毎年1月1日に行なわれるウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート。クラシック音楽の中でも最も有名で、ウィーンの誇る黄金のムジークフェラインザールからTVとラジオを通じて世界90カ国以上に放送され、5千万人が視聴するというビッグ・イベント。1939年に始まる75年以上の歴史を誇るこのコンサートでは、音楽の都ウィーンを象徴するシュトラウス一家のワルツやポルカが演奏され、その高額のチケットは世界一入手困難と言われていますが、2021年は、オーストリアによるコロナ感染予防対策が1月6日まで実施されるため、同コンサート史上初めて、無観客で開催されました。
そんな異例の状況で開催される2021年のニューイヤーですが、2010年以来シカゴ響音楽監督をつとめる巨匠リッカルド・ムーティが、1993・1997・2000・2004・2018年に次いで3年ぶり6回目の登壇を果たし、指揮界の王者の貫禄を見せつけてくれることでしょう。1971年ザルツブルク音楽祭でのドニゼッティ「ドン・パスクワーレ」での初共演以来、これまでウィーン・フィルを550回以上指揮し、2011年以来同団名誉会員として現在最も密接な関係にあるムーティならではの気心知れた仲にも緊張感あふれる演奏が期待できます。
2021年の演奏曲目は、「春の声」、「クラップフェンの森で」、そして「皇帝円舞曲」と珍しく横綱級の名曲が並んでいます。またLP時代のクナッパーツブッシュの豪快な名演で日本にファンも多いコムザークの代表作「バーデン娘」はニューイヤー初登場。カール・ツェラーとカール・ミレッカーの2曲もニューイヤー初登場で、そもそも1842年生まれのこの2人の作品がニューイヤーで取り上げられるのは今回が初めて。また第1部と第2部はそれぞれスッペの作品で開始されますが、スッペは実はミレッカーをヨーゼフシュタット劇場のオーケストラのフルート奏者として雇ったというつながりがあります。またイタリアと縁の深い「マルゲリータ・ギャロップ」と「ヴェネツィア人のギャロップ」、それにヴェルディの4つのオペラの有名チューンを取り入れた「新メロディ・カドリーユ」は、まるでオーストリアと指揮者ムーティの故国との絆を寿ぐかのようです。
CD・LPの音声はフリーデマン・エンゲルブレト率いるベルリンのテルデックス・スタジオ、ブルーレイおよびDVDの収録はオーストリア放送協会(ORF)が担います。毎年の収録を通じてホールの特性を知り尽くした両者が生み出す鮮明な音声と映像は、たくさんの花で美しく彩られたウィーン・ムジークフェラインの黄金のホールで繰り広げられる音楽の饗宴を生々しく楽しむ贅沢を与えてくれます。ブルーレイおよびDVDには、海外ではTV生中継の休憩時間に放映されるウィーン・フィルのメンバーによる室内楽でつづった映像作品のほか、恒例のウィーン国立バレエ団によるバレエ・シーン付きの特典映像を収録。またLPはヨーロッパ・プレスの重量盤(プレス工場は未定)での発売が予定されています。
(ソニーミュージック)

[収録予定曲]
1.ファティニッツァ行進曲★(スッペ)
2.ワルツ「音波」作品148★(ヨハン・シュトラウス2世)
3.「ニコ殿下のポルカ」作品228(ヨハン・シュトラウス2世)
4.ポルカ・シュネル「憂いもなく」作品271(ヨーゼフ・シュトラウス)
5.ワルツ「坑夫ランプ」★(ツェラー)
6.ギャロップ「贅沢三昧」★(ミレッカー)
7.喜歌劇「詩人と農夫」序曲(スッペ)
8.ワルツ「バーデン娘」作品257★(コムザーク)
9.「マルゲリータ・ポルカ」作品244★(ヨーゼフ・シュトラウス)
10.「ヴェネツィア人のギャロップ」作品74★(ヨハン・シュトラウス1世)
11.ワルツ「春の声」作品410(ヨハン・シュトラウス2世)
12.ポルカ・フランセーズ「クラップフェンの森で」作品336(ヨハン・シュトラウス2世)
13.「新メロディ・カドリーユ」作品254(ヨハン・シュトラウス2世)
14.皇帝円舞曲作品437(ヨハン・シュトラウス2世)
15.ポルカ・シュネル「恋と踊りに夢中」作品393(ヨハン・シュトラウス2世)
当日のアンコール曲
16.狂乱のポルカ 作品260(ヨハン・シュトラウス2世)
17.新年の挨拶
18.ワルツ「美しく青きドナウ」 作品314 (ヨハン・シュトラウス2世)
19.ラデツキー行進曲 作品228 (ヨハン・シュトラウス1世)

★ニューイヤー・コンサート初演奏の作品

*日本ヨハン・シュトラウス協会刊の『ヨハン・シュトラウス2世作品目録』(2006)、『ヨーゼフ・シュトラウス作品目録』(2019)に従っています。

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:リッカルド・ムーティ

[録音]2021年1月1日、ウィーン、ムジークフェラインザールでのライヴ・レコーディング

CD

 

ブルーレイ

※ 特典映像の収録内容につきましては、商品ページをご確認いただければ幸いです。

 

DVD(輸入盤のみ)

※ 特典映像の収録内容につきましては、商品ページをご確認いただければ幸いです。

 

LP(輸入盤のみ)