こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ロバート・キング&キングズ・コンソートの新録音!パーセル:ロイヤル・オード集

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2020年12月28日 00:00


[Vivat Music 公式チャンネルより]

ロバート・キング&キングズ・コンソートによる新たなパーセル録音!サンプソン、デイヴィス、ダニエルズ、ブルックら古楽系ヴォーカルの超一流ソリストが集結!

英国古楽界の巨匠ロバート・キングとキングズ・コンソートが2013年に立ち上げた自主レーベル「Vivat」(ヴィヴァット)から、ヘンリー・パーセルの新しいレコーディングが登場!

キングズ・コンソートのパーセルと言えば、1988年録音のオード(頌歌)集第1巻から始まり、当時はあまり知られていなかったパーセルのオード全曲を第8巻にわたり録音(CDS44031/8)。その後、パーセルの宗教音楽全集(CDS44141/51)、世俗的独唱歌曲全集(CDS44161/3)などの一連の録音で古楽界を席捲し、パーセルのスペシャリストとしてのキングズ・コンソートの名を広めました。

それから32年後、2020年秋のパンデミック・ロックダウン中にレコーディング・セッションが組まれ、キングズ・コンソートによる新しいパーセル録音が実現。
ジェイムズ2世とメアリー女王のための3つの傑出したオード(頌歌)を、キャロリン・サンプソン、イェスティン・デイヴィス、チャールズ・ダニエルズ、マシュー・ブルックら、キングズ・コンソートとともに20年間パーセルを録音・演奏してきた超一流古楽系歌手達(ダニエルズはオード集第1巻の録音にも参加!)と、カティ・デブレツェニがリードする精鋭揃いのアンサンブルでお贈りします。
"VIVAT"の創設以来、最大級の重要リリースと自信を持って送り出される、素晴らしきパーセルにご期待ください。
(東京エムプラス)

『パーセル:ロイヤル・オード集』
【曲目】
パーセル:
ジェイムズⅡ世歓迎のためのオード「なぜ、なにゆえミューズたちは黙しているのか?」Z.343(1685)
メアリー女王の誕生日のためのオード「今や輝かしき日は来たりぬ」 Z.332(1689)
メアリー女王の誕生日のためのオード「ようこそ、栄光の朝」 Z.338(1691)

【演奏】
キングズ・コンソート
ロバート・キング(指揮)

キャロリン・サンプソン(ソプラノ)
エミリー・オーウェン(ソプラノ)
イェスティン・デイヴィス(カウンターテナー)
ヒュー・カッティング(カウンターテナー)
チャールズ・ダニエルズ(テノール)
デイヴィッド・デ・ウィンター(テノール)
マシュー・ブルック(バス)
エドワード・グリント(バス)

【録音】
2020年9月30日&10月1日-2日
フェアフィールド・ホール(クロイドン、イギリス)

輸入盤

[日本語曲目表記オビ付き]

 

国内仕様盤

[解説&歌詞日本語訳&日本語曲目表記オビ付き]
解説:ロバート・キング(日本語訳:生塩昭彦)