こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

フュジェ&ヴェルサイユ旧王室礼拝堂管~クープラン:ルソン・ド・テネブル、謝肉祭主日のためのモテ&ド・ラランド:第4の賛歌

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年02月19日 00:00


[Château de Versailles Spectacles 公式チャンネルより]

フランス・バロック屈指の静謐なる傑作、欧州古楽界の精鋭を集めてヴェルサイユで

クラヴサン(チェンバロ)音楽の大家として知られるクープラン。生前はオルガニストとしても活躍し、教会音楽でも傑作を少なからず残しています。
そのなかでも出色の名品として名高い『ルソン・ド・テネブル』は、復活祭前の節制期間である受難節の最後の週、未明に唱えられていた旧約聖書『哀歌』の詩句にもとづく静謐な音楽。
受難節の音楽はできるだけ楽器を減らして質素にとりおこなうのが常だった当時、通奏低音だけを伴った独唱・二重唱で驚くほど豊かな音世界が紡がれるこの名品3編は過去にも録音が少なくないところ、フランス古楽界で活躍する精鋭がヴェルサイユに集いじっくり録音した今回のアルバムは、その馥郁たる香気漂う響きで強い魅力を放っています。

クープランと同時代を生き、リュリの後を受けてルイ14世の王室礼拝堂をまとめたド・ラランドの貴重なプティ・モテが併録されているところも魅力。

古楽の世界でも欧州歌劇界でも着実に注目度を高めつつあるベルギー出身のソフィー・ユンカー、ALPHAレーベルにソロ録音も多いヴィオルのリュシル・ブーランジェら注目のプレイヤーたちを、フランスの古楽器世界で確かな信頼を集めるステファーヌ・フュジェがあざやかにまとめています。
(ナクソス・ジャパン)

【曲目】
フランソワ・クープラン(1668-1733):
1-6. 聖水曜日のための第1ルソン
7-12. 聖水曜日のための第2ルソン
13-18. 聖水曜日のための第3ルソン

ミシェル=リシャール・ド・ラランド(1657-1726):
19-24. 第4の賛歌: 正しき者たちの幸福と見放された者たちの不幸について

フランソワ・クープラン:
25-28. 謝肉祭主日のためのモテ: 甦った救世主の勝利

【演奏】
ソフィー・ユンカー(ソプラノ)…1-6、13-28
フロリー・ヴァリケット(ソプラノ)…7-28

ヴェルサイユ旧王室礼拝堂管弦楽団(古楽器使用)
リュシル・ブーランジェ(バス・ド・ヴィオル)
アリス・コカール(バス・ド・ヴィオロン)
ピエール・リンデルクネシュト(テオルボ)
ステファーヌ・フュジェ(クラヴサン、オルガン・指揮)

【録音】
2020年6月13-17日 ヴェルサイユ旧王室礼拝堂

輸入盤

 

国内仕様盤

[日本語解説・歌詞訳付き]