こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

フルトヴェングラーの伝説的名演 "ウラニアのエロイカ” が遂に2トラ38オープンリール復刻!

カテゴリ : ニューリリース | タグ : BEETHOVEN 2020

掲載: 2021年08月31日 12:00

 フルトヴェングラー

2トラック、38センチ、オープンリール・テープ復刻シリーズに、遂に"ウラニアのエロイカ"登場!
フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィル、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」(1944年12月)

制作者より
2トラック、38センチ、オープンリール・テープ復刻シリーズに、遂に"ウラニアのエロイカ"が登場します!
この「英雄」交響曲は、フルトヴェングラーの録音遺産の中でも特別に有名であることは、今さら説明不要でしょう。今回入手したテープは非常に明瞭でバランスが取れており、1950 年代のモノラル録音にも匹敵するクオリティです。たとえば、第1楽章の冒頭の和音を聴いただけでも、ホール内にきれいにこだまする様子が、これほど明確に再現された例はなかったと思われます。
また、今回は新事実(?)と思われることが発見されました。つまり、インターバルが全く途切れておらず、この演奏はマイクを前にした通し演奏ではないかと推測されることです(詳細は解説参照)。
さらに、決定盤とすべく、解説書には図版やLPジャケットなどをふんだんに盛り込みました(全12ページ)。(平林直哉)
(キングインターナショナル)

GS 2247
モノラル
日本語帯・解説付

【曲目】
ベートーヴェン:交響曲第3番 ホ長調 Op.55「英雄」

【演奏】
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

【録音】
1944年12月19日
ウィーン、ムジークフェラインザール

使用音源:Private archive(2トラック、38センチ、オープンリール・テープ)
録音方式:モノラル(ラジオ放送用録音)