こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Grand Slam フルトヴェングラー&BPOの'47年“運命”&“エグモント”がステレオ・トランスクリプションで登場!

カテゴリ : ニューリリース | タグ : BEETHOVEN 2020

掲載: 2021年12月22日 00:00

 フルトヴェングラー

フルトヴェングラーの新シリーズ登場!
"ステレオ・トランスクリプション"
未刊行の幻のテスト・プレスLPより復刻!

制作者より
1960年代後半から1970年代前半にかけて、フルトヴェングラーのLPはドイツ・エレクトローラの"ブライトクランク"、そしてドイツ・グラモフォンの"ステレオ・トランスクリプション"と、疑似ステレオ盤がごく普通に売られていました。従って、この頃にフルトヴェングラーに親しんだ人たちは、疑似ステレオ盤をごく当たり前に聴いていたのです。
フルトヴェングラーの"ステレオ・トランスクリプション"は国内では13枚組LPとして発売されましたが(のちに分売もあり)、ドイツ国内ではなぜかこのシリーズは全く発売されませんでした。ところがこのほど、未刊行のテスト・プレスを複数手に入れました。つまり、本国では番号を決め、テスト・プレスまで行われたのにもかかわらず、製品化はされなかったのです。
この"幻のテスト・プレス"復刻シリーズの第1弾は、もはや説明不要のベルリン復帰3日めのライヴです。制作者自身も含め、当時この音でフルトヴェングラーを聴いたファンには良き思い出の品となるかもしれません。この疑似ステレオこそが本物のフルトヴェングラーの音に近いなどとは言いませんが、オリジナル・モノラルとは全く異なった趣があることだけは確かです。未体験の人も、案外やみつきになるかもしれません。
なお、この"フルトヴェングラー・ステレオ・トランスクリプション"シリーズはLP復刻ですので、LP特有のノイズが混入します。あらかじめ、ご了承下さい。(平林直哉)
(キングインターナショナル)

GS 2256
日本語帯・解説付

【曲目】
ベートーヴェン:
(1)交響曲 第5番 ハ短調『運命』Op.67
(2)『エグモント』序曲 Op.84

【演奏】
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

【録音】
1947年5月27日
ベルリン放送会館、ゼンデザール

使用音源: ドイツ・グラモフォン 139 962(未刊行テスト・プレスLP)
録音方式:ステレオ(モノラル録音の電気的ステレオ)