こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

イブラギモヴァ&ティベルギアン~断章を含むメンデルスゾーンのヴァイオリン・ソナタ集(4曲)

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2022年01月05日 00:00

イブラギモヴァ

アリーナ・イブラギモヴァ新録音!
3つのヴァイオリン・ソナタ+ソナタ断章を網羅したメンデルスゾーン!

2022年3月4日発売予定
Hyperion(輸入盤)規格番号:CDA68322
日本語曲目表記オビ付き

2022年3月4日発売予定
Hyperion(国内仕様盤)規格番号:PCDA68322
解説日本語訳&日本語曲目表記オビ付き
解説:R・ラリー・トッド(日本語訳:生塩昭彦)

バロックから新作委嘱作品までをモダン楽器とピリオド楽器の双方で演奏するロシアのヴァイオリンのミューズ、アリーナ・イブラギモヴァ。ロックダウン中に鋭く磨き上げ、レコード芸術「特選盤」他、BBCミュージック・マガジン「Instrumental Choice」、ICMA(国際クラシック音楽賞)ノミネート、Presto「レコーディング・オヴ・ザ・イヤー2021」ノミネートなど世界中で絶賛を浴びたパガニーニ(PCDA68366/CDA68366)に続く大注目の新録音は、メンデルスゾーンのヴァイオリン・ソナタ集!
2012年にリリースされたメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲集(PCDA67795/CDA67795)でも、有名なホ短調の協奏曲に加え、演奏される機会の少ないニ短調の協奏曲も収録して大成功を収めたイブラギモヴァ。今回のソナタ集でも、唯一生前に出版されたOp.4のヘ短調ソナタに加え、メニューインが発掘・校訂・出版した1838年作曲のヘ長調ソナタ(ここではメニューインが大幅に手を加えていない、オリジナル版を収録)、1820年(メンデルスゾーンが11歳頃)に書かれたヘ長調ソナタ、そして1820年代後半に着手され第1楽章の断片だけが残されたニ長調/ニ短調のソナタ、計4曲を収録。これまで、モーツァルト、シューベルト、ラヴェル、ブラームス、フランクなど多くのアルバムで共に素晴らしい芸術を作り上げてきたセドリック・ティベルギアンの繊細で豊かなピアノとともに、メンデルスゾーンの多彩なヴァイオリン作品の真髄に迫ります。
(東京エムプラス)

【曲目】
メンデルスゾーン:
ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調 MWV Q26(1838)
ヴァイオリン・ソナタ ヘ短調 Op.4 / MWV Q12(1823)
ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調 MWV Q7(1820)
ヴァイオリン・ソナタ ニ調 MWV Q18(断片、恐らく1820年代後半)

【演奏】
アリーナ・イブラギモヴァ(ヴァイオリン)
セドリック・ティベルギアン(ピアノ)

【録音】
2021年1月19日-21日
殉教者聖サイラス教会
(ケンティッシュ・タウン、ロンドン)