こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

世界初録音!ビスミュート&ラ・テンペスタによるカンプラの舞踏音楽劇“新世紀の運命”

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2022年02月08日 00:00


[Ensemble La Tempesta 公式チャンネルより]

驚きの新発見!人気絶頂期のカンプラによる重要作、実力派ビスミュートの指揮で初録音

太陽王ルイ14世の治世末期、リュリ亡き後のフランス・オペラを大きく躍進させた作曲家アンドレ・カンプラ。バロック歌劇史に大きな転機をもたらした出世作《優雅なヨーロッパ》(1697)はじめ、フランス語カンタータ(カンタート)やプティ・モテなど人気作は古楽再発見の流れを受けて続々復権、録音盤も多い作曲家ですが、ここへ来て幻の大作の世界初録音が登場! 筆写譜が数年前まで未校訂のまま埋もれていたため長く忘れ去られていた1700年5月初演の重要作《新世紀の運命》全曲録音です。

ハプスブルク系王家の断絶が間近に迫る隣国スペインの王位継承をめぐり、戦争勃発も視野に入ってきたフランスで17世紀最後の年に初演された本作は、来たるべき世紀の平和を願う時の神サテュルヌの期待に反して欧州が戦乱へと突入してゆくところを舞台にした寓意的音楽劇。詩句を鮮やかに音楽の調べに乗せながら、フランス・バロック特有の舞曲ナンバーでも緩急自在な音作りを楽しませるカンプラ随一の傑作が、フランス古楽界の実力派たちによる確かな解釈で甦ったのは大いに歓迎すべきことと言えるでしょう。

バッハ無伴奏ヴァイオリン曲集の伝説的録音でも知られるフランスの異才パトリック・ビスミュート率いるラ・テンペスタは20人程度まで編成を拡大させ柔軟かつ機微豊かな演奏を披露、中世音楽歌手としても知られるマルク・モイヨンやル・ポエム・アルモニーク創設期の中心人物クレール・ルフィリアトル、仏歌劇界を牽引するマティアス・ヴィダルなど、歌手陣の充実もこの名演の実現に繋がっています。
(ナクソス・ジャパン)

【曲目】
アンドレ・カンプラ(1660-1744):舞踏音楽劇(悲劇風幕間劇にもなる音楽による物語)《新世紀の運命》全曲

1-7. 序幕
8-23. 第1の物語
24-41. 第2の物語
42-51. 第3の物語

【演奏】
軍神マルス、時の神サテュルヌ…マルク・モイヨン(バリトン)
現世の叡智の化身…マティアス・ヴィダル(テノール)
平和の化身、運命の女神パルク…フロリー・ヴァリケット(ソプラノ)
知恵と戦略の女神パラス、戦いの女神ベロンヌ、栄光の化身…クレール・ルフィリアトル(ソプラノ)
火の神ヴュルカン、群衆の中の戦士…トーマス・ファン・エッセン(バリトン)

ラ・テンペスタ(古楽器使用)
エレーヌ・ウゼル(コンサートマスター&楽譜校校訂)
パトリック・ビスミュート(指揮)

ヴェルサイユ・バロック音楽センター合唱団

【録音】
2021年1月15-17日 ヴェルサイユ宮殿王室歌劇場