こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ヴォーン・ウィリアムズ生誕150周年記念!ヒコックス&デイヴィスが振った交響曲全集!(6枚組SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : ボックスセット(クラシック)

掲載: 2022年04月27日 00:00

ヴォーン・ウィリアムズ

CHANDOSが誇るRVW生誕150周年!リチャード・ヒコックスとアンドルー・デイヴィスによる交響曲録音が、初の全集BOX化!約50分の貴重なボーナス・トラックも収録した、SACDハイブリッド盤6枚組!

レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ(RVW)の多くの画期的なレコーディングを世に送り出してきた英Chandosが満を持してリリースする生誕150周年記念BOX!
Chandosのヴォーン・ウィリアムズといえば、1987年~1990年に録音されたブライデン・トムソン(指揮)&ロンドン交響楽団による交響曲全集(CHAN9087/91)の名盤がありましたが、1997年からリチャード・ヒコックスとロンドン交響楽団によって新たな交響曲全集の録音プロジェクトがスタート。このプロジェクトは当初からサラウンド・サウンドで録音され、ハイブリッドSACDでリリースされた最初のヴォーン・ウィリアムズ交響曲全集となりました。

特に、「1913年原典版」の世界初録音となった『ロンドン交響曲』は世界中で話題となり、グラモフォン大賞(レコーディング・オヴ・ザ・イヤー)やディアパゾン・ドールを始めとする多くの賞に輝いています。ヒコックスが志半ばに倒れた後は、アンドルー・デイヴィス&ベルゲン・フィルがその遺志を継ぎ、交響曲第9番と第7番を録音して全集を完成させました。

Chandosならではの特別ボーナス・トラックとして、ヴォーン・ウィリアムズと夫人アーシュラによる放送音源、RVWの交響曲の初演を担ってきたバルビローリとボールトのインタビューなど、約50分に及ぶ貴重な特典音声が収録されています。
(東京エムプラス)

『ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲全集』
【曲目】
レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ:
[CD1]
1.海の交響曲(交響曲第1番)(1903-09、1923最終改訂)(ソプラノ&バリトン独唱、合唱と管弦楽のための)

[CD2]
2.ロンドン交響曲(交響曲第2番)(1911-13)(1913年原典版/世界初録音)

[CD3]
3.田園交響曲(交響曲第3番)(1921完成)
4.交響曲第4番 ヘ短調(1931-34)

[CD4]
5.交響曲第5番 ニ長調(1938-43、1951改訂)
6.交響曲第6番 ホ短調(1944-47、1950改訂)

[CD5]
7.南極交響曲(交響曲第7番)(1949-51)(ソプラノ独唱、女声合唱と管弦楽のための)
8.交響曲第9番 ホ短調(1956-57)

[CD6]
9.交響曲第8番 ニ短調(1953-55)

ボーナス・トラック ~
レイフ・ヴォーン・ウィリアムズの回想(1955年放送)
バーバラ・フーパーによるジョン・バルビローリへのインタビュー(1958年)
ロバート・レイトンによるエイドリアン・ボールトへのインタビュー(1966年放送)
アーシュラ・ヴォーン・ウィリアムズの回想(1965年放送)

【演奏】
リチャード・ヒコックス(指揮)[1-6,9]
ロンドン交響楽団[1-6,9]
アンドルー・デイヴィス(指揮)[7,8]
ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団[7,8]
スーザン・グリットン(ソプラノ)[1]
ジェラルド・フィンリー(バリトン)[1]
レベッカ・エヴァンズ(ソプラノ)[3]
マーリ・エーリクスモーエン(ソプラノ)[7]
ロンドン交響合唱団[1,4]
ベルゲン・フィルハーモニー合唱団[7]
エドヴァルド・グリーグ合唱団[7,8]

【録音】
2006年(第1番)、2000年(第2番)、2002年(第3番)、2001年(第4番)、1997年(第5番)、2003年(第6番&第8番)、2017年(第7番)、2016年(第9番)