こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

V.J.フレイ、ルケ&オルケストル・ル・フェニックス~ミシェル・コレット:チェンバロまたはオルガンのオブリガートつき協奏曲集 Op.26

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2022年06月15日 00:00


[orchester le phénix 公式チャンネルより]

美しく飛翔する鍵盤楽器の活躍ぶりと
親密なアンサンブルが織りなす色彩感
愉悦が耳をくすぐる絶品コンチェルト集

後期バロックから古典派への転換期に生きたミシェル・コレット。非常な多作家であるがゆえに、凡庸な曲を大量生産したという一時期のヴィヴァルディにも似た不当な評価を受けることもあります。しかしその音楽の愉しみは他に代え難いユニークなもの。ぜひ真摯に聴いておきたい作曲家です。

モーツァルトが生まれた1756 年に出版されたコレットのOp.26 は、チェンバロまたはオルガンで演奏するソロ・パートを伴う、輝かしく愉悦に富んだ協奏曲集です。全6 曲イタリア・バロック流に急- 緩- 急の3 楽章構成で書かれ、トゥッティとソロの鮮やかな対比を推進力として進んでいきますが、しばしば鍵盤のソロにヴァイオリンやフルートが絡んできたりと、親密で室内楽的な造りも見られるのが特徴。

コレットはパリのイエズス会でオルガニストとして活躍する鍵盤楽器の名手であったため、鍵盤書法はたいへん充実。大活躍する鍵盤を聴く愉しみにあふれています。趣味の良いフランス音楽の精彩をまとった作風もじつに魅力的。重厚感のあるバッハの協奏曲などとは一線を画した軽やかな味わいの鍵盤協奏曲で、音楽が美しく飛翔します。

このディスクでは第1・2・6 番でチェンバロ、第3・4・5 番でオルガンをソロ楽器に選択。コレット受容に一石を投じる素晴らしく鮮やかな演奏内容です。
(キングインターナショナル)

輸入盤

 

国内仕様盤

[国内仕様盤は日本語帯・解説付]

 

【曲目】
ミシェル・コレット(1707-1795):チェンバロまたはオルガンのオブリガートつき協奏曲集 Op.26(1756)

第1番 ト長調*
第2番 イ長調*
第3番 ニ長調**
第4番 ハ長調**
第5番 ヘ長調**
第6番 ニ短調*

【演奏】
ヴィタール・ジュリアン・フレイ(チェンバロ)*
ハンフリード・ルケ(オルガン)**
オルケストル・ル・フェニックス

【録音】
2021年7月1-4日、スイス、ツェルネッツ、聖マウリティウス教会