こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Ringo Starr(リンゴ・スター)|新しい4曲入りアルバム『EP3』が発売!長年のコラボレーターであるスティーヴ・ルカサー等が参加

タグ : [anoto] ロック復刻&発掘 ザ・ビートルズ

掲載: 2022年07月29日 22:00

更新: 2022年08月23日 14:22

Ringo Starr(リンゴ・スター)

リンゴ・スターの新しい4曲入りアルバム『EP3』が発売決定。 昨年発売した『Zoom In』、『チェンジ・ザ・ワールド』に続く新作。

今回の新しい4曲入りアルバムである『EP3』は、前2作同様ロッカベラ・ウェスト・スタジオで録音された楽曲を収録。今作には長年のコラボレーターであるスティーヴ・ルカサー、リンダ・ペリー、デイヴ・コズ、ホセ・アントニオ・ロドリゲス、ブルース・シュガー等が参加。

"私は機会があるごとにスタジオで曲作りとレコーディングをしている。それは常に行ってきたことであり、これからもやり続けるだろう。"EP”を頻繁にリリースすることで、私はクリエイティヴであり続け、各楽曲にさらに愛情を注ぐことができる。" – リンゴ

国内盤CD

解説付/対訳付
SHM-CD仕様


輸入盤CD


輸入盤10inch


■収録曲
1. ワールド・ゴー・ラウンド

スティーヴ・ルカサーとジョセフ・ウィリアムズが作詞作曲したアップビートなロック「ワールド・ゴー・ラウンド」は、希望と一体感というリンゴのポジティブなメッセージを伝え続けている。この曲では、リンゴがヴォーカル、ドラム、パーカッション、スティーヴ・ルカサーがギター、ジョセフ・ウィリアムズがキーボード、ジョセフ・ウィリアムズ、ビリー・バレンタイン、ゼルマ・デイヴィス、マイヤ・サイクスがバック・ヴォーカルで参加。

2. エヴリワン・アンド・エヴリシング
リンダ・ペリーが作詞作曲した「エヴリワン・アンド・エヴリシング」は、リンゴ・スターがヴォーカル、ドラム、パーカッションを担当し、リンダ・ペリーがギターとパーカッションで参加。ビリー・モーラーがベースとギターを、デイモン・フォックスがメロトロン、ピアノ、ワーリーを担当し、リンダ・ペリー、ビリー・バレンタイン、ゼルマ・デイヴィス、マイヤ・サイクスがすべてのバック・ヴォーカルを担当。

3. レッツ・ビー・フレンズ
特徴的なダンス・グルーヴをフィーチャーした「レッツ・ビー・フレンズ」はリンゴの長年のエンジニアであるブルース・シュガーとサム・ホランダーによって作詞作曲され、リンゴ・スターがヴォーカルとドラムを担当し、ネイザン・イーストがベース、スティーヴ・ルカサーがギター、ブルース・シュガーがキーボード、パーカッション、ホーンアレンジ、サム・ホランダーがハンドクラップとパーカッション、ビリー・バレンタイン、ゼルマ・デイヴィス、マイヤ・サイクスがバック・ヴォーカルで参加。

4. フリー・ユア・ソウル(feat. デイヴ・コズ・アンド・ホセ・アントニオ・ロドリゲス)
リンゴ・スターとブルース・シュガーによって作詞作曲された「フリー・ユア・ソウル」は、リンゴがヴォーカル、ドラム、ハンドクラップを担当し、テナーサックスにデイヴ・コズ、ナイロンギターにホセ・アントニオ・ロドリゲス、ベースにネイザン・イースト、キーボード、パーカッション、ホーンアレンジにブルース・シュガー、バック・ヴォーカルにビリー・ヴァレンティン、ゼルマ・デイヴィス、マイヤ・サイクスらが参加。

リンゴ・スター|新しい4曲入りアルバム『チェンジ・ザ・ワールド』>>>>

リンゴ・スター|オール・スター共演者とのシングル「ヒアズ・トゥ・ザ・ナイト」収録の新作EP『Zoom In』>>>>

ロック名盤復刻/リイシュー