こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

タワレコ日本上陸40周年記念ライブ『タワレコLIVE 40』1月13日~1月19日、シーナ&ロケッツら総勢24組が出演!

※12月19日(木)14:00更新
1月15日(水)、16日(木)開催『タワレコ LIVE 40~TOWACK FEST~』day1、 day2のチケット販売開始日時を、諸事情により下記の通り変更させて頂きます。
変更前:12月20日(金)10:00AM
変更後:12月23日(月)18:00PM
多大なるご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
何卒ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。

タワレコLIVE40

タワーレコードは、2020年1月13日(月)~1月19日(日)の8日間、日本上陸40周年を記念したライブ・イベント「渋谷店&新宿店presents『タワレコLIVE 40(ライブ・フォーティー)』」をタワーレコード渋谷店の地下1階CUTUP STUDIOにて開催する。

40周年記念

今回のイベントは、タワーレコード渋谷店と新宿店にゆかりのあるアーティストや、両店がプッシュするこれからの時代を盛り上げていくであろう若手アーティストまで、世代やジャンルを超えたブッキングで合計8公演を構成。出演アーティストのライブ・パフォーマンスを通し、当社40周年施策のコンセプトにもある“リアルな音楽”をお届けする、スペシャルな一週間となる!

最新情報はこちら▶http://towershibuya.jp/

渋谷店&新宿店presents『タワレコLIVE 40』開催概要

<日時> 2020年1月13日(月・祝)~1月19日(日)
<会場> タワーレコード渋谷店 B1F CUTUP STUDIO(〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目22−14 B1F)

<出演アーティスト>
 ●1月13日(月)
アイビーカラー / KAKASHI / 神はサイコロを振らない / ドラマストア / オープニングアクト:Organic Call
 ●1月14日(火)
ぶらっくしーぷしんどろーむ。 / BLACKNAZARENE / NECRONOMIDOL
 ●1月15日(水)
BiSH / GANG PARADE / EMPiRE / BiS / CARRY LOOSE / WAgg
 ●1月16日(木)
BiSH / GANG PARADE / EMPiRE / BiS / CARRY LOOSE / WAgg
 ●1月17日(金)
ZOC / 二丁目の魁カミングアウト
 ●1月18日(土)昼公演
スカート / Kaede (Negicco)
 ●1月18日(土)夜公演
KEN THE 390 / NORIKIYO
 ●1月19日(日)
シーナ&ロケッツ with LUCY / ギターウルフ / ザ・ハイマーツ / DJ DADDY-O-NOV(Back From The Grave)

<チケット> 2019年12月20日(金)午前10:00より チケットぴあ にて販売開始 ※1月15日(水)、16日(木)の公演のみ12月23日(月)午後6:00よりWACK FAMiLY CLUB限定で販売開始
チケットぴあ:『タワレコ LIVE 40』チケット購入リンク一覧はコチラ

渋谷店&新宿店presents『タワレコLIVE 40』各公演詳細 ※価格はすべて税込。全公演、チケット料金とは別に入場時ドリンク代600円(税込)が必要です。

1月13日(月)
公演名:渋谷店&新宿店presents『タワレコLIVE 40』ーヘッドフォンの向こう側 vol."0"ー
出演:アイビーカラー / KAKASHI / 神はサイコロを振らない / ドラマストア
オープニングアクト:Organic Call
OPEN / START:18:00 / 18:30
チケット料金(前売 / 当日):3,000円 / 3,500円

■アイビーカラー
アイビーカラー
大阪発ノスタルジックピアノバンド「アイビーカラー」。夜空に架かる星空のような透明感と澄み渡るVo佐竹惇の歌声、男女四声で展開するコーラス、ストリングス、鍵盤の音色がリンクし、どこまでも気高く響き渡る。現在刊行中のリリースツアーは渋谷TSUTAYA O-WEST、梅田Shangri-Laをそれぞれワンマンソールドアウト。2020年最も飛躍が期待されるバンドのひとつ。
http://ibecaller.com/

■KAKASHI
KAKASHI
群馬県前橋市発ロックバンド。感情が溢れても言葉にできない思い、自分自身で解決する他ない葛藤、誰もがふとした瞬間に抱えてしまう気持ちを代弁するかのような真っ直ぐ心に突き刺さる日本詩、それを流し込むかのようなキャッチーなメロディ、人対人の熱のこもったライブ・パフォーマンスはROCKと呼ぶほかにない。毎年、KAKASHI主催のサーキットイベント「灯火祭」を地元群馬にて開催し、満員御礼。
http://kakashi.futureartist.net/

■神はサイコロを振らない
神はサイコロを振らない
「神はサイコロを振らない」の音楽には、一見相反するそれらが共存し、両極が互いに引っ張り合うことで生じる、凄まじい熱量とダイナイズムがある。ライブでは、彼らが持つ静と動のメリハリが際立ち、場の空気を完全にコントロールしてしまう。そんなリアルな手触りを伴った幻想的なトリップ体験をもたらす、中毒性の高いライブを繰り広げ続けている、気鋭のロックバンド。
http://kamisai.jp/

■ドラマストア
ドラマストア
「君を主人公にする音楽」をコンセプトとした関西発・正統派ポップバンド。今年4月に発売された初のフルアルバム「DRAMA STORE」が4月度のタワレコメンと5つのTV番組タイアップを獲得。9月に2nd Single「ラブソングはいらない」発売。リリースツアーでは、全15公演中8公演SOLD OUT!ツアーファイナルの渋谷CLUB QUATTROワンマン公演は1分即完と破竹の勢い!
http://www.dramastoreonline.com/

■Organic Call
Organic Call
2017年始動、東京都ロックバンドOrganic Call(オーガニックコール)。MASH A&Rが主催であるオーディション「MASH FIGHT vol.6」のMONTHLY ARTIST、ロッキング・オンが主催のオーディション「RO JACK 2018」にて入賞アーティストに選出されるなどして注目されている。近年少なくなった、Vo.Gt平田の低音が利く男らしい声や情景を描ける歌詞などが魅力的なバンドである。年間100本以上のライブ活動も行い全国にて精力的に活動を行なっている。
http://organiccall.com/


1月14日(火)
公演名:渋谷店&新宿店presents『タワレコLIVE 40』Black Idol ROCK SHOW
出演:ぶらっくしーぷしんどろーむ。 / BLACKNAZARENE / NECRONOMIDOL
OPEN / START:18:30 / 19:00
チケット料金(前売 / 当日):2,000円 / 2,500円

■ぶらっくしーぷしんどろーむ。
ぶらっくしーぷしんどろーむ。
デモンストレーション期間を経て2018年3月に本格始動した、3ボーカル3パフォーマーからなる6人組メンズアイドル。2020年2月には渋谷TSUTAYA O-EASTにて3rd ONEMAN LIVEが開催される。現在女性ファンのみならず男性ファンからも支持を集め、ジャンルや地域を問わず勢力的に活動している。
http://www.blacksheepsyndrome.com/

■BLACKNAZARENE
BLACKNAZARENE
2018年3月にデビューした5人組アイドルグループ。「THUG×kawaii」をグループコンセプトに掲げ、アンダーグラウンドなストリートカルチャーとアイドルシーンを融合させ、ビジュアル面と楽曲面から唯一無二の世界観を生み出し続ける。
https://twitter.com/blacknzrn

■NECRONOMIDOL
NECRONOMIDOL
NECRONOMIDOLは2014年に結成された5人組の暗黒系アイドルグループ。ポストブラックメタルやダークウェイブなどのコアな楽曲と演劇のような振り付けから生み出される奥深く妖艶なステージが見所。恵比寿リキッドルームや東京キネマ倶楽部でのワンマンライブの開催、アルバム3作といくつかのシングル・EPを全国リリースを行った。更に、活動拠点の東京のほか国外でも多く活動を行なっている。これまで海外ツアーを10回以上成功させ、計12カ国でのライブ実績がある。(イギリスの「Hyper Japan Festival」、オランダとスウェーデンの大型アニメフェスティバル、フランスの美術館での公演、アメリカの映画祭など)フランスのSpecific Recordsからアルバムのアナログ盤のリリースも行なっている。
http://necronomidol.com/


1月15日(水)
公演名:渋谷店&新宿店presents『タワレコLIVE 40』TOWACK FES day1
出演:BiSH / GANG PARADE / EMPiRE / BiS / CARRY LOOSE / WAgg
OPEN / START:11:00 / 12:00
チケット料金(前売 / 当日):5,000円 / 5,500円
※チケットは12月23日(月)午後6:00よりWACK FAMiLY CLUB限定で販売開始。

1月16日(木)

公演名:渋谷店&新宿店presents『タワレコLIVE 40』TOWACK FES day2
出演:BiSH / GANG PARADE / EMPiRE / BiS / CARRY LOOSE / WAgg
OPEN / START:11:00 / 12:00
チケット料金(前売 / 当日):5,000円 / 5,500円
※チケットは12月23日(月)午後6:00よりWACK FAMiLY CLUB限定で販売開始。

■BiSH
BiSH
アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dからなる“楽器を持たないパンクバンド” 2015年3月に結成。5月にアルバム「Brand-new idol shit」でインディーズデビュー。テレビ朝日系「アメトーーク!」で”BiSHドハマり芸人”が放送され、「ミュージックステーション」に2度目の出演を果たす等大きな話題を呼ぶ。現在、全公演バンド編成となる史上最長全国19カ所23公演のホールツアー「NEW HATEFUL KiND TOUR」を開催中。メジャー6枚目のシングルとなる「KiND PEOPLE / リズム」が発売中。
https://www.bish.tokyo

■GANG PARADE
GANG PARADE
「みんなの遊び場」をコンセプトに活動する、カミヤサキ、ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・GP・マイカ、ココ・パーティン・ココ、テラシマユウカ、ユイ・ガ・ドクソン、ハルナ・バッ・チーン、月ノウサギ、ナルハワールドの10人からなるアイドルグループ。2019年4月にワーナーミュージック・ジャパン内新レーベル「FUELED BY MENTAIKO」よりシングル『ブランニューパレード』でメジャーデビュー。更に来年、自身初のホールツアー「MY FIRST HALL TOUR」を開催。ツアーファイナルは5月22日、5月23日の中野サンプラザ2DAYSとなる。
http://www.gangparade.com

■EMPiRE
EMPiRE
YU-Ki EMPiRE、MAYU EMPiRE、MiDORiKO EMPiRE、MAHO EMPiRE、MiKiNA EMPiRE、NOW EMPiREから成るWACKとavexによる共同プロジェクト。2018年4月11日に1st フルアルバム「THE EMPiRE STRiKES START!!」を発売しデビュー。今年12月18日には、2ndフルアルバム「the GREAT JOURNEY ALBUM」を発売、翌日12月19日には現在開催中の『EMPiRE'S GREAT ESCAPE TOUR』ファイナル公演をZepp DiverCityにて開催する。
https://empire-official.com

■BiS
BiS
英語で “Brand-new idol Society”の略 / 日本語で “新生アイドル研究会”。イトー・ムセンシティ部、チャントモンキー、ネオ・トゥリーズ、トギーの4人からなるアイドルグループ。2010年に第1期BiSを結成し、全裸PVを始めとする破天荒なプロモーションで世間を賑やかす。2度の解散を経て、2019年6月11日、第3期BiSのメンバーを発表。夢の続きは、第3期となる新生BiSへ託される。
https://www.brandnewidolsociety.tokyo

■CARRY LOOSE
CARRY LOOSE
2019年5月に解散した破天荒アイドル・BiS。その中からパン・ルナリーフィとYUiNA EMPiRE、所属するプロダクション・WACKが運営する育成ユニット・WAggより昇格したウルウ・ルと、オーディションにより選ばれたユメカ・ナウカナ?の4名により結成。2020年2月11日には、早くも1stシングルの発売も決定している。今年12月1日の京都公演を皮切りに約2か月、5都市にて開催。デビューアルバムを掲げて、CARRY LOOSEが今始動する。
https://www.carryloose.co

■WAgg
WAgg
次世代のアイドル育成を目指して活動が行われるプロジェクトとして2018年5月28日より始動。ライブ活動やレッスンを通し、BiS、BiSH、GANG PARADE、EMPiREといった先輩メジャーグループに昇格できるような即戦力となるアーティストを育成していく目的で立ち上げられた。メンバーは、ア・アンズピア、ナアユ、ウタウウタ、愛、サアヤイト、ハナエモンスターからなる。2019年1月からはワンマン公演『WAggs』を実施。以降、都内各地問わず積極的にライブ活動を続けている。
https://www.wagg.tokyo


1月17日(金)
公演名:渋谷店&新宿店presents『タワレコLIVE 40』美の鏡反射~ZOC×二丁目の魁カミングアウト
出演:ZOC / 二丁目の魁カミングアウト
OPEN / START:18:00 / 19:00
チケット料金(前売 / 当日):3,500円 / 4,000円

■ZOC
ZOC
藍染カレン、戦慄かなの、香椎かてぃ、西井 万理那、兎凪さやか、共犯者 大森靖子による6名のアイドルユニット。
http://www.zoc.tokyo/

■二丁目の魁カミングアウト
二丁目の魁カミングアウト
「ゲイだから」を理由に諦めたくない気持ちから、「ゲイでもアイドルになれる」をコンセプトに活動しているゲイアイドル。ミキティー本物、ぺいにゃむにゃむ、白鳥白鳥の3名による、ダンスボーカルユニット。CDジャケットやグッズ、フライヤー等の全てのデザインや、楽曲やグループの方向性等も全てメンバー自身がセルフプロデュースで活動している。2020年1月8日には中野サンプラザでの単独公演も決定している。
https://www.gayidol.jp/

1月18日(土)昼公演

公演名:渋谷店&新宿店presents『タワレコLIVE 40』スカート×Kaede (Negicco)
出演:スカート / Kaede (Negicco)
OPEN / START:12:00 / 12:30
チケット料金(前売 / 当日):3,500円 / 4,000円

■スカート
スカート
どこか影を持ちながらも清涼感のあるソングライティングとバンドアンサンブルで職業・性別・年齢を問わず評判を集める不健康ポップバンド。強度のあるポップスを提示し、観客を強く惹き付けるエモーショナルなライブ・パフォーマンスに定評がある。2017年10月にメジャー1stアルバム『20/20』を発表。2019年にリリースした最新アルバム『トワイライト』には大泉洋主演映画「そらのレストラン」に書き下ろした主題歌と挿入歌を収録。また、そのソングライティングセンスからこれまで藤井隆、Kaede(Neggico)などへの楽曲提供、ドラマ・映画の劇伴制作に携わる。
http://skirtskirtskirt.com/

■Kaede
Kaede (Negicco)
Negiccoメンバー。あだ名は「かえぽ」。ラジオ好き。ソロとして2017年「あの娘が暮らす街(まであとどれくらい?)」(作詞・作曲:澤部渡 編曲:スカート)、2018年「ただいまの魔法」(作詞・作曲・編曲:和田唱(TRICERATOPS))、2019年4月限定シングル「クラウドナイン」(作詞・作曲・編曲:佐藤優介)、6月1stミニアルバム「深夜。あなたは今日を振り返り、また新しい朝だね。」、10月シングル「Remember You」(作詞・作曲・編曲:堂島孝平)をリリース。
http://negicco.net


1月18日(土)夜公演

公演名:渋谷店&新宿店presents『タワレコLIVE 40』
超タワレコ・ライブ スペシャル2マン~KEN THE 390×NORIKIYO
出演:KEN THE 390 / NORIKIYO
OPEN / START:19:00 / 19:30
チケット料金(前売 / 当日):3,800円 / 4,300円

■KEN THE 390
KEN THE 390
ラッパー、音楽レーベル”DREAM BOY”主宰。フリースタイルバトルで実績を重ねた後、2006年アルバム「プロローグ」にてデビュー。近年は、テレビ朝日にて放送中のMCバトル番組「フリースタイルダンジョン」へ審査員として出演。リクルートタウンワークなどのCM、舞台、映像作品への参加。ヒプノシスマイク などジャンルを超えた様々なプロジェクト、アーティストへ楽曲を提供。
http://www.kenthe390.jp/

■NORIKIYO
NORIKIYO
1999年頃、神奈川県相模原市にて地元の仲間達とSD JUNKSTAを結成 (ラッパーはBron-KとTKC) 当時はK-NEROと言う名前でトラックメーカーとして参加。2007年、自身初となる1stソロアルバム「EXIT」を発表。シーンで一番精力的に活動していると言って過言ではないラッパーである。
http://norikiyo.biz/


1月19日(日)
公演名:渋谷店&新宿店presents『タワレコLIVE 40』SHIBUYA de R&R!!
出演:シーナ&ロケッツ with LUCY / ギターウルフ / ザ・ハイマーツ / DJ DADDY-O-NOV(Back From The Grave)
OPEN / START:17:30 / 18:00
チケット料金(前売 / 当日):3,800円 / 4,300円

■シーナ&ロケッツ with LUCY
シーナ&ロケッツ with LUCY
1970年から伝説のブルースバンド・サンハウスで活躍していた鮎川誠と妻シーナを中心に、1978年シーナ&ロケッツを結成。以後、40年に渡って一切のブランクなく、ノン・ストップで精力的に活動している。1978年エルビス・コステロ初来日の全国ツアーでデビュー。数ヶ月後YMOとセカンド、サードアルバムを発表。シングル『ユーメイ・ドリーム』が大ヒットとなる。1981年にはアメリカデビューも果たし、国内外含め36枚のオリジナル・アルバムを発表。2015年2月にボーカルのシーナが病で急逝するも、バンドは続行。シーナのスピリッツを抱いて年間80本以上のライブを行い精力的に活動し続ける。42周年目に突入した現在も結成時のオリジナルメンバーを擁し、質・量ともに群を抜いたその活動歴は、ジャンルを越え、ロックバンドとしての可能性を独走状態で追求し続けている。2020年2月14日には、ニューアルバム「LIVE FOR TODAY!」と、42周年記念BOXセット「LOVE BOX」を同時リリース、2月から全国ツアーも開催。今回のイベントでは、鮎川誠&シーナの三女LUCYがゲストボーカルとして加わるスペシャルなライブを予定している。
http://rokkets.com/

■ギターウルフ
ギターウルフ
日本中のロックファンが憧れ続ける、実在するロックンロールヒーロー。国内のみならず、US、EU各国、オーストラリアや南米大陸まで、世界各国をツアーで回り精力的に活動している。  
https://www.guitarwolf.net/

■ザ・ハイマーツ
ザ・ハイマーツ
Suzu(Gt/Vo)、Haruna(Ba), Karin(Dr)
Girls Garage GS from Tokyo!! 2013年結成。昨年は立て続けに2枚のシングルをリリース、USはサンフランシスコでのライブも行い、10月より新ベーシストにHarunaを迎え精力的に活動中。
https://twitter.com/thehighmarts

■DJ DADDY-O-NOV
DJ DADDY-O-NOV
RADIO UNDERGROUND RECORDS主宰にしてオールラウンダーDJ。1981年に『EMOTIONAL MARKET』、1989年には『BACK FROM THE GRAVE』と、日本のハードコア、ガレージパンク創世記のイベントを主催。現在は『BACK FROM THE GRAVE RETURNS』と世界中からバンドもお客さんも集まるガレージパンクの祭典『HALLOWEEN BALL』をはじめ、様々なライブ・イベントを開催し、日本のロックシーンを支えている。

<主催・企画制作>
タワーレコード渋谷店 / タワーレコード新宿店

<関連URL>
■タワーレコード40周年記念サイト https://tr40.jp/
■タワーレコード渋谷店HP http://towershibuya.jp/
■タワーレコード渋谷店Twitter https://twitter.com/TOWER_Shibuya
■タワーレコード渋谷店 Facebook https://www.facebook.com/tower.shibuya
■タワーレコード渋谷店 Instagram https://www.instagram.com/tower_shibuya/
■タワーレコード新宿店HP https://tower.jp/store/Shinjuku
■タワーレコード新宿店Twitter https://twitter.com/TOWER_Shinjuku
■タワーレコード新宿店 Facebook http://www.facebook.com/tower.shinjuku
■タワーレコード新宿店 Instagram https://www.instagram.com/tower_shinjuku/

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!

インタビュー